pickup

f:id:nyuuko:20190115113941j:plain

新学期が始まりました。

子供達も、元気に学校へ通っています。

と言いたい所ですが、小3の息子は1日目こそ元気に行きましたが、2日目からは「シンドイ。ちょっと風邪気味かも」と言うように。

元々扁桃腺が弱く、冬は最も風邪に気を遣う季節。

おでこに手を当てましたが大丈夫そう。念のために体温計でもはからせましたが36.5分、といたって健康。

それでも熱がなくてもシンドイこともあるし、これから熱が上がって来るかも知れないので、少し心配しながらも、様子を見るコトにしました。

一昨日は学校終了後に体操教室がありましたが、これも「シンドイ」と言うので渋々休ませることに。自宅で過ごしましたが、メチャクチャ元気な様子に「えっ?ズル休みやったん??」とちょっとモヤモヤ。

そして、私のモヤモヤは娘の一言で入道雲のように一気に発達。

 

今日のお昼休み、お兄ちゃん運動場で鬼ごっこして遊んでたで~

・・・遊んでたんか~い!(怒)。

夜、夫にその話をすると

昨日シンドイって、言ってたし、誰だって気分がのらへん時もあるやろ。良いんちゃうん?

とのコト。

確かに。私も、英会話、気分がのらずにチョコチョコ休むことがある。でも、子供は親の監視下の元、なかなかズル休みって出来ない。ちょっとした、息抜きってコトかな?

と思ってその時は納得しましたが、今朝、再び息子に「今日の体育の授業は風邪気味なので休みたい」と言われました。

いやいや、君、ちょっと前に仮面ライダーの音楽流して踊ってへんかった!?また?またなのか??

 

熱はかってみ~

と言うと、これまた平熱。

熱ないんやから、頑張ってみたら

と言うも、やっぱり見学したい様子。

「シンドイ」と何度も言うので連絡帳に見学希望を書いてから

今日は金曜やから、シンドイかも知れへんけど熱もないし頑張って行かなアカンで

と言うと

分かってる。休みたいから言ってるんと違う!

と言われました。

そこで、ハッとしました。

きっと、シンドイのは風邪気味だと言うこともあるけど、学校が始まってちょっと気持ち自体もシンドカッタから。

元々息子は少し神経質な所があり、学期始まりには毎回2,3週間咳払いが続きます。きっと、体だけでなく、心も風邪気味になってたのかな、と気づきました。

そっか、シンドイな。シンドイけど、よく頑張ってるね。

とギュッと抱きしめてあげると、ニッコリ笑顔で学校へ行きました。

息子はきっと、シンドイ体と気持ちをただただ私に受け入れて欲しかったんだと思います。

いつも明るくて、クラスでも沢山のお友達と遊んでいる様子。学校生活は楽しいようですが、楽しくても、たまにシンドクなることだって、あるよね。特に体が本調子じゃないと、気持ちもユックリしたくなる。

どこまで許すか、許さないか。そのさじ加減が難しい・・・。

息子はこの世に生まれてまだ8年。私もお母さんになってまだ8年。自分でも、分からないコトや、いたらないコトが毎日のようにあり、正直、自分自身が嫌になっちゃうこともあります。

今回の件で思ったのは、息子を自分の定規で測るのではなく、息子の気持ちに寄り添えるように心がけるコト。そんな風になれたらな、と思いました。

まだまだ新米?母の修行は続くのでした。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事