ゆうゆうブログ 

美味しい食べ物と子供とお出かけブログ

大阪の真ん中でホタルが見れる!『太閤園』のホタル観賞

大阪の太閤園で子供達とホタルを見てきました。太閤園は大阪城の近くにある結婚式場やレストランを運営している由緒ある施設で、5月から6月にかけて庭園でホタルが見れる事でも有名です。今回子供達にホタルを見せてあげるべく、太閤園へ行きました。

 

2017年度の太閤園の蛍鑑賞は6月25日(日)までなので、ギリギリレポートになりますが、折角行って来たので(笑)来年の参考のためにも読んで頂ければな、と思います♪

 

ホタル鑑賞を太閤園に選んだ理由

 大阪には幾つかホタルが見れる場所があります。

  • 新梅田シティ(梅田のど真ん中)
  • 万博記念公園(吹田。『太陽の塔』が有名)
  • 明治の森箕面国定公園(昆虫館が近くにある)
  • 菅原神社(堺市堺区)
  • 太閤園(大阪城近く)

 この他にも岸和田市の相川町のほたる祭りや泉佐野の犬鳴山でもほたるが見れ、どこに行こうか迷いました。

 

岸和田や泉佐野、箕面などの山間は、未だ車に初心者マークを付けたゆうゆうの運転ではムリと言う事で却下。堺区にある菅原神社は以前行った時に1時間以上並んだ記憶があるので微妙な感じ。(蚊に無茶苦茶刺された記憶あり)

 

新梅田シティはホタル鑑賞期間終了のため選べず、万博公園は近いうちに昼間に遊びに行こうと話していたため、消去法で大阪城にも行ける太閤園になりました。

 

太閤園のホタル鑑賞

太閤園はお庭が8000坪もあるお庭が有名ですが、こちらの庭園で5月中旬から6月にかけてホタルを見る事が出来ます。

f:id:nyuuko:20170619135004j:plain

 ディナーやビュッフェを楽しんだ後に庭園でゆっくりとホタルを見るなんて、とっても素敵ですよね♡でも、ディナーともなると食事のお値段は8,200円からで、結構なお値段です(汗)

 

しかし心配しなくても大丈夫!そんなお値段を出さなくとも、ホタルを見る事は出来ます。

そう、月曜~木曜日は無料なんです!

食事はお家や近隣のレストランで済ませ、太閤園のお庭にホタルだけ見に行く事も可能!嬉しいですよね♪

 

我が家の場合、堺市在住の小学生と幼稚園児のチビッ子連れなので、流石に平日の夜に行く事は難しく、土曜日の夜に行って来ました。

 

金土日のホタル鑑賞の注意点!

平日は無料の太閤園のホタル鑑賞ですが、何と金土日は施設を利用しないとホタル鑑賞をする事が出来ません。金土日のホタル鑑賞には「庭園入場券」が必要なんです。

f:id:nyuuko:20170619141412j:plain

当日は、我が家の特別な記念日だった事もあり、太閤園でディナーをしたかったのですが、何と、結婚式などのパーティーでレストランが使えず。なので、もし記念日やデート等でランチやディナーを考えている場合でも、必ず事前にホテルへ問い合わせした方が良いかと思います。

 

しかし、ランチやディナーが出来なくても金土日にホタルを見る方法があります!それは

 

カフェを利用する事

 

太閤園には『ブリエヴェール』と言うラウンジカフェがあります。食事でなくともケーキやドリンク等の飲食で、「ホタル庭園入場券」がゲット出来ます。ただ、一番安いトマトジュースでも750円なので、覚悟は必要です(笑)

f:id:nyuuko:20170619211008j:plain

 子供達は値段など気にせず、メロンソーダを楽しました。

 

f:id:nyuuko:20170619211041j:plain

 私はホット抹茶オレ。

 

