pickup

ウエスティンホテル淡路のロビー

淡路島のウエスティンホテルへ子供を連れて泊まりました。

神戸市内から車で約30分という便利な立地にあり、大型遊具のある明石海峡公園や植物園が隣接していてホテル周辺だけで十分楽しむことができます!

あちこちあまり移動せずに一か所に滞在したい人にはピッタリ。

今日は、ウエスティンホテル淡路の部屋の様子や食事、アクセス方法など詳しくご紹介したいと思います。

これから淡路島へ行こうと思っている方の参考になれば、嬉しいです。

 

スーペリアの部屋の様子

ウエスティンホテル淡路の部屋にあるベット

部屋の様子です。

さすがは部屋の広さで定評のあるウエスティン。

一番狭いスーペリア(37~39㎡)でしたが、大きな窓からの明るい陽射しとベランダがあったので広く感じました。

4人で寝るためツインベットをくっつけてもらいました。(子供がベッドに乗ったのでシーツに皺がよってます:笑)

ベッドはウエスティンが心地よい眠りを追及して作った「ヘブンリーベッド」でしたが、私は子供たちにギューギューしがみつかれて寝たので恩恵を受けた感じは全くしませんでした(泣)

 

バルコニーからの眺め

バルコニーからの眺めです。

目の前は大阪湾、目下は明石海峡公園でホテルから歩いていけます。

このバルコニーには専用の椅子とテーブルを持ち出すことができるんですよ。

リゾート気分~

 

トイレとお風呂場は別々になっていました。トイレが近いので嬉しい。

また、お風呂には洗い場がありました! 家と同じようにお風呂に入れたのもポイント高かったです。

お風呂の様子

 

ウエスティンホテル淡路のアメニティ

 

アメニティ

アメニティ―はホテルオリジナル。(スイートルームはロクシタン)

ホワイトティーの香りのシャンプーなどが用意されていて可愛かったです。

けれども蓋が簡単に開いてしまうのが難点。

新しいものなのかが分かりにくく、ちょっと潔癖気味の私は気になってしまいました(涙)

 

子供用アメニティ―

スリッパと歯ブラシが用意されています。

パジャマは子供用が115センチからありました。ズボン付きタイプだったので、お腹を出すことなく寝れましたよ!

また洗面所には踏み台があり助かりました。

リクエストすれば踏み台をもって来てくれるホテルはよくありますが、こちらでは最初から置いていてくれて感動。

こういう配慮があると「また来たいな」と思います!

その他、ベッドにベッドガードも付けてもらえましたよ。

 

スポンサーリンク

ホテル内のレストラン

レストランは次の2つです。

ウエスティンホテル淡路のレストラン
  1. コッコローラ(2階) ブッフェ、フレンチ、鉄板焼き
  2. あわみ(3階) 日本料理

 

私たちは朝食を「コッコラーレ」のブッフェ、夕食を「あわみ」の日本料理をいただきました。

 

レストラン「コッコラーレ」の朝食

淡路島の美味しい食材を食べることができます。

目の前で焼いてくれるオムレツ

得に美味しかったのがオムレツ。

放し飼いされている鶏の新鮮な卵を使って、シェフが目の前で焼き上げてくれます。

オムレツの中にはトマト、しらす、玉葱、チーズを好きに選ぶことができます。

全部入れても良いし!もちろん一つでも!

チーズ大好きな私はもちろんチーズ一択。

綺麗な黄色いオムレツの中はふわっふわ、チーズがトロットロでと~っても美味しい!

「味見だけ」と言っていた子供たちも一口食べると止まらなくなり、ほとんど食べられてしまいました(涙)。

たくさんの人たちが並んでいましたが、それだけの価値がある絶品オムレツです。

朝のブッフェの時間だけで300個ほど作るとおっしゃってました。スゴイ~!

ブッフェの朝食

淡路産の野菜が使われているサラダも美味しい!シャキシャキでした。

淡路島特産の玉葱やシラス、タコを使ったものがあり、ご当地メニューとして楽しかったです。

淡路産牛乳も美味しく、

 

もう一杯!

