pickup

オーストラリア旅行で買ったお土産

オーストラリアのお土産、何にしようか迷いますよね?

色々ステキなものはあるけども、出来ればオーストラリア産やオーストラリアでしか手に入らないモノが良いなぁ、と思って選びました。

メルボルンとケアンズで買ったものばかりですが、シドニーやゴールドコーストなどの大きな都市にも店舗があったりするので、是非ともオーストラリアのお土産選びの参考にしていただければな、と思います。

それではオーストラリア産のお土産、いってみましょう♪

 

オーストラリア産のお洒落なお土産9選

1紅茶専門店「T2」の紅茶

T2の店内。沢山の紅茶とティーポットがある

T2の店内。沢山の紅茶とティーポットがある

 

トップバッターはオーストラリアで大人気の紅茶専門店「T2」。

メルボルン生まれの「T2」は、様々なフレーバーとゴージャス&スタイリッシュなパッケージや内装などで今やオーストラリアを代表するお店です。

私はメルボルンのエンポリウム内の店舗で買いましたが、シドニーやパース、ブリスベン、ケアンズなどでも購入することが出来ますよ。

ここの紅茶を強くススメル理由としては、お茶の美味しさやパッケージセンスだけでなく、各都市をイメージした紅茶があるから!

メルボルンブレックファーストの紅茶

メルボルンブレックファーストの紅茶

 

滞在した都市をイメージした紅茶があれば、とってもしゃれたお土産になると思います。オーストラリア全都市の紅茶はなかったと思いますが、シドニーやブルーマウンテン、パースなどありました。

 

T2でもらえるオレンジの紙袋

ビビットな色の袋も可愛い

 

エコが徹底しているオーストラリアでは珍しく美しい紙袋に入れてくれます。そのままお土産として渡せるので良いですよ♪

仲の良い紅茶好きの友人たちにはT2の紅茶を渡しました。とっても喜んでくれましたよ!

 

 

 

2Buttonworks(ボタンワークス)のオブジェ

オーストラリアの木のオブジェ

オーストラリアの木のオブジェ

 

オーストラリアの木で作られた、可愛いオブジェ(52.73ドル≒4,200円)です。ケアンズ空港内で自宅用に買いました。

 

オブジェは取り外しできます

オブジェは取り外しできます

 

木の溝に、はめ込むタイプなので自分の好きな場所に好きなモノを入れて楽しめます。

我が家のリビングに飾っているのですが、私がバランスよく飾っているのをしょっちゅう娘が動かしてヘンテコリンなことにされてます・・・。

 

オーストラリアの動物のウォンバットとエミュー

エミューとウォンバット

 

ちゃんと動物の名前も描かれているのも芸が細かい!

このオブジェシリーズには、メルボルン、キャンベラ、シドニーなどがあります。また、イヤリングやコースター、500円程で買えるお手軽なマグネットなどもあり、とっても可愛らしいですよ。是非是非チェックしてみてくださいね!

 

 

 

3アボリジニアート

アボリジニのアート

アボリジニの絵

 

ケアンズ市内にある「Doongal Aboriginal Art(ドゥーンガルアボリジニアート)」で買ったアボリジニの方の絵です。これも自宅用に買いました。

このギャラリーには沢山のアーティストの絵が展示販売されていて、眺めるだけでもとっても楽しい!

小さな物なら2、3千円から買うコトができます。

私のこの絵は1万円くらいだったと思います。額は家にあったモノをつかっていますが、オーストラリアと日本のキャンバスのサイズは違うので、ちょっと入れるのに苦労しました。

 

絵の裏にはアーティストの紹介が載ってます

絵の裏にはアーティストの紹介が

 

絵の他に、ブーメランやディジュリドゥもありますよ。さすがにディジュリドゥを買う人は少ないと思いますが、見れてるだけで楽しいですよ~。

素敵な絵を手に入れるコトだけでなく、アボリジニのアーティストたちをサポートするコトが出来るので、是非是非お土産候補の1つに入れて欲しいと思っています。

 

 

