pickup

健康オタク気味の夫が1年前に見つけてきた『葉っピイ向島園』のお茶。

完全有機栽培のお茶は、なんと漫画『美味しんぼ』にも載ったコトがあるほど。(読んだコト、ありますか??)

「美味しんぼ」101巻に掲載。101巻って凄い!
「美味しんぼ」101巻に掲載。101巻って凄い!

食の安心、安全だけでなく、環境や生きるモノ全てを考えてお茶を作る向島園さん。その考えに賛同し、今やすっかりファンになっています。

それでは応援したくなる『葉っピイ向島園』のご紹介、いってみましょう♪

葉っピイ向島園ってこんなお茶園

昭和57年から、完全無農薬、無化学肥料のお茶を栽培から販売までしている農家さんです。

もしかしたら同じようなコトをしながらお茶を育て、販売している農家さんもいるかも知れませんが、葉っピイさんは、それをとっても分かりやすく発信してくれているんです。

1つはお茶を届けてくれる時に添えられているお手紙。

お茶と一緒に届けられたお手紙
お茶と一緒に届けられたお手紙

もう1つは春と秋に発行される「Happy Letter」と言う冊子。

年2回発行される「Happy Letter」
年2回発行される「Happy Letter」

どちらからも「茶葉の様子」「作っている人達の様子」が伝わってきて、手元に届いたお茶が丹精こめて作られたのが分かります。

  • その年のお茶がどんな風な出来具合だったのか
  • 現場の様子(写真なども)
  • お茶の効用や美味しい入れ方など

    お茶についての色々な話が載っていて、とても面白く、毎回届くのを楽しみにしています。

    園主の向島さんも、スタッフの方たちも若い人ばかり。

    若者が力を合わせ、環境にも、食の安全にも配慮したお茶を作っている、という姿を見聞きすると、自然と応援したくなります。私も歳をとったと言うコトかしら?(笑)

    地上にあるすべて一つ一つが自然の仕組みの中では掛け替えのない役割を担っているのではないでしょうか。

    人間以外の生命の生存は、ある意味で全て人間に委ねられているのです。同じ地球を構成する生き物なのに、「何をしてもかまわない」正しさの基準を人間中心に定めて良いものなのでしょうか?

    2019年春『Happy Letter』より 

    私は育ったのが大阪の田舎だったせいなのか、祖父母の家が「ポツンと一軒家」みたいだったからか、「風の谷のナウシカ」が大好きだったせいなのか、あるいは写真家の星野道夫のファンであるからなのかは分かりませんが、いつも自分も自然の一部なんだ、と言うコトを頭のどこかで意識しています。

    そんな私ですが、便利な生活やモノを手放すことは正直難しい。

    でも、向島園のような取り組みをしている人達の商品を買ったりして、その取り組みを応援したりするコトは出来ます。

    茶筒に入れ替えて保管しています
    茶筒に入れ替えて保管しています

    そして、何より『葉っピイ向島園』のお茶は美味しい。

    私も虫や動物、木々などと同じように地球の恩恵を受けて生きている。

    作り手であり販売者でもある向島園も、安心、安全なお茶を飲む私も、虫や動物や木々までもハッピーになれる。

    まさに、ウィンウィンの関係です。

    『葉っピイ向島園』のお茶は一部のドラッグストアでも買えますし、通販ではAmazon楽天、無印(「諸国良品」という産地直送商品)でも取り扱っていますよ。

    新茶の季節です。

    機会があれば『葉っピイ向島園』の美味しいお茶を飲んで、ぜひともハッピーになってくださいね~

    ゆうゆうでした。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事