pickup

咲くやこの花館の入り口

大阪の『咲くやこの花館』へ、『虫を食べる植物展』を見るためへ行って来ました。

初めての『咲くやこの花館』は思ったよりコンパクト。

あれこれとイベントが多く開催されているので、子供を連れてちょっとお出かけするにはピッタリでした。

それでは今日は、『咲くやこの花館』についてご紹介したいと思います。

 

『咲くやこの花館』ってこんなところ

1990年に開催された『花と緑の博覧会』のメインパビリオンとして建設されました。建物の外観は鶴見緑地がかつて湿地帯だったことから、そこに咲く「蓮」をイメージして建てられたそうです。

蓮って・・・複雑な形ですよね。

300種類以上の花を見ることができるうえ、特別展示室や、植物に関する絵本コーナーもあります。

家庭の植木の相談も出来る「花と緑の相談コーナー」なんていうのもあるそう! 園芸が好きな方には何とも嬉しいですよね~。

 

所要時間はどれくらい?

館内は意外とコンパクトなので、それほど時間は必要ないと思います。

だいたい1時間くらいではないでしょうか。

私たちは食虫植物展をみに行っって展示をみたり、ランチやちょっとした工作をしたので2時間ほどいました。

 

スポンサーリンク

『咲くやこの花館』の入場料と割引

 

・大人500円、中学生以下無料
(30人以上は1割の団体割引)
・年間パスポート2,500円
(プレゼント付き)
*当日のみ再入館可

 

また、以下の乗車券、カードの提示で入場料が1割引(450円)になるのでお持ちの方は忘れず携帯して来て下さいね。

・大阪市交通局1日乗車券
「エンジョイエコカード」
・OSAKA PiTaPa
・スルッとKANSAI
・イオンモール鶴見緑地カード

 

割引対象のカードの写真

 

スポンサーリンク

『咲くやこの花館』での注意点

 

  • 日傘使用禁止
  • 虫よけスプレー要


なんと、館内では日傘が植物に当たる可能性があるので使用禁止でした。

途中、外部園庭もあるので日傘なしとは40代にはツライ・・・(涙)。

あと、虫よけスプレーの使用を強くすすめます。夏場は蚊がいるから。

館内入口で無料でかしてくれるので、ぜひとも使ってくださいね~

 

『咲くやこの花館』で何が見れるの?

館内は大きく4つのパーツに分かれており、全く違った植物を見る事が出来ます。

この4つの部屋から外部園庭へと進むことが出来るのですが、夏場は結構暑く、日傘をさせないので覚悟が必要です。

①熱帯雨林植物室(ジャングルの世界。蘭、睡蓮、ガジュマル等)

ワイルドな熱帯雨林植物エリア


②熱帯花木室
(インドネシア等の熱帯の雰囲気。バナナ、マンゴー、ブーゲンビリア)

熱帯の花のエリア。赤い花が鮮やか


③乾燥地植物質
(世界の乾燥地の植物。サボテン、多肉植物)

乾燥地エリアのサボテンの花


④高山植物室
(冷涼な地域の植物を自生地の環境に近い状態で栽培)

高山植物の可憐な花

このエリアは涼しくて、夏場に行った私たちにとっては天国でした~。

あと、めずらしいものとしては北極圏の植物も見る事が出来ます。

コーナーとしては僅かなスペースでしたが、普段見る事のない極寒の地で懸命に咲く植物の姿に感動しました。

北極圏の植物の展示

 

『咲くやこの花館』のランチはどこでする?

【館内のレストラン】

レストランが1つあり、簡単な食事が出来ます。

お弁当(700円)やカレーライス、きつねうどん(600円)、フライドポテト(300円)等のメニューがあり、レストランというより食堂に近い感じです。

f:id:nyuuko:20170724200724j:plain

このレストランは入館者以外も利用出来るため、館内へ戻る場合は出口で入場券の半券か、再入場券を見せなければいけないのでご注意を!

 

【館内で食べる】

一部エリアでは飲食可能なので持ち込み出来ます。

また、再入場が出来るため、気候が良い日は外で食べると良いかも知れませんね。

 

 ゆうゆう的まとめ

『咲くやこの花館』の名前はよく聞いていましたが、初めていってみました。

食虫植物の他、キノコの展示など、その時々によって色んなイベントがあってなかなか楽しい場所です。

園庭には、美味しく食べているマカダミアナッツや、アボカドの木がありましたよ。もし行ってみたら、ぜひとも探して見て下さいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事