習字セット

3年生の息子の授業が始まりました。

3年生からはお習字の授業があります。

2年生の3学期に学校でもらってきたカタログを見て、お習字セットを買いました。

写真の通りケースがドラゴンです。

私はもっとシンプルな物が良かったのですがこれは息子の習字セット。

ゆうゆう
この柄にして後で飽きへん?

息子
飽きへん(即答)

と言われたので、リクエスト通りドラゴンケースを買いました。

子供の持ち物に関しては極端な物でない限り、なるべく子供のリクエスト通りの柄やデザインの物を買ってあげるようにしています。

自分が選んだお気に入りを持てば、愛着も持って大切にしてくるかなぁ、と。

子供の気持ちや意志を尊重です。

案の定、ドラゴンケースを持ち帰った日はルンルンでした。

始業式の日に「今週中に学校へ持ってくること」とのお手紙をもらったので、早速持ち物を点検。

習字セット

お習字セットの中にはちゃんと授業で必要な物が入っています。

名前を書いて、名前を書いて、名前を書いて・・・・?

ゆうゆう
黒いっ!?

 

墨汁入れなどはシールが貼れましたが、筆入れと下敷きは布なのでシールが貼れず、3秒くらいとまってました(笑)

布の下敷きには名前ラベルはボンドで固定

とくに筆入れは不織布で出来ているのでアイロンタイプのお名前シールは使わない方が無難。

ボンドで白い布を貼り付け解決しました。白い布あって良かった。

一安心したのも束の間、今度はケースに習字セットを入れた時に問題発生。

学校にもよるかと思いますが市販のお習字セットに加え、プラスアルファの持ち物が息子の学校では言いわたされていました。

それは

  1. スモックか汚れても良いTシャツ
  2. 書き終えた半紙を挟む新聞
  3. 雑巾
  4. 半紙
  5. 500mlのペットボトル

 

この5つをケースに入れるとパンパンに。

特にペットボトルが曲者で、これを入れるとケースの形が変形するほどの詰め込み具合になります。

ゆうゆう
お~い、学校案内のカタログで買ったのに、キュウキュウ過ぎるやろ~!

と心の中で叫んでしまいました。

と言うわけで、もし今から習字セットを購入するならスリムタイプではなく、大きめのケースを選ぶことをおすすめします。

学校は、たまに想定外のことを言ってくるので(笑)

最後にどうでも良いことですが、セットに入っていた墨汁の名前が「ゆうゆう」でした。なんか親近感。(墨汁に:笑)

お子様が、楽しくお習字できますように!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事