pickup

f:id:nyuuko:20180606104342j:plain

南大阪にある堺市には『ザビエル公園』と言う名前があります。

そう、あの教科書に載っている有名な宣教師、フランシスコ・ザビエルさんの名前のついた公園です。

あまりにもローカル過ぎてちょっぴりご紹介するのも気が引けるのですが、今日は堺区民から愛されているザビエル公園についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

『ザビエル公園』はどこにある?

阪堺電車「花田口駅」前にあります。堺駅からでも徒歩12分位。少し距離はありますが徒歩圏内です。

周辺には堺区で有名な『パン工房プランタン』や『天神餅』『トト洋菓子店』や『むか新』それに美味しい和牛が食べれる『南海グリル』がありますよ。

 

あわせて読みたい

 

『ザビエル公園』の歴史

「ザビエル公園」なんて名前、ちょっと変わってますよね。

なんでこんな名前かと言うと、あの歴史の教科書で見たフランシスコ・ザビエルをもてなした堺の豪商、日比屋了慶の屋敷跡に出来た公園だからなんです。

1949年にザビエル来航400年を記念して作られました。

1949年といったら湯川秀樹氏がノーベル賞を受賞した年です。あと「ピジョン」がキャップ式の哺乳瓶の販売を始めた年だそう。

日比屋氏も、自分の屋敷跡がこんな風に市民が集う場所になるとは思ってもなかったでしょうね~。

そして、驚くなかれ。

実は『ザビエル公園』の正式名称は『戎(えびす)公園』です。

ゆうゆう
何やソレ~

 

スポンサーリンク

『ザビエル公園』ってどんな公園?

公園の様子

堺区民に愛されている公園です。おそらく周囲に住んでいるママは全員一度は行ったことあると思います。私もあります。

「堺祭り」や「アセアンウィーク」等の堺区のお祭り時には公園に沢山の出店が出て大勢の人でにぎわいますよ~。

 

子供の遊べる遊具がある

子供の遊具

子供が遊べる遊具が少しですがあります。以前は木が生い茂り、遊具も古くて危ない物があったのです、2017年春からバリアフリーの綺麗な公園になりました。

船の形をした少し大きな遊具

ブランコや小さな子供用の滑り台があったりEbisu(エビス)と書かれた南蛮船の遊具があります。

船の滑り台

遊具の種類は少なくなりましたが、子供を安全に遊ばせることが出来る公園になったため、ママの間では好評です。

広場の様子

公園内にはグランドもあります。よくゲートボールをしているお年寄りを見ました。何もしていない時は子供が野球やボール遊びなんかをしています。

 

記念碑の森

子供は興味がないと思いますが、色んな石碑がある「記念碑の森」も公園内にあります。

  • 「聖フランシスコ・ザヴィエル芳躅」
  • 碑彫刻「東と西の接点」(Encontro Oriente-Occidente)
  • 堺鐡砲之碑
  • 安西冬衛の詩「春」の詩碑

 

トイレも完備されている

綺麗なトイレ

2017年からトイレも綺麗になりました。公園内に2箇所あります。

バリアフリートイレになっており、小さな子供連れでも利用しやすいです。

 

お花見やドングリ拾いも出来る

沢山ではありませんが桜の木もあり、4月上旬にはお花見に来る人も多いです。大概ママさん達がチビッ子を連れて来ていますよ。(バーベキューは禁止)

公園の北エリアでは、秋にはかなりのドングリを拾う事が出来ます。私も子供達と何度もドングリを拾って帰りました。

子供が大きくなって、ここ1,2年ドングリ拾いに行ってませんが、公園整備の時にドングリの木が伐採されてなければ今も取れると思います。

 

ゆうゆう的まとめ

堺区の『ザビエル公園』いかがでしたか?

小さな公園なので、この公園で遊ぶのをメインにすると、辛いかも知れませんが堺区に来たついでにちょっと立ち寄るには良い公園かと思います。子供はほんの少しの広場や遊具があるだけで楽しめる遊びの天才なので、意外と楽しめるかも知れません。

何と言っても周囲には堺の有名なお店が沢山あるのが親としては嬉しい所♡

機会があれば、立ち寄ってみて下さいね!

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事