ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と私」を楽しむブログ

メルボルン観光で映画館へ。英語が分からなくても子供は楽しい

f:id:nyuuko:20181208210212j:plain
オーストラリア家族旅行11日目は、メルボルンで映画を見に行きました。

見たのは『インクレディブル・ファミリー 』日本の冬ほど寒くないとはいえ、メルボルンもやっぱり冬は寒い。外で遊ぶ元気もなく、苦肉の策に映画館へ行くコトにしました。

これが結構楽しくてよかった。

もし現地で何もすることがなくなった場合は、映画鑑賞もアリですよ!

それでは今日は、メルボルンでの映画鑑賞の感想をご紹介したいと思います。

 

 海外で子連れで映画を見るなら

f:id:nyuuko:20181208210359j:plainインクレディブルファミリーは、ピクサー製作のアメリカのアニメ映画です。

『Mr.インクレディブル』の続編ですが、見てなくても楽しめます。私達も今回初めてでしたが楽しめました。

超能力をもつ5人の家族が主人公ですが、それぞれが持つ超能力の魅力はもちろん、男女間の仕事、家族の絆などが物語の軸になっており、勧善懲悪で分かりやすいお話でした。

そう、海外で映画を見るなら

分かりやすい

が重要。

『トムとジェリー』じゃないですが、絵だけで十分楽しめちゃいます。

子供向けに製作された映画なら、まず難しい話はないかと思いますが、事前にどんな映画か大人がチェックしておくと間違いないと思います。

昔『ダ・ビンチ・コード』を映画館で見て、サッパリ分からなかった私なのでした・・・

 

オーストラリアの映画館は日本と違う?

f:id:nyuuko:20181208210119j:plainほとんど同じです。

f:id:nyuuko:20181208210245j:plainチケットも、事前にネットで予約し、映画館でチケットを出し、ポップコーンを買って観賞。全く同じ。

ただ、やっぱりと言うか、海外の映画館では、観客がお喋りするコトが多いです。特に今回見たインクレディブルファミリーはコメディ映画なので、笑い声があちこちから聞こえました。イギリスで映画を見た時も、やっぱり皆、何かしらのリアクションがあったので

「皆が一緒に鑑賞してるから、静かに」

と言った感覚は、海外ではあまりないのかも知れませんね。

因みに大人の料金は22ドル(≒1,760円)、子供は15ドル(≒1,200円)。普通に買うと、結構高いです。

私達が行ったVillage Cinemasでは、メンバーになると30%オフで見ることが出来ました。

この他にも金曜なら学生が安くなったり、映画館によっては月曜と火曜が安かったり、と色々な割引があるようなので「もし行こう」と思ったら、事前にチェックして見てくださいね!

 

メルボルの映画館『Village Cinemas Crown 』 


映画館はクラウン・カジノ内にある『Village Cinemas Crown』に行きました。ヤラ川を挟んですぐの場所にメルボルン水族館があります。

f:id:nyuuko:20181208210304j:plain名前の通り、カジノは勿論のこと、レストランやホテルもある総合施設でクラウンホテル は5つ星。立地とサービスが素晴らしいらしく、ちょっと憧れちゃいます。

私達はクラウン内のレストランを利用しませんでしたが、かなり沢山のレストランがありましたよ。でも、どのお店もクラウン価格でした(笑)。

【住所】Shop 50, 8 Whiteman St, Southbank VIC 3006

 映画館自体は、ちょっと古びた感じでした。日本のイオンに入っている映画館の方がよっぽど綺麗です。

でも、すぐそばでカジノの入口に立っている強面?の黒服着たお兄さんを見れたりするので、ちょっと特別な感じがして面白かったですよ。

 

ゆうゆう的まとめ

f:id:nyuuko:20181208210337j:plainわざわざ海外まで来て映画なんて、と思われるかも知れませんが「現地の人と混じって何かする」と言う意味では、映画鑑賞はなかなか面白いと思います。あまり観光客は来てないですからね!

特にオーストラリアは自然が沢山あり、外での観光を想定することが多いかと思いますが、物凄く暑かったり、寒かったり、雨が降ったりした時などに、博物館や水族館の他、映画館へ行くのもおススメです。きっと、面白いと思いますよ~。

オーストラリア家族旅行12日目は再びケアンズへ移動しました。また近々記事にしたいと思っています。

 

ゆうゆうでした。