pickup

スクラップコンクールのお知らせ

毎日小学生新聞の冬休みスクラップコンクールに参加した息子が図書カードをもらいました。

冬休みに特別企画としておこなわれていたコンクールなんですが、購買者は誰でも参加できます。

参加者は500円の図書カードをもらえるので、息子みずから参加の意思をみせ、はりきってやりました。

とてもよかったので、紹介させてもらいますね!

 

スポンサーリンク

スクラップコンクールって何?

毎小ニュース日記

毎日小学生新聞がおこなっているコンクールで、新聞の気になる記事を無料でもらえる「毎小ニュース日記」に貼り、コメントを書いたものを提出します。

とくに「日記帳ください」とリクエストせずともある朝ポストをあけると「毎小ニュース日記」とコンクール案内の紙が入っていました。

参加するのもしないのも自由。気楽にできます。

スクラップコンクールの参加方法

日記帳の中

応募期間中に書いた日記の中から1つ選び、写真にとって毎小新聞の応募アドレスへメールで提出するだけ。

とっても簡単です。

日記1冊を出すわけではないのでズルしようとすればズルできます。

でも、私は

 

ゆうゆう
毎日書かへんと(図書カード)もらわれへんで

 

と言って毎日書かせました(笑)。

 

参加でもらったもの

参加でもらったもの

参加品として、次のものをいただきました。

参加品でもらったもの
  • 図書カード(500円分)
  • 編集長からの手紙
  • 表彰状
  • クリアファイルとシャーペン

 

めちゃ豪華です。

表彰状は雰囲気を高めるため?私が読み上げてわたしました。

表彰状

 

図書カードが嬉しかったのはもちろんですが、息子と私は編集長からの手紙に感動!

なんと、ちゃんと提出した日記にたいするコメントが書かれていたんです。

こういうのって応募数も多く手間もかかるので、決まり文句の手紙が普通だと思っていました。

1人1人提出された日記に目を通すのは大変。

でもちゃんと読んでくれ、コメントまでいただけて息子は大喜びでした。

息子
次参加するときは、もっと字をキレイに書こうっと

 

と次回も参加することを早くも決意した息子です。

確かに、めちゃ字が汚かった(笑)。

 

参加する前と後

スクラップコンクール案内の紙には

 

「思考力」「判断力」「表現力」を身につける!

 

と書かれていましたが、息子はそこまで到達できませんでした(笑)。

日記は記事を読んで思ったことや考えたこと、感じたことを自由にかくようになっています。

スクラップノートの作り方
  1. 新聞で気になった記事を選ぶ
  2. 切り取って貼る
  3. 記事の感想をかく
  4. 大人からコメントをもらう

 

これ、毎日やってたら相当なトレーニングですよ。

息子はなにを書けばよいかわからないので、記事を選ぶのも一苦労。

そして、疑問に思ったことは思いっぱなし(笑)。

「調べて疑問を解く」ところまでたどり着けませんでしたが、それでもよかったと思っています。

記事を選び、思ったことを書くだけでも頑張ったよね。

 

ゆうゆう的まとめ

図書カードのために自分から言い出した参加。

まとめて3日分書いたり、コメントが適当だったり、汚い字だったり。

スクラップコンクールに提出する日記としては20点くらいでしたが、お手紙や表彰状をいただき、息子はとっても嬉しかったようです。

「次も絶対に参加したい!」

そんな風に子供に思わせてくれただけでも毎小新聞に感謝です。

これからも、購読し続けたいと思っています。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事