pickup

大阪からオーストラリアの往復飛行機にジェットスターを利用しました。

ケアンズまでは直行便で約7時間のフライト。

今日は、帰国時に食べたジェットスターの衝撃的な機内食や、エンターテインメントをご紹介したいと思います。

 

機内食が衝撃的な味だった

ジェットスターでの食事はあらかじめネットで予約できるので、ヌードルを選んでいました。

でもこれが・・・

衝撃的にマズいっ!

衝撃的にマズかったヌードル

 

ものスゴ~ク味が薄くてめちゃくちゃマズイ!!

 

ゆうゆう
調味料入れ忘れた?

 

と思うレベル(笑)。

 

子供たちも最初

 

息子
ラーメンや~!

 

と飛びついたのですが、一口食べて

 

もういらん

 

とソッコー返してきました。

なんと、大人も最後まで完食できないお味・・・

とにかく美味しい麺類を食べ慣れている日本人としてはちょっと、考えられないほどヒドイ味付けかと思います。

って言うか味がついてないし(笑)。

なので、ジェットスターでは麺類は頼まない方が賢明です。

どれくらいマズイか試してみたい方は怖い物見たさでお試しください。

 

クスクスとミートボールランチ

このお団子も家族全員ダメでした。IKEAの冷凍肉団子?と味が似ていてダメ。

香草が入ってるいるのか独特の味とベタ付いた食感がツラかったです。

 

鶏肉とペンネ

唯一?食べるコトが出来たのがペンネ。子供達はコレだけ食べてました。

これ頼んでおいて、本当に良かったです。

 

たしかにオプションの食事は500円程なので安いですが、もう少し味付けを何とかして欲しい!

今まで食べた機内食の中で断トツのマズさで、旅の良い?思い出となりました。

 

スポンサーリンク

エンタ-テインメントは快適

ジェットスターのエンターテインメントは1人800円弱で利用できます。ネット予約時にチョイス。

L.C.C.ですがちゃんと座席部分にモニター画面がついていて、快適に利用するコトができました。昔はiPadの貸出だったみたいですね。

座席についたテレビモニター

 

普通の飛行機と同様、現在飛行機が飛んでいる位置なんかも見ることができますよ。子供達も最後の方は「日本はまだか、まだか」と焦れて位置確認を頻繁にしていました。

ちゃんと最新の映画がある

 

映画も最新作ばかりでテンションあがりました。

私はマーベル作品が大好きなので、アベンジャーズの『インフィニティ・ウォー』滅茶苦茶集中してみました。(ラストが衝撃的で次作が気になる)

横からチラッと私の画面を見た娘が

 

コレ、子どもはみたらアカンやつなん?

 

と聞いてきたので、

ゆうゆう
みたら夜寝られへんくなるで

 

と、こたえておきました。子供は見ちゃダメ。

子どもにはちゃんと子供用の「Kids Zone」があり、ここさえ選べば間違いありません。

子供向けのメニューKids Zoneの画面

 

普段映画はめったに観ないしテレビは1時間と決めているので、ほぼ無制限に近いこの状況に子供達は大興奮でした。(途中に何度か目の休憩はさせました)

トランプゲームみたいな物もあったので、映画やテレビにあきたらゲームもしていましたよ。

これらのお陰で、子供達にとって長いフライト時間も何とか静かに過ごすことが出来ました。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

今回オーストラリアへの往路をジェットスターを利用しましたが、普通の飛行機と変わらないかと思いました。

ただし、遅延が多かったり機内食がマズかったりはします。

でもその他は意外と悪くない。

値段も値段なので全てを求めるのはムリと言うもの。こっちもワカッテマス。

一方初めての海外旅行を経験した子供たち。

とても楽しかったようですが、小1の娘は飛行機に乗ってる時間をとても長く感じたようで、子連れ海外旅行の難しさも感じました。

それでも「またオーストラリアに行きたい!」と2人とも言っていたので、十分楽しんでくれたのかな?

この記事を読んで下さった方も、オーストラリア旅行を計画されている方が多いかと思います。

ぜひとも楽しい思い出を作って来て下さいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事