pickup

娘の卒園式でした。

短くも長かった3年間。色んな事がありましたが無事に卒園の日を迎えられてホッとしています。

子供の絵

さてその3年の間で娘は実にたくさんの作品を持ち帰りました。

作品の多くはしばらくリビングの『子供コーナー』に飾っておき、折を見てオサラバされる運命。

でも、全てを捨ててしまうのは忍びないので、かさ張らない物を厳選して残すようにしてきました。

もちろんデータ化してしまうのが一番確実なのですが、私はデータ化すら手間に思うタイプ。

コレと言う箱を決め、その箱に入りきる分だけ保管するなら場所も手間もかかりません。

私が使っている箱は300円ショップの蓋つきのもの。

300円ショップの箱

大きさも幅が30~40㎝程、高さも13㎝程の物で、それ程場所を取ることもありません。

この箱に「とっておきの物」だけ入れています。

とっておきの作品

初めて書いた絵や、手形、御手帳や夏休みの生活カレンダー、名札に私宛に書いてくれたお手紙。

たどたどしい字で書かれたものや、謎の絵、ゆがんで押されたハンコなど、他人から見るとどうでも良い物ばかりが入っていますが私にとっては掛け替えのない大切な宝物です。

息子も同様にして保管しています。

近頃ミニマリストが称賛されていますが、物を究極に少なくするばかりが「良し」ではない、と私は思っています。

小さな箱1つ。

これが家の片隅にあることで何ら生活に支障がないならば、子供達の3年間の思い出の品、全てを捨ててしまう必要はないと思います。

「見返すこと、ある?」

と聞かれたら私は「ある」

折に触れてこの小さな箱を開け、夫や子供たちとアレコレ話をします。子供達も箱の中の作品を見ると自分の成長ぶりを感じることが出来るようで、嬉しそうです。

多分一生、この箱を置いておくんじゃないかな。

そして60歳、70歳になっても、時々箱の中の作品を手に取りながら、子供達が幼かった頃を思い出すのだと思います。

考えていると、ちょっと泣けて来ました(笑)

何はともあれ、沢山の思い出が詰まった幼稚園生活もおしまい。

小学校という新しい世界で、今まで以上に楽しい生活を送って欲しい!そう思っているのでした。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事