ちなみに、ココで働いているカッコイイオージー定員の奥様は日本人。

絵を見ている時に色々話しかけてくてくれました。日本語練習中とのことです。

 

4MORのコスメ

MORのクリーム

MORのクリーム

 

メルボルン生まれのコスメティックブランド「MOR」のボディークリームを自分に購入。

日本でも販売されているようですがあまり見るコトがないのでおススメかと思います。16.95ドル(≒1,350円)でした。

とにかく、パッケージが可愛すぎる♡

オーストラリアのコスメブランドとしては「Aesop」が有名ですが、私は乙女な「MOR」の方が好みです。

ケアンズ空港でも販売されており、ガーリーなモノが好きな方にはおススメです♪

 

 

LOVE WOOLのお店

LOVE WOOLには可愛いモノがいっぱい!

 

ケアンズ市内にあるLOVEWOOLと言うお店で買ったのですが、ここのお店には日本の雑誌に載っているコスメが沢山あり、テンションあがりました。

 

パーフェクトポーションもありました

パーフェクトポーションもあり

 

日本でお馴染みのパーフェクトポーションもありました。

ホホバオイルを使った化粧品もあり、私はここで母にホホバオイルの美容液とプラセンタ入りのアイクリームを買いました。ほのかにかんきつ類の香りがして気に入っています。

プラセンタ入りアイクリーム

プラセンタ入りアイクリーム

 

とても小さなお店ですが、コスメの他にウール製品(スリッパやマフラーなど)も販売されています。なんと言っても店舗名がLOVEWOOLですもんね。

姉妹店がすぐ角を曲がった先にあり、そのお店では衣料品が販売されていました。

可愛いサンダルが沢山ある

可愛いサンダルが沢山ある

 

買いませんでしたが、ブラジルのフットウェアブランド「Melissa」(メリッサ)のサンダルが売られていて滅茶苦茶可愛かった~♡

衝動買いしそうでしたが何とか踏みとどまりました。今記事書いてたら「買っとけばよかった」と思い直しています・・・。

 

5Alperstein Designsのハンドクリーム

レモンマートルとヤギのミルクのハンドクリーム

レモンマートルとヤギのミルクのハンドクリーム

 

オーストラリアに自生するレモンマートルと、ヤギのミルクのハンドクリーム(19.50ドル≒1,560円)です。パッケージのデザインはアボリジニアートです。

他にカカドゥプラムやマカダミアナッツのハンドクリームなどがあり、それぞれ異なったパッケージになっています。

私はメルボルンの「サムシングオージー」というビクトリアマーケット近くのお店で買いましたが、あちこちで販売されているようですので見かけたら是非♪

他にもTシャツやお皿など、色々なモノがありますよ!

 

 

 

6KOKO BLACK のチョコレート

KOKO BLACK のチョコレート

「KOKO BLACK」 のチョコレート

 

メルボルン発のチョコレートKOKO BLACK(ココブラック)。

オーストラリアの高級チョコと言えばHAIGH'S(ヘーグス)チョコレートですが、このココブラックは今や最もスタイリッシュなチョコと言って良いほどお洒落で人気のチョコなんですよ!

 

こんなにカラフルなチョコも

こんなにカラフルなチョコも

 

私はメルボルンで買いましたが、シドニーやパースなどにも店舗があります。

 

紙袋の中にもチョコのプリントが

紙袋の中にもチョコのプリントが

 

こちらもお洒落な紙袋が貰えるので、お土産として渡すのにピッタリです!

 

 

 

7「APIARY MADE 」のリップバター

APIARY MADE のリップバター

「APIARY MADE」 のリップバター

 

メルボルン近郊にある養蜂園で作られているリップバターです。

たまたまメルボルン動物園のショップで見かけて買ったのですが、コレがすごく良かった。このリップバター(12ドル≒960円)、ものすごくモチが良いんです。

 

リップバターはこんな感じ

ほんのりと黄色いリップバター

 

