子ども用DIY玩具「ねじハピ」

女の子だって工具を使って遊びたい!

そんな思いをかなえる玩具「ねじハピ」。

この玩具には本格的な電動ドライバーが入っていて、ネジをとめたり外したりできるんですよ!

もちろん安全な作りです。

今日は、娘が楽しく遊んだ「ねじハピ」についてご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

「ねじハピスタンダードセット」ってこんな玩具

乳幼児むけの玩具メーカー「ピープル」の女の子向けのDIY玩具です。

電動ドライバーを使ってネジをとめ、箱やチャームなど作ることができます。

 

ねじハピスタンダードの中身

ドライバーのほかに、ネジも170個ほど入っています。

 

「ねじハピ」の中身

ねじハピセットの中身
  • 電動ドライバー:1つ
  • ビット:2種類
  • ダイヤネジ:約120個
  • 星型ネジ:約48個
  • 板パーツ:15枚
  • コーナーパーツ:14個
  • 底プレート:6個
  • 鍵パーツ:1個
  • 蝶番パーツ:1個
  • フェルトパーツ:35種類
  • ネジ用デコシール:1枚
  • ボールチェーン:3個
  • 説明書:1枚
  • ねじハピマニアBOOK:1冊

 

対象年齢は6歳からとなっていますが電動ドライバーの動きはゆっくり。ネジも1㎝ほどあるので、Amazonの口コミを見るかぎりは園児でも楽しんでいるようです。(自己責任でお願いします)

わが家は娘が7歳のときに購入し、1人でサクサク作っていました。

 

ねじハピで作れるもの

ネジは簡単にドライバーで取り外しできるので、なんどでも作りなおすことができます。

付属の「ねじハピマニアBOOK」には30種類ものリメイク作品がのっているので、娘も色いろ作ってました~。

「ねじハピ」で作れる作品の一例

 

宝箱や鍵つきボックス、ディスプレイボード、カトラリーケースなどなど。

「ねじハピ」で作ったペン立て

タオルハンガーなんかの作り方もあって娘は作っていましたが、使えるかどうかは謎でしたね。(笑)

 

電動ドライバーやネジは危なくない?

買う前は少し心配だった電動ドライバー。

さすがは子ども用の玩具だけあって安全なつくりになっていました。

スイッチはOFFが真ん中、左スライドでネジ付け、右スライドでネジ外しができます。

「ねじハピ」の電動ドライバーの操作は簡単

ドライバーの握り部分に回転スイッチがあり、子どもの手でも安定してドライバーを回転させることができます。

どんなにスイッチを強くおしても回転はゆっくりなので、安心ですよ!

 

ネジも先はとがっておらず、大きさも1㎝ほどあります。

「ねじハピ」のネジ

ただ小さなお子さんだと口に入れたりすることもあるので、十分注意してくださいね。

 

「ねじハピ」を作る様子

とにかく簡単に作品ができます。

コーナーパーツにネジをはめこみ、板パーツと固定するだけ。

「ねじハピ」でコーナー部分を作る娘

 

ネジでフェルトをとめたりしてデコレーションもできます。

「ねじハピ」の電動ドライバーを使う娘

 

穴が開いてる場所ならどこでもデコれちゃうのが楽しい!

フェルトとネジでデコレーション

 

電動ドライバーを使ってネジをとめたり外したりできるので、娘は何度も作ってはバラして、バラしては作ってしてました。

とにかくデコパーツも沢山ついているので、やろうと思えば永久的に?デコれますよ~。(笑)

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

DIYが男性の仕事だったのは一昔前のお話。

今や女性も工具を使い、いろんなDIYを楽しめるようになっています。

物づくりが好きなお子さんなら「ねじハピ」はきっと楽しめますよ!

大きなドールハウスが作れるセットや、男の子バージョンもありました。

幼少期から男女関係なく興味のあることをさせてあげれば、人生の選択も広がりそうです。

女の子でも大工遊びのできる「ねじハピ」、おすすめですよ~。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
関連キーワード