pickup

西表島の牛の彫刻

西表島の1日ツアーに子供たちと参加しました!

マングローブクルーズや水牛車にのったりと、小学校低学年でも楽しく過ごせるツアー内容で、子供たちも大満足でした♪

西表島の人気スポットを効率よくまわってくれたので、とっても楽しかったです。

それでは楽しかった西表島1日ツアー、いってみましょう♪

八重山観光フェリーさんのツアーを申込

山ほどある西表島のツアー。

どこを選んでよいか、めっちゃ悩みました。

宿泊先がANAインターコンチネンタルホテルだったので、ホテルが手配してくれる西表島ツアーに参加するつもりでしたがHPにあったファミリー向けツアーは1つだけ。

「他にもあるかな?」と思い、ホテルのリゾートセンターへ電話で聞いてみました。

すると「他にもある」とのこと。

と言うかホテルはあくまでも窓口であり、ツアーを催行しているわけではないんですね。

インターコンチネンタルホテルで窓口代行しているツアー会社は次の2社。

  • 八重山観光フェリー
  • 安栄観光

「他のツアー内容はこの2社のHPをみてください」と言われたので、早速各社のHPをチェック!

私たちが西表島でやりたかったのは

  • マングローブを見る
  • ジャングルをトレッキング
  • 水牛にのる

八重山観光フェリーさんの西表島ツアー「やしがにコース」でやりたいコトが全て出来そうだったので、こちらを申込みました。

 

ツアー料金を安くする方法

八重山観光フェリーさんのツアーは、ウエブで予約すると10%オフになります。なので、ホテルを通さず直接予約しました。もちろんホテルへのバス送迎もちゃんとしてくれました。

送迎のあるホテルは決まっているので、気になった方はHPより確認してくださいね!

八重山観光フェリーさんのHPはこちら

 

雨天時のツアーについて

雨天の場合でもよっぽどの雨風でないかぎり、あるそうです。

雨が良く降ったりする場所なので、いちいち中止しないんですね(汗)。お天気があやしい場合は、レインコートを持っていくコトをおススメします!

スポンサーリンク

西表島1日ツアーはこんな感じでした

石垣島港離島ターミナル
ツアーはホテルに8時前にお迎えに来てもらい、帰ったのは夕方6時過ぎ。がっつり1日コースでしたが「もう終わりなの?」と思うほどあっと言う間でした♪

西表島ツアーのスケジュール
《7:55》ホテルお迎え
《8:50》石垣港発
《9:15》西表島上原港着
《9:30》バス出発
《10:25》マングローブクルーズ
ートレッキングでカンピレーの滝へー
《13:15》レストランで昼食
《14:00》星砂の浜
《14:20》由布島へ水牛車で移動
《17:00》大原港発
《17:45》石垣港着
《18:00》ホテル着

八重山観光フェリーさんのHPをみても詳しい内容はかかれていないので、八重山さんにかわって私がご案内したいと思います♪ (って従業員でもバイト料もらってるワケでもないんですけど:笑)

【ホテル】7時55分発

送迎バスがあり助かりました

予約時にホテルへお迎えのバスをお願いしていました。(送迎可能ホテルはきまっているので八重山観光フェリーさんのHPで要確認)

バスにのって、石垣港へGO!

【石垣港離島ターミナル】8:15

八重山観光フェリーさんの窓口

港につくと、八重山観光フェリーさんの窓口でツアー内容の確認とチケットの引取をします。

ツアーチケット

 

乗船まで少し時間があったのでおトイレをすませ、ターミナル内をウロウロ。

 

お弁当やレインコートもあります

お弁当や、アイス、お土産、タオルやレインコート、サンダルなど色々な物が売られていました。必要なものがある人は、ここで入手。

港にはスーパースター具志堅用高さんの銅像

【乗船】8:35
船にのって西表島へ

 

西表島までは約50分で着きます。船の外に出ることが出来ずに子供たちはちょっと退屈そうでした。思ったより波があり、ザッパ~ンと窓から見える白波にちょっとビビっていた私です。

船内にはおトイレもあったので、トイレがちかい私は安心。どこへ行っても必ずチェックしてます(笑)。

 

【西表島上原港着】9:15

9時半にはツアーバスに乗り込み、1時間ほどかけてマングローブクルーズの乗り場へ移動しました。ツアー参加は20人ちょっとだったかな?
看板だけでテンションあがる
バスが走り出すと運転手さんの島の説明が楽しく、1時間なんてアッと言う間でした♪お話は

  • イリオモテヤマネコは100頭くらいしかいないコト。
  • 地元の人でもなかなか見れないコト。
  • 日本最南端の信号機があるコト。
  • 信号機が島に2つしかないコト。
  • 猪が美味しいコト。
  • 西表島の小学校のコト。
  • シャコガイの刺身のコト。

 

とても面白い話ばかりで、思わず「へぇ~」「ふぅ~ん」「そうなんやぁ~」とずっと1人で相づちうってた大阪のおばちゃん=私です。

 

