先日なにげに息子の首もとを見ると、イボができてました。

その大きさ5ミリほど。

ちょっと飛びでた感じで、ふだん見るような小さなイボと違って小さな米粒のよう。

悪いものだったら大変と思い、すぐに皮膚科に連れていきました。

この記事で息子のイボ除去の方法や経過を紹介しているので、イボ治療の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

イボの除去方法

息子いわく、

息子
数日前から、知らん間にできてた

首のイボ。

 

皮膚科の先生に診せると、

「あっ、〇×△☆(←聞き取れず)のイボやね。液体窒素でとろうか」

と言われました。

先生の感じではよくあるイボのようで一安心。

 

液体窒素は―196℃ほどの液体で、主にウイルス性のイボなどによく使われる治療法です。液体窒素をひたした綿棒などをイボに押しあてて凍結させ、かさぶたにして除去します。

私は足や手で何度もやったことがあるので、痛いのはわかってる。

「首だし大丈夫かなぁ?」

と心配しましたが、そこは中学生男子。

液体窒素をひたした綿棒を数回、首のイボにちょんちょんされ、治療は終わりました。

息子
ぜんぜん痛くなかったで

ゆうゆう
ホンマか?

 

先生からは「2週間ほどしたら患部が茶色くなってポロッととれるはず。完全にとり切れへんかったらもう1回(液体窒素を)やろっか」と言われて帰ってきました。

 

1日目の様子

当日の様子です。

液体窒素でイボを焼いた当日

まだそんなに変化はありませんでした。

 

2日目の様子

治療の2日目のイボです。

液体窒素で治療した2日後のイボ

ちょっとカサカサした感じになっていました。

 

3日目の様子

そして、3日目。

なんと、就寝時にポロッととれてました。

とれた首のイボ

 

息子
2週間くらいかかるって言われてたのに、3日でとれたー!

さすが中学生。細胞の元気度がアラフィフの母とは違う。

 

イボがとれた直後はうっすらとカサブタができていました。

イボがとれた直後

 

1か月後の様子

1か月後の様子です。

液体窒素で首のイボをとった1か月後

とった痕もわからないくらいキレイになりました~。

1回の液体窒素で済んだので、約1か月ほどで完全になおりました。

よかったです!

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

老化による私の首のイボとは違い、大きめのイボができていたので心配しました。

息子は運動部に入っているので汗もよくかくし、中学生というお年頃なのでイボという「できもの」ができたんだろうなぁ、と思っています。

液体窒素を首に使うのでちょっと心配していましたが、息子は強がっているのか「全然いけたで」と言ってたし、思っていたよりずっと早くとれてよかったです。

キレイにとれて、息子もスッキリして喜んでいます。

首のイボ、意外と簡単にとれるので、ぜひともと皮膚科へ行ってみてくださいね。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク