小学生の子どもたちにカレーとサラダを作ってもらいました。

ただ作るのではなく、買い物からおまかせ。

具材を考えるところからスタートし、料理はもちろん、盛りつけも配膳もぜ~んぶやってもらいました。

とっても楽しかったようなので、様子をご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

夕飯づくりおまかせの全貌

予算内で買い物せよ!

サラダの材料は家にあったので、カレーの材料だけ買い物してもらいました。

予算は1,500円。

予算は1,500円で作ってもらいました

 

ちょっと多めにあたえ、「あまったお金は2人でわけていい」と伝えました。

 

息子
えっ!?いいん?

たくさんあまらして、お小遣いにする?

 

2人の頭のなかで、いろいろ交錯したようです。(笑)

 

近所のスーパーまで一緒にでかけ、店内で私と子どもたちは別行動。

カレーの材料は市販のカレールーの箱に書かれているものを参考にするように伝えておきました。

そのため、スーパーで1番先に2人が行ったのはカレールーコーナー。小さなスーパーですが、カレールー置き場をチョロチョロと探していました。

ルーの箱を見ながら材料をカゴに入れ、玉ねぎ、ジャガイモなどを入れていきます。

そしてお肉。

なに肉を選んでいいかわからないんですね。(笑)

 

息子
かぁか~!

と私を探しにきて、

 

息子
なんのお肉買ったらいいん?

と質問。(わが家はいつも安い豚肉です:笑)

 

お肉売り場にもどったと思ったら、今度は

息子
かぁか~!切り落とし買えばいいん?

と、またもどってきました。(笑)

 

カゴの中をみると、ちっちゃなばら肉のパックが。

ゆうゆう
全然足りん

もっとたくさん入ったお肉を買うようにお願いしました。

 

たくさん入ったお肉は当然お値段も高く、

お金、足りるん!?

と、娘は若干パニくり気味。(笑)

 

人参や福神漬けは家にあったので、2人がカレーの材料で買ったのは、

  • 玉ねぎ:1個
  • ジャガイモ:1袋
  • カレールー:1箱
  • 豚肉:1パック(大)

 

これで1,000円ほどになりました。

 

ゆうゆう
500円もあまって、ちょっとお金を渡しすぎだったかな?

と思いましたが、

 

あまったお金でみんなで食べる、食後のデザート買っていい?

と聞いてきたので母、感動。

250円ずつ山分けにせず、みなで楽しめるデザートを買おうと思ったのねぇ。エライ!

お菓子売り場とデザートコーナーをなんども行ったり来たりして、コーヒーゼリーとフルーツゼリー、そしてなぜかキャラメルを買っていました。

1,500円で買ったもの

お釣りは120円。

仲良く2人で60円ずつわけていました。

 

カレーを作ろう!

サラダとカレーを作ることになっていましたが、まずはカレーから作り始めました。

 

カレーを煮込んでいる間にサラダを作ったらいいやんか

よしよし、なかなか段取り上手。

人参や玉ねぎは切りやすいけど、ジャガイモが丸くてデコボコして手こずる。

カレーを作る子どもたち

皮をむくのになんどもため息をついてました。(笑)

ジャガイモの皮むき、大人でも面倒だもんね~。

 

お鍋に材料を入れて混ぜるだけでも大変で、

腕がいたい~!

と何度も娘の叫びが。

お肉や野菜を炒めるのに力がけっこう必要な娘

アクもとったらコトコト煮込むだけ。

その間に次はサラダを作りました。

 

サラダ作りもお好きにどうぞ

サラダは家にあったキャベツとトマト、キュウリとハム、チーズを使いました。

野菜は洗って切るだけ。

キュウリをトーテムポールみたいにしたり、猫型に切ったりと、手で持ちまくって調理。好き放題です。

「もう好きにして」と見てました。(笑)

子どもは工作のように、好きな形に切ったり並べたりしたいんですね。

2人とも、とっても楽しかったようです。

 

子どもが作った夕食のお味は?

子どもたちが作ったカレーとサラダ。

盛りつけも配膳もすべて子どもたちにお願いしたカレーとサラダ

お皿に入れてテーブルまで持ってきてもらうところまで全てしてもらいました。

初めてお買い物から調理、盛りつけまで全て子どもたちで作った夕食。

お味はわかっていましたが、とってもおいしかった!

一生懸命材料を選び、作っている姿を見ていたので格別でした~。

家族で「おいしい」「おいしい」と何度も言いながら食べ、お替りもし、食後のゼリーも食べて大満足でした。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

私が作れば30分でカレーとサラダを作れますが、子どもたちは1時間半かかりました。

息子
かぁかはいつもこんなんやってるねんなぁ

と2人からの尊敬の眼差しをうけ、ちょっと照れる母。(笑)

あーだ、こーだと言いながら一生懸命作ったことで、食事のありがたさとお料理の楽しさがわかったよう。

「またやりたい?」と聞くと「やりたいっ!」と2人とも即答。

でも「1年に1回とか2回でいいわ」ですって!

時間をみつけ、またなにか作ってもらおうと思っています。

子どもたちのおかげで、美味しくて、楽しい夜をすごすことができました。

 

ゆうゆうでした。

おすすめの記事