マングローブクルーズで森を体感

【浦内川クルーズ】10:15発

マングローブが生い茂る浦内川をクルーズしました。「たまにサメも海から入り込む」と聞いて、ちょっと怖かった・・・。

運が良ければ川辺に野生動物があらわれるらしいですが、私たちは運なく見れませんでした(涙)。

この乗り場におトイレがあったので船に乗る前に使わせてもらいました。

おトイレも乗り場にありました

見た目、ちょっとアレですが、思ったより中はキレイでしたよ。上流についてからも山道で1か所おトイレはあります。

ガイドさんの説明をうけながら、30分ほどかけ上流船着き場に到着しました。

【ジャングルトレッキング】11:05
ジャングルトレッキングへ

いよいよ船からおり、熱帯植物の中をトレッキングです。

「40分ほど山を歩くとカンビレーの滝がみれますよ。船は12時40分には出ますからそれまでに戻ってきてくださいね。」とガイドさんに言われました。

11時着で12時40分発というコトは、山での滞在時間は1時間40分。

大人の足で40分くらいというコトは、往復して1時間20分。

つまり、フリー時間は20分ということ。

ゆうゆう
で、子供の足だとどれくらいかかるわけ!?

とかなりギリギリのスケジュールにおののきながら、トレッキングスタート!

歩き始めてすぐトイレ兼休憩所があったので、ココで行っておくべきでした。

のちのちオソロシイ事態になるとはつゆ知らず、皆でキャッキャッいいながら歩いて通りすぎてしまいました。

2、30分もあるくと、展望台へ。
展望台からみたカンビレ―滝

ここからカンビレ―滝がよく見え、ノンビリちょっとしたおやつを食べたり記念撮影。

でも、ノンビリしてる場合じゃ全然なかった。

「さぁ、滝めざして出発!」と再び歩こうとすると娘が疲れでぐずりだし、

もう歩きたくない(帰りも)

と言う始末。

夫が娘をなだめすかせながら歩き始めているウチに、なぜか私と息子だけが展望台に。

ゆうゆう
あれ?皆いなくなったね。私たちも行こっか

と夫たちに追いつくため、足早に滝方面に進むも彼らの姿が全く見えず。それどころか誰もいない・・・。

ゆうゆう
あれ?お父さんたち滝に向かわなかったのかな?もしかして、Uターンした?

と思っていると、息子が

息子
トイレに行きたい

しかも、かなりせっぱつまってる様子。

ゆうゆう
なぜギリギリで言う!?

と思いましたが、実は乗船前にトイレにいっていた私もまた行きたくなってました。

ゆうゆう
あれ?カンビレ―滝にトイレある?

・・・全く謎。

携帯も圏外で検索できないし、夫にも電話がつながらない。

船着き場近くにトイレがあったことを思い出し「確実にトイレに行くにはあそこしかない!」と息子と2人、

ゆうゆう
戻ろう!

と、まさかの滝を見ずにトイレに向かって一目散に下山するハメになりました。

息子、切羽つまってるのでほとんど駆け足状態。山伏か~い!

途中何度も姿を見失い、追いつくのが大変でした(汗)。

ゆうゆう
私、このジャングルの中で何やってるんやろ

と途中切なくなってきたのですが、息子はコレが西表島での一番の思い出らしく、良かったです(笑)。

20分ほどかけてやっとおトイレに到着。こんなコトなら歩き始めた時に行っておけばよかった。メチャクチャ慌てていたので、写真すらとるコトを忘れてしまいました(笑)。

しばらくすると、船着き場で夫と娘に無事合流。
ちゃんと滝までいけた娘

2人は私たちと別れたあと、走るようにして滝に向かったそうですがかなりギリギリだったようです。子連れで滝まで行かれる方、急いで行ってくださいね!

子連れには、もうちょっと時間が欲しかった~

 

カンビレ―滝にはトイレがない

ゴールのカンビレ―滝にはおトイレがありません。船に乗る前と、船着き場から歩いてすぐの場所におトイレがあるだけです。

コレ、ぜひ頭の中に入れておいてくださいね!じゃないと、滝を見ずに帰るコトになりますよ~(涙)。

 

【上流より船出発】12:40
ヒルが足についてる人が2人もいました

船に乗り込み出発しようとすると、乗客20名弱のうち2人の足にヒルが付いていました。皆、あわてて自分の足元をチェック。まさに「かっわぐち、ひろしはぁ~♪」と川口浩探検隊の世界。夏でも長ズボンがおススメです。

あと、4月上旬だと天気によってはかなりクルーズ中は風を受けて寒いです。子供たち、長袖と薄手パーカーでしたが震えてました。真夏以外はウインドブレーカーなどの上着があった方がよいかも知れません。

 

