子供のお小遣帳

子供のお小遣いは毎月定額制にしています。

お小遣いは月初めにわたしていますが、お小遣帳を私が見てからわたすのが我が家のルール。

そして今月、お小遣帳をみた私に衝撃的な事実が発生!

見てくださいよ!

見てくださいよっ!!

お小遣帳の中

つかったおかね 7,155円。

しかも内訳が「?」。

 

ゆうゆう
えっ⁉何にそんな大金つかったん??

ビックリして息子にたずねると、これまた衝撃の返答が。

息子
わからん

わからん、ってどーいうことっ!?

7,000円ものお金がいつ、どこにいったか分からないなんて、大人でもありえない。

そして息子の「わからんし、ないんやし、ど~しようもないやん」という態度に2重にビックリ!

もしこれが「ゲームソフト買った」とか「本やおもちゃを買った」など、ちゃんと使い道がわかってたら別に7,000円使おうが気にしません。

お小遣を何につかうかは子供の自由

でも、どこいったかわからん、ってどーいうことやねんっ!!

と、脳の血管が切れそうでした(←本当:笑)。

年末年始はおじいちゃんに小銭をもらったり、お年玉を少しわたしたりしたので、いつもより沢山お金をもっているのは分かっていました。

そして、それをガチャやゲームなどに威勢よく使っているのも知っていました。

でも、7,000円全部をそれに費やしたとは思えない。

「行方知れずのお金がある」ということで、かばんやリュックやの中を探させたのですが、出てくるのはお菓子の食べた後の袋や変色した葉っぱなど・・・。

ゆうゆう
もう、たおれそう

 

結局お金は見つからず、何につかったかも不明なまま。

もらったお金を管理できないという理由で、今月は息子にお小遣いをわたさないことになりました。

なぜこんなにも大金がなくなったのか、どうすれば同じことをしないようにできるのか考えさせた結果、次のように息子は決めました。

 

  • お金を使ったら、その都度ちゃんとお小遣帳をつける
  • 使う分だけもって買い物に行く

 

最近お小遣帳は気が向いたときに書いていた息子。

お小遣をもらう月初めになんとか帳尻をつけて私に見せており、私も使っている金額がそれほど大きくなかったことから「まぁ、これでもいいか」と許していました。

でも、ダメだったよう。

7,000円は大金です。

本当に全部つかってしまったのか?

なくしてしまったのか?

いまだに謎なので息子にグチグチと言いたくなりましたが、2時間くらいでなんとか気持ちがおさまりました(笑)。

息子は私にお小言をもらうし、妹から嫌味を言われるし、父親からも注意されるし、今月のお小遣はもらえないしで散々だったと思います。

お小遣いはどう使ってもよいけど、自分でなにに、どれぐらい使ったか分かっておいて欲しい。お小遣帳はそれを振り返るためのもの。

今回の件で、息子が少しでもお金の管理にめざめてくれたらな、と思っています。

前向きに考え、何とか自分を納得させようとしている母なのでした(笑)。

 

ゆうゆうでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事