たくさんのウツボカズラ

咲くやこの花館で開催中の「虫を食べる植物展」を子供たちと見に行きました。

食虫植物の中に入っている虫をみたり、販売もあり、とても楽しい滞在となりました。

どんな展示だったレポートしているので、食虫植物に興味のある方はぜひとも読んでみてくださいね。

それでは「虫を食べる植物展」いってみましょう!

 

スポンサーリンク

「虫を食べる植物展」ってこんな展示

20年以上も前から続く人気の展示です。

世界中から集められた50種類以上もの食虫植物を見ることができ、メチャクチャ見ごたえがあります。

虫を食べる植物展
【期間】2020年7月4日(土)~9月22日(火・祝)
【参加費】無料(入館料要)
【会場】1階フラワーホール他
【時間】10:00~17:00
【休館日】月曜休館

 

本物の食虫植物に触れる

見るだけでなく、ネペンテス(ウツボカズラ)やモウセンゴケなどの食虫植物を実際に触ることもできるんです。

ウツボカズラの中を覗いてみると虫が!

消化液を含んだ水がたっぷり入っていて天然のカップのよう。

すごい~!

虫をつかまえた食虫植物

 

パネル展示

食虫植物について詳しくかいたパネル展示

世界の食虫植物の分布図や、虫を捕まえ方法などの展示されています。

コレを参考にすれば夏休みの自由研究に役立ちそう。

それにしても驚いたのは、食虫植物は光合成からもエネルギーを得ているので虫を食べる必要はないんですって!

虫は栄養補強のオヤツ的なものなんだそう。

虫がオヤツ・・・まさに昆虫食の最前線。

 

食虫植物のライブ解説

期間中、毎日開催されているライブ解説。

予約もいらず、時間になると1階フラワーホールの会場で行われます。

1日3回スタッフの方が食虫植物が虫をとらえる方法を詳しく解説してくれるのですが、これがとっても面白い!

私達が見た時は「サラセニア」と言う食虫植の中を切って見せてくれたのですが、大量の虫が入っており衝撃的でした。

ちょっとのけぞる程の捕獲具合。

恐るべし、食虫植物。

(2020年はコロナの影響でライブは開催されてないようです)

 

食虫植物のフォトスポット

ウツボカズラのパネルでポーズをとる子供たち

巨大な食虫植物のフォトスポットがあります。

カラフルなので、結構見栄えがします。

子供が入って撮ると可愛らしいですよ~。って食虫植物にとらえられてるのか!?

 

食虫植物の販売

ハエトリソウなどの食虫植物が売られている

1階のミュージアムショップでハエトリソウやムシトリスミレなどの食虫植物が販売されています。

1つ600円ほどのお値段。

結構沢山の人が買っていましたよ!

 

期間限定のカフェ

NYのカフェが限定オープン

毎年期間限定のカフェがオープンするようで、私達が行ったときはNYで人気の「ジュ―ディーズカフェ」でした。

ホールの一角に作られたスペースのため数個のテーブル席のみ。私が行った日曜日は大混雑でした。

2時ごろにシフォンケーキを食べたいと思ってのぞいたのですが、すでに売り切れ。

仕方なくジュースのみ注文しましたが、息子の頼んだブルーハワイソーダがお洒落でハイテンションになっていました。

ジャーに入れると、こんなにも可愛くなるんですね~。

ジャーに入ったジュース

 

フードメニューはピザやカレー、パン等がありましたが2時ごろにはほぼ売り切れでしたので、こちらでランチを考えている方は早めに食事してくださいね~。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

「食虫植物を見たい」との息子の強いリクエストを受けてから数か月。

思う存分、食虫植物を見せてやることができました。

食虫植物の栽培は一般的に難しいと言われているので、こんなに一度に見ることができてよかったです。

夏休みの間のお出かけスポットとしておススメですよ。

植物園は思ったよりコンパクトなので2時間もあれば十分に見てまわれます。

機会があれば、是非とも行って見てくださいね~

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事