西表島のランチ

【ランチ休憩】13:15

バスで5分ほど走ったキッチンイナバでランチ休憩がありました。

正直ツアーのランチだったので期待していなかったのですが、素敵なお店で食いしん坊の私たちは大喜び♪
素敵なお店キッチンイナバ

出発まで40分しかなかったのでノンビリの私たちは結構ギリギリになりましたが、どれも本当に美味しかったです。

右が子ども、左が大人メニュー

ツアーで用意されいたお料理もハイクオリティー。子供用メニューもありました。

通常メニューはイノシシのたたきや、ガザミ汁などのお料理を楽しむコトができるそうです。食べてみたい~

 

星砂の砂の様子

【星砂の浜】14:00
靴の中に砂が入った息子

星砂がとれる浜へ到着。

しかし・・・・

すんごい風で、ふきとばされそう。

レジャーシートを持ってきている観光客がいたのですが、シートをしく間もなく飛んでいってました~。

それくらい強い風だったので、砂を手ですくって星の形をさがそうにも、

砂が飛んでく・・・

仕方ないので私は湿った砂をとってさがしました。星の形、結構ありましたよ♪なので、風が強い時は湿った砂を!(笑)

 

由布島の滞在

【牛車で由布島へ牛】14:20
牛車がならぶ姿は絵のよう

星砂のあとは牛車に乗って、由布島へ。私はコレが一番このツアーで良かった♪

牛舎に生まれて初めて乗ったんですが、牛が

デカい!

皆をのせて歩く背中がなんともケナゲで感動しました。
立派な牛がひいてくれます

12,3人はのせていたのでかなり重いハズ。一歩一歩島めがけて進む姿に泣けて来ました。

サンシンの演奏もあり「沖縄来た~」と最も実感がわいた場所でした。すごく良かったです♪

この牛さんたち、ちゃんと非番の日があるそう。大切にされていて、嬉しく思いました。

到着した由布島は、歩いて島内をまわれるほどの小さな島。
歩いて回れる由布島

 

でも時間がなかったので私たちは島内でアイスを食べ、ちょろっとウロウロしただけで終了。
由布島茶屋

 

お金を払えば牛を散歩させることもできます。

散歩中の牛と遭遇

あっ、着いて早々に家族写真を撮られてセールスされます。「絶対に私は買わへんで」と思って素の顔してたらまさかの夫が買ってました。1枚1300円。

買うなら買うって事前にいっておいて・・・(涙)

帰りもモチロン、牛車でした♪

【西表島上原港へ】16:10
港のお土産物屋さん

20分ほどかけて港へ移動。

16時半には到着し、船がでる17時までお土産物屋さんで過ごしました。

ここで西表島限定販売の黒糖や、マザーリーフという葉っぱから根が出る植物を購入。

とらやの黒糖羊羹に使われている黒糖も販売されてましたよ!とらやの黒糖羊羹に使われてるなんて初めて知りました。

今度とらやで黒糖羊羹買ってしまいそう♡

 

西表島限定の黒糖

西表島限定の黒糖

西表島限定販売の昔ながらの手作り製法で作った黒糖は、本当に西表島以外では見かけませんでした。普通の黒糖とくらべ、ザクッとした食感です。

お土産物屋さんで試食できるので、気になった方は食べ比べてみてくださいね!

【西表島上原港発】17:00

関係ないけど可愛かった西表島のタクシー

西表島から石垣島へ再び船旅です。

息子は夫とおしゃべりしてましたが、娘は爆睡。かなりの子供たちが船の中で寝ていました。皆楽しく過ごしたんだろうなぁ~♪

【石垣島離島ターミナル】17:45着

無事ターミナルについて、八重山観光フェリーさんのツアーデスクにホテルへの送迎をお願いし、送ってもらいました。

スポンサーリンク

石垣島離島ターミナルについて

石垣島から離島へ行く船がでている港で、小規模ながら沢山のツアーデスクと一通りのお店があります。もちろんおトイレもありますよ!
小さいながら一通りのお店がある

数は限られていますが、ロッカーもありました。

うわさの?ミドリムシドリンクの自販もありました!(飲む勇気はなかったけど)
ミドリムシドリンク

 

息子が大好きなガチャもありました。

ご当地沖縄ガチャです!

どれが出ても満足しそう

もちろん?息子もやり、出たのは琉球城。

私は「すごくええやん」と思いましたが息子はシーサーか、イリオモテヤマネコがよかったみたい。もう一回やりたがってましたがさすがに止めました。

だって1回500円やもん・・・。

ゆうゆう的まとめ

思ったより長い記事になってしまいましたが、とても楽しかったので思わず力が入ってしまいました(笑)。

本当はマングローブで磯の生き物を探したり、滝をゆっくり見たり、由布島で牛をお散歩させたりしたかったのですが、日帰りだとむずかしそうです。

ツアーだとどうしても時間の制約があり、思ったほどゆっくり出来ませんでしたが、なんとなく西表島全体のコトがわかり「ツアー参加も良いものだな」と思いました。

これも一重に八重山観光フェリーさんや、楽しいお話を沢山してくれたバスの運転手さんのおかげですね!

西表島、ぜひともまたゆっくりと来たいです♪

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事