ゆうゆうブログ 

子育て、遊び場、食事など「子供と一緒」を楽しむブログ

簡単に出来る『ひんやり冷たいババロア』のレシピをご紹介

f:id:nyuuko:20180627104914j:plain

ひんやり冷たいババロアを作りました。

ババロアって何となく「特別なお菓子」の様な気がしますが、実は火加減さえ気を付ければ簡単に出来るお菓子なんです。

しかも、材料は生クリームさえ買えば、殆どの方の家にある物で作れる!

それでは簡単に出来る、ひんやり冷たいお菓子『ババロア』の作り方、行って見ましょう♪

 

『ババロア』の材料

f:id:nyuuko:20180627101624j:plain

シンプルな材料ですが、これだけで美味しいババロアが出来ちゃいます。私は果物は家にあったキウイとサクランボを使用しました。

大体この分量で、ココット6個分くらいになります。

 

『ババロア』の作り方

【準備】

 ゼラチンを大さじ3の水に入れ、15分以上置く。

【作り方】

1)ボールに卵黄と砂糖を入れ、よく混ぜる。

f:id:nyuuko:20180627104504j:plain

2)牛乳を鍋に入れ、沸騰寸前まで温める。

f:id:nyuuko:20180627104524j:plain

3)①に②を少しずつ加え、都度よく混ぜる。

f:id:nyuuko:20180627104547j:plain

4)③を鍋にもどし、中火にかけ、ゴムベラで絶えず混ぜながらトロミを付ける。★

5)トロミが付いたら直ぐに火からおろし、準備していたゼラチンを加えて、完全に溶けるまで良く混ぜる。

6)氷水にあて、トロミが付くまで冷やす。

f:id:nyuuko:20180627104613j:plain
f:id:nyuuko:20180627104757j:plain

7)⑥に生クリームを加え、よく混ぜる。

8)好きな型に流しいれ、ラップをして冷蔵庫で2時間程冷やす。

9)お好みの果物をトッピングして出来上がり♪

 

ポイント

  1. ★グツグツ煮立てる事はせず、必ず絶えずゴムベラで混ぜて下さい。卵黄がダマになって固まってしまうと大変な事になります(笑)。
  2. もし、少しダマになってしまっても大丈夫!目の粗いこしきで漉せば滑らかな食感に出来上がりますよ! 
  3. ババロアの中に果物の缶詰も入れても美味しいです。その場合は型の中にあらかじめ缶詰を入れ、その上からババロアの生地を注いで冷やし固めて下さいね!

 

ゆうゆう的まとめ

暑い時や、風邪などで食欲がない時は喉越しの良いおやつが美味しく感じますよね。

ババロア作りは火を使うのが少し面倒に感じるかも知れませんが、それ以外はいたって簡単に出来るのが魅力。

ひんやりした滑らかな食感は、夏だけでなく、食後のデザートにもピッタリですよ。

皆様も機会があれば作ってみて下さいね~

 

ゆうゆうでした。