ラズベリーチーズケーキ

ラズベリーチーズケーキを作りました。

可愛いピンクのこのチーズケーキは、冷凍のラズベリーとクリームチーズがあれば簡単に作れます。

生クリームのかわりにヨーグルトを使っているので、ヘルシーで罪悪感なく食べれるのが嬉しいケーキです。(笑)

それでは今日は、ラズベリーチーズケーキの作り方、行って見ましょう!

スポンサーリンク

ラズベリーチーズケーキの材料

ラズベリーチーズケーキの材料

写真では板ゼラチンが写っていますが、板が足りずに粉ゼラチンを使っています。

 

ラズベリーチーズケーキの材料(15㎝型)

【レアチーズケーキ】

  • クリームチーズ 200g
  • グラニュー糖 50g
  • プレーンヨーグルト(無糖)1/2カップ
  • レモン汁 小さじ1
  • 粉ゼラチン 5g
  • 水 大さじ2
  • 牛乳 大さじ1

 

【ラズベリーのピューレ】

  • ラズベリー(冷凍) 60g
  • グラニュー糖 大さじ1

 

【ビスケット生地】

  • バタービスケット 6枚
  • バター(食塩不使用)15g
  • 牛乳 小さじ1

 

【その他】

  • ラズベリーとミント(飾り用)

 

スポンサーリンク

ラズベリーチーズケーキの作り方

準備

  • クリームチーズ、バターは室温において柔らかくしておく
  • 耐熱容器に粉ゼラチンと水大さじ2をいれふやかしておく

 

作り方

1)ラズベリーにグラニュー糖をかけてレンジで1分加熱し、ザルなどで裏ごししてラズベリーピューレを作る。

 

2)ポリ袋にビスケットを入れ、粉々にする。

ビスケットはビニール袋に入れて棒でたたいて粉々に

 

3)溶かしバターと牛乳を1の袋に入れ、手でもむ。

 

 

4)型にビスケット生地を入れ、手で押しながら均一に広げる。

ビスケットを型にしきつめる

 

5)ボウルにクリームチーズを入れ、泡だて器で混ぜる。
6)柔らかくなったクリームチーズにグラニュー糖を入れ、さらによく混ぜ合わせる。
7)クリームチーズにヨーグルトとレモン汁を入れる。
8)ふやかしていたゼラチンをレンジで20秒加熱し、クリームチーズ生地に入れてよく混ぜ合わせる。

ふやかしたゼラチン

9)8の生地150gをピューレのボウルに取り分ける。

クリームチーズ生地150gをピューレに取り分ける

10)残った生地に牛乳を混ぜ合わせ、型に流しいれる。

クリームチーズ生地に牛乳を入れ型に流す
11)10を冷蔵庫で5分ほど冷やし、その間にピューレと残りの生地をよく混ぜあわせておく。

12)冷やしておいたクリームチーズの上からラズベリークリームを流す。

型にラズベリーピューレを入れる

13)冷蔵庫で1時間ほど冷やし固め、型から取り出してラズベリーやミントなどで飾りつける。

2層になったチーズケーキの断面

 

できあがり!

ポイント

  1. 土台のビスケット生地は細かく砕いた方が型に敷き詰めやすいです。
  2. プレーンのクリームチーズを冷蔵庫に置く時間はラズベリークリームチーズを作ったり、洗い物等をしたりしている短い時間で大丈夫です。
  3. 型からスムーズに取りたい時は温めたふきん等で型を一度温めてから抜くと取りやすくなります。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

チーズケーキはバターも土台部分にしか使っておらず、小麦粉なども不使用なため糖質が気になる方も食べやすいデザートです。

私は昨年、糖尿病予備軍と健診で診断され、外出先でのデザートを一時期チーズケーキばかりにしていました(笑)

作り方は実に簡単で、クリームチーズを柔らかくし、どんどん材料を投入して混ぜるだけなので失敗することはまずなし!(と思う:笑)

楽で、簡単で、ちゃんとしてみえる。

材料さえあれば手軽にできるので、皆様も機会があれば作ってみて下さいね~

 

ゆうゆうでした

スポンサーリンク
おすすめの記事