帰国してから半年ちかく毎晩のように寝る前に使っていますが、まだ3mmくらいしか減ってません(笑)。

使い心地もよく、香りも柑橘系で好きな香りなので寝る前のお楽しみになっています。コレ、出来れば続けて買いたいクオリティー。

自分用に買ったのですが、こんなに使い心地ちが良いなら友達にも買えば良かった!と思うほど気に入っています。

リップバターの他、ボディーローションやキャンドル、蜜ろうで作られたラップなど、様々なハチミツを使った製品があり、HPを見るだけでも楽しいですよ。

 

 

 

8オーストラリアの国民菓子アンザッククッキー

缶入りのアイザッククッキー

缶入りのアイザッククッキー

 

オーストラリアの国民的クッキー、アンザッククッキーもおススメです。

もともと大戦中、兵士に持たせたクッキーのため長持ちします。卵不使用。オーツやココナッツが入っているのでザクザクした食感が私は大好き。

 

側面にもオーストラリアの動物が

側面にもオーストラリアの動物が

 

ケアンズ市内の免税店で缶入りを見つけて数個買いました。

個包装されたクッキー

個包装されたクッキー

 

オーストラリアらしい缶に入っていたので、1つは自宅で食べて缶を残しています♪

「16枚入り」と缶には書かれていますが、恐ろしいコトに蓋を開けると2枚1袋の8袋入り。「16人に1個ずつ分けよう!」と思っていると足りないコトになるので注意して下さいね!

たまにこのパターン、ありますよね・・・。

 

9オーストラリアらしいキッチンタオル

オーストラリアらしいキッチンタオル

オーストラリアらしいキッチンタオル

 

ママ友へのお土産は、キッチンタオルが殆どでした。10ドル(≒800円)前後で可愛い柄のタオルが結構あります。私はオーストラリアの都市が描かれているタオルを選びました。

主婦だとキッチンタオルを使わない人はいないと思うので、喜ばれると思いますよ♪

 

スポンサーリンク

バラまきようのお土産はスーパーで買う?

地元のスーパー「Woolworths」

地元のスーパー「Woolworths」

 

バラまきようのお土産も買いました。

主に地元のスーパーで買ったのですが、意外と個包装になっていない物が多くて選ぶのに苦労しました。個包装でも他国で有名なお菓子だったりして意外と見つからない。

以前は海外旅行のバラまきようの食べ物のお土産はスーパーがメインでしたが、今回の旅行では空港などで売られているお菓子の方がパッケージもお洒落で個包装も多いと思いました。

なので、今度オーストラリアへ行く事があれば、私はスーパーでのお土産選びは買出しなどの「ついで」程度にし、空港でまとめて買ってしまおうかと思っています。(また行くコトがあるなら)

 

スポンサーリンク

【番外編】お土産じゃないけど見て欲しい

子供達に買ったものですが、見て欲しいモノが!

おもちゃの卵を水につけると、卵が割れて中からお人形が出てくるシリーズ。日本でもよくありますよね。

オーストラリアは一味?違います。

 

パッケージは凄く可愛いのに・・・

妖精の卵

妖精の卵

 

衝撃的な中身!

 

出て来た妖精はコレ

出て来た妖精はコレ!

ゆうゆう
妖精ちゃうやん、別人やん・・・

 

さらに水につけると・・・

 

ただの巨人です

ただの巨人です

 

ただの巨人です。

左手がもう「おひかえなすって」にしか見えない。

 

息子は同シリーズの恐竜バージョン。

息子の恐竜

息子の恐竜もただのツチノコ

ゆうゆう
誰?君、誰なん??

 

これ、確か6ドルか7ドル(≒480円~560円)くらいしました。日本でこの値段帯でこのクオリティーのモノ売ってたら、殆ど詐欺です。

おそるべし、オーストラリア!!

 

ゆうゆう的まとめ

オーストラリアのお土産、いかがでしたか?

オーストラリアでつくられたモノを買えば思い出にもなるし、オーストラリアにも貢献出来ます。

お土産選びって、意外と時間を取られるし悩むもの。渡す相手のコトを考え、色々考えるのも楽しいですが時間と予算は限られています。

この記事が、少しでも皆さんの旅のお土産選びの参考になれば嬉しいです。

素敵なモノが見つかりますように!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事