我が家のスイッチ

大人気のニンテンドースイッチ。

テレビ画面でゲームできたり、複数でも一緒にプレイできるのがいいですよね!

我が家もスイッチを買いましたが「本体とソフトだけ買えばいいの?ほかに必要なものはある?」と迷ったので、記事にしてみました。

今日は、私が絶対に必要だと思ったものと、追加で後日買ったものをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

スイッチ購入時に必要なもの

スイッチとソフトがあればゲームはできますが、それ以外に必要なのは次の2つです。

1液晶保護フィルム


画面に貼る透明の液晶保護フィルムは絶対必要。

画面に汚れをつきにくくするだけでなく、衝撃を吸収して破損するのを防いだりブルーライトを低減させたりできます。

スイッチはテレビに接続する以外にも、DSのように本体画面でもゲームできます。

小さな画面を集中してみると目が疲れたり寝つきが悪くなることもあるので、それらを少しでも減らすためのブルーライト低減機能のフィルムは必須ですよ。

スイッチ本体を買ったら、あわせてフィルムも買っておいてくださいね!

 

2スイッチ収納ケース

収納ケースもあるといいです。

ケースにしまうと見た目がスッキリするだけなく、片づけの習慣もつけることができます。

我が家は本体だけ収納できるシンプルなタイプを購入しましたが、あとでソフトも収納できるケースにすればよかったと後悔。これから買うならソフトも一緒にしまえるものがおすすめです。

 

スイッチ収納ケース

 

また、スイッチ関連のモノを全て1つにまとめておきたい場合はコードなどの付属品も全て収納できるケースもありますよ。

本体をキズから守る意味からもケースはあったほうが絶対にいいです。

 

スポンサーリンク

あったほうがいいもの

絶対じゃないけど、

ゆうゆう
あるとイイ

と私が思った2つをご紹介します。

1ジョイコンカバー

コントローラーを汚しやすい小さな子供やヘビーユーザーには強くおすすめ。

また、複数の友達と一緒にプレイするならあったほうがいいです。

黒か赤青のジョイコンのままだと友達と色がかぶるので、自分と友達のコントローラーを区別するためにカバーが役立ちます。

購入するならカバーをつけたまま取り外しができるセパレートタイプが絶対におすすめ!

 

私は「色が見えて綺麗かな」と透明のプラスチック製を買ったのですが、ジョイコンと本体を着脱するのにイチイチ取り外さなければならず、

息子
取ったりつけたり面倒や

と言って子供たちはすぐに使うのをやめてしまいました。(涙)

 

めんどくさいことは、大人も子供も嫌いです。(笑)

 

2追加のコントローラー

2人以上で遊ぶなら、追加のコントローラーを買うのがおすすめ。

平日は30分しかゲームをさせていない我が家でも購入しました。

追加で買ったコントローラー

 

もともとスイッチを買ったときについているジョイコンは2つにわけることができるので、2人で遊ぶことができます。

2つにわけてジョイコンは使える

 

でも、ジョイコンを2つにわけるとサイズが小さくなったり押すボタンも慣れるまでわかりにくいので、わけないほうが圧倒的に使いやすいんです。

 

それに子供たちが、

 

かぁかともやりたい

息子
とーちゃんともやりたい

と言い出したのも、我が家が追加した理由です。

 

コントローラーを1つ買い足したことで、今では3人同時にプレイできるようになりました。(複数人プレイできるかはソフトによります)

 

追加で買ったコントローラーはニンテンドーのジョイコンではないんですが、とっても使いやすくて子供たちも満足しています。

 

ただ、

ゆうゆう
ジョイコンにしておけば4人でプレイできたのになぁ

とあとでチョッピリ思いました。

 

夫も私も子供によっぽど誘われないかぎりゲームはしないんですが(肩がこる:笑)、あれば4人で遊んだりして楽しかったかなぁ?と。

というわけで、もし家族が4人以上で全員がゲームするならニンテンドーのジョイコンを追加で買うのがおすすめです。別のコントローラーを人数分買ってもいいんですけどね。(笑)

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

スイッチ本体を買ったときに必要なのはソフトをのぞくとフィルムとケースの2点だけです。

どちらもそれほど高いものではないので、あわせて購入しておくといいですよ!

あと、離れた友達とプレイするにはニンテンドースイッチオンラインに加入すればできます。

ニンテンドーの7日間のお試し期間を利用したり、ニンテンドープリペイドカードやオンライン利用券を使うのもおすすめ。

 

子供へのプレゼントにしては高価なものですが、兄妹そろって楽しく遊んでいるのを見ると「買ってよかったなぁ~」と素直に思えます。

この記事がスイッチ購入時の参考になれば嬉しいです。

ぜひぜひスイッチで楽しい時間を過ごしてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事