カフェでもお値段はホテル並みですが、関西きっての名士であった藤田男爵が贅と粋を凝らした素晴らしい園庭を眺めながらくつろぐ事が出来るので、まぁ、景観料込みのお値段だと思うと何となく納得出来るような気もします。

f:id:nyuuko:20170619211338j:plain

 

ホタルが見れる庭園

太閤園の庭園は、大変由緒ある庭園で庭園内にある池は「心」の字を配されて造られています。

f:id:nyuuko:20170619211737j:plain

 この築山式回遊庭園は無料で開放されているため、誰でも美しいお庭を楽しむ事が出来ます。

f:id:nyuuko:20170619212500j:plain

 庭園には鎌倉時代の石塔や(古いっ!)

f:id:nyuuko:20170619212830j:plain

 室町時代の石像等(ちょっと怖い)があり歴史の重みを感じます。

f:id:nyuuko:20170619212945j:plain

 

ホタルは上記の石像と、下の写真の川の辺りで見る事が出来ます。

f:id:nyuuko:20170619213113j:plain

 

そして偶然にも、昼間にホタルを見つけてしまいました!

f:id:nyuuko:20170619213228j:plain

もう随分弱っているようで、石像近くの石畳の上をゆっくりと歩いていました。

大きさは親指の爪位。結構大きくてビックリ。

この綺麗でも何ともない虫が、夜にもなると美しい幻想的な光を灯すんだなぁ、と思うと何だか不思議な気持ちになりました。

 

ホタルが見れる時間と込み具合

太閤園のHPではホタルの鑑賞は「日没~22時」となっています。ホタルは9時ごろに活発に動く、と聞いたのですが、私たちは8時過ぎに訪れました。我が家の7歳と4歳にはこれがギリギリラインの時間です。

f:id:nyuuko:20170619211654j:plain

 入口では虫よけスプレーが置かれており、自由に使用できます。蚊が沢山いるので助かりました。

 

土曜日の夜だったので、ある程度の混雑を覚悟していたのですが非常に空いており、全く待つ事なく直ぐに入場できました。日や時間によって、込み具合は変わりそうですが、金土日は施設利用者だけなので、平日に比べると意外と入場者数は少なくなるのかも知れません。

f:id:nyuuko:20170619213545j:plain

ホタルの光は本当に美しい物でした。小さな光が浮かんでは消え、何とも幻想的です。人工的な光とは全く違うその優しい光に、心が癒されるようでした。

 

その他

この時期、ホタル鑑賞入口の手前には「縁日コーナー」があります。我が家は帰りが遅くなるので立ち寄りませんでしたが、 くじ引きや射的などのゲームもあり、子供連れの方々が楽しんでいました。

 

太閤園のホタル鑑賞の感想

蛍の鑑賞エリアはごく一部でしたが、そこそこの数のホタルを見る事は出来ました。

数はと言えば、おそらく堺市の菅原神社の方が沢山いたかと思います。けれども菅原神社は通り抜けで、立ち止まる事が出来ません。

 

太閤園のホタル鑑賞は待ち時間がなく、ゆっくりと見れたのでとても満足でした。

子供達も「あそこにいる!」「ここにもいる!」と大興奮。他にも沢山の子供連れの方がいました。ホタルの時期はもう終盤に近付いているためか、飛んでいるホタルより、とまって光っているホタルの方が多かったです。

 

太閤園のホタル鑑賞は2017年は今週末6月25日(日)までとなっています。もし興味のある方は、是非とも行って見てくださいね!

 

 【太閤園の基本情報】

【住 所】大阪市都島区網島町9-10

【電話番号】06-6356-1110

【営業時間】レストラン等施設により異なる

【駐車場】80台(無料)

【アクセス】

・JR 東西線大阪城北詰駅(3 号出入口)より 徒歩 1 分
・京阪京橋駅(片町口)より 徒歩 7 分
・地下鉄長堀鶴見緑地線京橋駅(2 番出口)より 徒歩 5 分

 

//トップに戻るボタンの設定
//トップに戻るレンジの設定