 

と、牛乳嫌いな娘がお代わりするほどでした。

 

日本料理「あわみ」の夕食

夕食は「あわみ」で食べました。

実は夕食前にアイスを食べてしまい、全くお腹が空いていなかった私たち。

量の少ない「あわみ御膳」(3,400円)を注文しました。

注文したあわみ御膳

内容はひじきの煮物、お造り、淡路牛の小鍋、天ぷら、鯛の荒煮、御飯、みそ汁、デザートです。

こちらのお料理は「美味しい」と口コミで読んでいましたがその通りでした。

お造りは新鮮で天ぷらはサクッサク。

すっかり食べるのに熱中してしまい、写真を撮るのを忘れたのですが子供たちには「子供御膳」(2,500円)をたのみました。

2人で取り分けて食べさせましたが直前のアイスがたたって御膳一つで十分でした。

こちらは天ぷらやお造りだけでなくハンバーグなどの鉄板メニューとなっていました。

御膳の他にも子供用メニューがあり、色々選べますよ!

私たちの他にも多くの子連れファミリーがおり、リラックスした雰囲気で楽しむことができました。

何といってもスタッフの方の感じが良く、子供たちにも優しく対応してくださりとても素敵な時間を過ごすことができました。

 

スポンサーリンク

ウエスティンホテル淡路へのアクセス

めちゃくちゃ行きやすいです。

淡路島はそれほど大きな島ではないため車ならあちこち行けます。行けるなら車がおすすめです。

車で行く場合

車なら神戸から30分、大阪市内からだと60分ほどで到着します。

淡路I.C.を下りたら5分。

私たちは車で行ったのですが、迷いようがないほど道は分かりやすかったです。

しかも垂水I.C.から淡路I.C.までETCを利用すると、通常2,370円かかる高速料金が平日でも土日祝日でも900円になります。

割引率すごすぎっ!

もってない方は、今すぐETCカードを作りましょう(笑)

 

バスで行く場合

新神戸駅や三ノ宮駅から高速バスが出ています。

また関空や新神戸空港からも淡路I.C.までリムジンバスが出ています。淡路I.C.からはタクシーを利用しなくてはいけませんが、5分ほどです。

詳しくは、ウエスティンホテル淡路のHPをご覧くださいね。

 

 

駐車場について

ウエスティンホテル淡路の駐車場はホテル地下にあります。ホテル入り口にスタッフがおり、案内してくれました。

600台収容できる駐車場は宿泊客は無料。

もちろん滞在中は出入り自由です。

 

大浴場や温泉について

大浴場と言えるかわかりませんが、お風呂はスパ&フィットネスの「リストーロ」で別料金であります。

温泉は残念ながら、なし。

 

ゆうゆう
淡路島やのにぃ~(涙)

 

でも、悲しむなかれ。

そのかわりと言っては何ですが、ホテルから車で10分ほどの場所に「松帆の郷」と言う温泉施設があります。

ホテルからシャトルバスも出ているので、広いお風呂に入りたい方はぜひ行ってみてくださいね。

私たちも「松帆の郷」に入ってきましたよ!(私、温泉大好きなので)

露天風呂から大阪湾と明石海峡大橋が見えて壮観な眺めでした~

 

ゆうゆう的まとめ

口コミ通りスタッフの感じも良く、気持ちよく滞在することができました。

私は一か所に滞在し、ゆっくりと過ごしたいタイプなので徒歩圏内で色んな楽しみ方ができて良かったです。

私たちは子連れだったので明石海峡公園の遊具を中心に過ごしましたが、女性同士ならホテル内のエステやスパを楽しんだり、カップルなら夢舞台の「百段苑」や「水の教会」を見たりして素敵な時間を過ごせるかと思います。

淡路島に行く予定のある方は、ぜひウエスティンホテル淡路も宿泊候補に入れてみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事