pickup

光明池運転免許証センター

海外で運転したい、と思ったことありませんか?

国際免許証を持っていれば、ほとんどの国で運転するコトが出来ます。

しかも、ビックリするくらい簡単に取れるので「海外で運転するかも知れないなぁ~」と思っているなら取るコトをおススメします。

私、大阪の光明池で取ったんですが、所要時間10分でした。早っ!

それでは、とっても簡単!国際免許証の取り方、行ってみましょう♪

国際免許証がとれる場所

国際運転免許証とパスポート

コレが国際免許証です。

ちょっと良い厚紙みたいなモノですが、この国際免許証がとれるのは次の場所と決まっています。

 

国際運転免許証がとれる場所
  • 運転免許試験場
  • 運転免許更新センター
  • 指定警察署

 

大阪は門真と光明池の免許試験場2箇所のみで警察署では取れません。

私、最初知らなくて、近所の大きめの警察署に行きました(笑)。

因みに、運転免許証に記載されている住所の都道府県でしか申請出来ません。住所が大阪府なら門真と光明池の免許試験場のみの申請になります。

 

代理申請は可能?

国際免許証を取得したい人がすでに海外へ出国している場合のみ代理申請が可能です。

なので旦那さんが平日仕事で、時間のある家族が代わりに取りに行く、と言うワザは残念ながら出来ません。

直接行かないと申請出来ないのがちょっとハードル高いですが、行ってしまえば簡単に取得できるので頑張って行って下さい!

土日に申請出来る?

県によっては週末に申請出来る所もあるようです。大阪は門真だけ日曜が開いています。光明池は平日のみでした。

ご自宅の免許試験場が土日に申請出来るか、チェックして見てくださいね。

 

国際免許証はいつ貰える?

大阪の門真や光明池等の運転免許試験場で手続きした場合は即時発行。直ぐに貰えます。

混雑具合にもよると思いますが、所要時間10分~15分程度かと思います。そんなに国際免許証を取りに来る人がいないので、結構スイスイでしたよ。

ただし、他県の方で警察署で手続きした場合は即時発行されず2~3週間ほど時間がかかります。余裕をもって申請してくださいね。

 

スポンサーリンク

国際免許証の申請時に必要なもの

申請時に持っていくものは次の3点。

 

申請時に必要なもの
  1. 運転免許証
  2. 写真1枚(縦5センチ×横4センチ)
  3. パスポート

写真は6か月以内のものを使用。

パスポート用の写真よりも大きいので、使いまわそうと思っている場合は注意してください。私はスマホで撮ったものを印刷して使いました。

発行料として証紙代(2,350円)が必要ですが、証紙は免許試験場で購入することが出来ました。

 

スポンサーリンク

大阪光明池での国際免許証の取り方

国際免許証をとる時の手順は次のとおりです。

免許証の取り方
  1. 免許証のコピー
  2. 申請書を記入
  3. 証紙を買う
  4. 免許受付に必要書類を出す
  5. 免許証に自署
  6. 免許証を受け取る

 

それでは詳しくみていきますね!

下が光明池の運転免許証交付の庁舎地図です。

庁舎の地図

 

まず、1番最初に②番の「コピーコーナー」で運転免許証を係の方にコピーしてもらいます。コピーは申請書にしてもらえるので、必要事項(名前や渡航先など)を近くにあるカウンターなどで記入します。

免許コピーしてもらった申請用紙

 

次に③番「証紙売場」で2,350円分の証紙を買います。

証紙売り場と手数料

 

最後に⑦番「国外免許」の受付に「申請用紙(証紙)・パスポート・写真」を提出し、呼ばれるまで近くの椅子に座って待ちます。私はメチャクチャ早くて2分くらいで呼ばれました。(座る必要なかったかも)

7番国外免許受付

 

名前が呼ばれたら、受付で国際免許証の名前、住所、生年月日を確認し、英語でサインをして免許証を受け取ります。

国際運転免許証の中

 

ハイ!終了!

 

光明池運転免許試験場の駐車場について

光明池の試験場には有料駐車場があります。ただ駐車台数は多くないので注意が必要。何の割引もありません。普通に支払います。

  • 1時間まで 200円
  • 以後30分毎/100円
  • 最大料金1,200円

万一満車の場合、近くにタイムズや三井のリパークがありますが、そちらも割と混んでいます。

 

国際免許証のサインを間違えたらどうなる?

受け取り時に英語で免許証にサインをするのですが、コレを書き間違えたらどうなると思います?

ええ、私、間違えましたとも(笑)。

何故かうっかり10年以上も使用していない旧姓でサインしちゃいました。

間違えた瞬間

 

ゆうゆう
マズイ!2,350円また払わなアカンの!?

 

と冷や汗を書きましたが、受付の方は「はいはい、大丈夫ですよ~」と直ぐに作り直してくれました。

追加料金も必要なかったので良かったです。スミマセンでした。

 

国際免許証の注意点

有効期間は発行から1年間

1年経っていなくても、もしその間に日本の運転免許の有効期限が来れば、その時点で国際免許証の有効期限も切れます。国際免許証はあくまでも日本の運転免許証に付随しているものなんですね。私はたまたま免許の有効期限が近かったので、受付の方に念押しされました。

 

使い終わったら返納しなくてはいけない

厚紙に印刷されただけみたいな国際免許証ですが、運転免許証と同じく、使用後にそのまま捨てるコトは出来ません。

返すのは、警察署で受け付けてくれます。使い終わったら近くの警察署に持って行きましょう!

 

使える国が決まっている

国際免許証は全世界で使えるワケではありません。

日本人が観光に行く国なら大抵カバーされていると思いますが一度警視庁のHPから確認してみてださい。

私はオーストラリア旅行用に取得したので大丈夫でした。

 

 

 

ゆうゆう的まとめ

国際免許証の取り方、いかがでしたか?

私は結局オーストラリアで運転する機会はなかったのですが「いざとなれば、レンタカーを借りて何処でも好きに行ける!」と思うと、それだけで自由度がグッと広がった気がしました。

とっても簡単に取れる国際免許証。海外で運転する可能性が少しでもあるなら、ぜひとも取りに行くコトをおススメします。

楽しい海外滞在になりますように!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事