ゆうゆうブログ 

美味しい食べ物と子供とお出かけブログ

須磨海浜水族園の「さかなライブ」は一見の価値あり!

神戸市の須磨海浜水族園(スマスイ)でやっている「さかなライブ」🐠。2016年の春にリニューアルされてから、パワーアップしたようです。

子供がとても楽しんでいたので、ご紹介したいと思います!

f:id:nyuuko:20170904170959j:plain

さかなライブとは

魚たちのパフォーマンスを飼育員の方の説明を受けながらライブで楽しむ事が出来るイベントです。

出演者、ならぬ出演魚はテッポウウオ、カンディル、デンキウナギ、ハリセンボン、ピラニア等。時間帯によって、どの魚のパフォーマンスが見れるのか変わって来ます。

ゆうゆう達は13時からのハリセンボンと、デンキウナギのパフォーマンスを見ました。

【場所】さかなライブ劇場
【時間】
11:30、13:00、15:00
【所要時間】約25分
【料金】無料
*時間は時期によって変更されますので必ず施設に直接ご確認下さい。

 

ライブの混雑状況

20分前には会場に行き、場所取りをしました。ハリセンボンとデンキウナギの水槽は会場入口入ってすぐ右手のステージ前にあります。

ゆうゆうは水槽正面、ステージの階段に場所を取りました。ステージ上の人は、しゃがんで見学しないといけないので結構しんどいかも知れません。

20分前には人はチラホラ。15分前には結構な人になって来て5分前には満員状態でした。お盆期間だったため、何時もより人が多かったかも知れません。

会場内には入口付近にライブが見れるモニターが数個設置されているので、もし正面に場所が取れなくても見る事は出来ますよ!


ハリセンボンのライブ

ハリセンボンと言えば、プックリと膨らんだ、トゲトゲの丸っこい体。でも、水族館にいるハリセンボンって

膨らんでないですよね🐡

ただの「ちょっと下膨れた魚」の印象。
水族館で見る度に何度「膨らんでる姿が見たいんだけどなぁ」と思ったことか・・・

 
ライブでは、このハリセンボンが

膨らんだ姿を見る事が出来るんです!!🔔

水槽に、サメ君が登場(勿論、ニセモノ)。このサメ君がハリセンボン君にガブリッ!!

f:id:nyuuko:20170904172012j:plain


お見事!プクッと膨らみました~。本当にまん丸です🐡

f:id:nyuuko:20170904171958j:plain

ちなみにこのサメ君、とても柔らかい素材で作られているのでハリセンボン君の体にはダメージは与えない、との事でした。(ハリセンボン君の精神的ダメージは如何ほどに??)

どうやって膨らむのかと言うと、体内に水を入れて膨らんでるそう。相当な水を飲み込んでいるので、何か、ハリセンボン君も大変そうです。

因みにハリセンボンのハリは平均300本程度。

ハリセンボン違うやん!

とちょっぴりショックでしたが、やはりゴロ的に「ハリサンビャッポン」より「ハリセンボン」の方がしっくり来るので致し方がない、かな?

 

デンキウナギのライブ

f:id:nyuuko:20170906164237j:plain

ハリセンボンの次はデンキウナギ君の登場です。

こちらは

デンキウナギのデンキを体感する

という恐ろしい響きのライブです。

体の5分の4が発電部分と言うデンキウナギの電圧は800ボルト程。
馬1頭気絶させる程の電圧です。

f:id:nyuuko:20170906220050p:plain


これを人間が体感したら・・・怖くて想像デキマセン。

と言う事で、電圧を弱めて体感。
体感したい勇気ある希望者2名(大人のみ)が選ばれ、デンキウナギ君が発する電気に触りました。

体感した電圧は3ボルト。たったの3ボルトでも大の大人が飛び上っていました。これがもし電圧を弱めずに800ボルトとなると・・・・考えるだけで恐ろしいです。

 また、電圧を音と色で表していたので、聴覚、視覚的に電気を感じる事が出来ました。

f:id:nyuuko:20170906220850p:plain


まさに デンキウナギ、恐るべし!!です。

海外ではデンキウナギを食べたワニが死んだ例も。ただでは食べられないデンキウナギ。間違っても触りたくないです。

 

おわりに

普段知ってるようなつもりになっている生き物たちですが、実際に見てみると本当に不思議でたまりません。生き物って、素晴らしいんだなぁ、と心の底から感じます。

図鑑やテレビで見るとは違った、まさしく生きた勉強だと思いました。

時間によって、テッポウウオやピラニアだったりするので、見るものによって、また全然違った印象を受けるかと思います。

スマスイへ行った際は、是非とも「さかなライブ」を見てみてくださいね!

 

【関連記事】

須磨海浜水族園の料金や駐車場について
怖いけど見てみたい!巨大蛇アナコンダが見れる須磨海浜水族園

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定