pickup

ラグの上で子供が遊んでいる

ゆうゆうです。

皆さんのご家庭ではラグや絨毯を部屋にひいていますか?我が家では夏を除き、リビングだけラグをひいています。

息子は限りなくアトピーに近い乾燥肌で、赤ちゃんの時から定期的に皮膚科へ。その上扁桃腺が弱いのでダニや埃にも敏感。

本当はラグをひかない方が良いのは分かっているのですが、床暖房がない我が家ではラグがないとちょっと辛い。

なので、ここ数年は洗濯機で洗えるタイプのラグを、約2年おきに購入しています。

なぜ2年おきかと言うと、

白い粉

が出てくるから。

白い粉の正体は、ラグの表地と裏地をくっつけている糊(接着剤)。
見たことないですか?あの白いヤツ。ホットカーペット対応のラグは劣化してくると、糊が剥がれ落ちて来るんです。

ゆうゆう
皮膚に入ったり、器官についたりして息子はスグにやられてしまうやんか~!

と言う訳で、粉が出て来たら直ぐに買い替えるようにしている私。そろそろラグが痛んで来たので先日新しいラグを購入しました。

毛がマイクロファイバーでモフモフしており、ウレタンも入っているので踏むと足跡が残って子供達が大喜び!

そして、親も喜んで思わず「おしりたんてい」の絵が描く始末(笑)

おしりたんていを描いたラグ

スポンサーリンク

子供がいる家庭でのラグ選びのポイント

ラグ選びのポイントとしては次の5点を重点的にチェックしてから購入しています。

  1. 洗濯機で丸洗い出来る。
  2. ホットカーペット対応
  3. 短めの毛のもの。
  4. ある程度の厚みがある。
  5. 4,000円以下の安い物。

 

洗濯機で丸洗い

とにかく洗うのが一番清潔。間違いなし!

もし掃除機でダニを吸い取るなら、1㎡あたり20秒を目安に掃除機を掛けます。昔アレルギー講座を受けた際に、保健センターの方がおっしゃってました。

いや、なんぼ私が専業主婦でもそんなユックリとはかけられへんで

と思う程、スローに、丁寧に、掃除機をかけなければいけません。

そんな事毎日やってられないので、私は普段はザ~ッと掃除機をかけ、たまに洗濯機で丸洗いするスタイルを取ってます。綺麗に洗って、日光の下で干しサッパリ!

ホットカーペット対応

我が家は床暖房がないので、冬場はホットカーペットをラグの下にひいています。なので、ホットカーペット対応の物をチョイス。

 

毛並みが短い物が良い

毛が長いと、掃除機でゴミを取るのが難しくなります。洗濯機で洗うこともあるけど、それは汚れが気になった時だけ。

なので出来るだけ埃やダニをため込まないような短めの毛を選ぶようにしています。

本当は、映画の中に出てくる富豪が敷いてるような、フッカフカのラグをひいてみたいんですが・・・。

 

ある程度の厚みは安全面からも必要

厚みがあると暖かいですし、クッションがあって心地よいです。

けれどもそれだけではありません。

生地が薄いと床から離れやすいんです。なので子供は床とラグの間に足を引っかけそうになります。

以前大きめのラグを購入したのですが「大きいけど洗濯機で洗える=薄い生地」だったため、数回洗うとペロンペロンで何度も子供達が足をひっかけて危ないことになっていました。

 

安い方が買い替えやすい

私は「長くても2年使えば良い」と割り切っているので、予算を4,000円までと決めています。

別にメーカーも何もこだわりはなく、書いた5点を満たせばOK。

6月~9月の3か月間はラグは使わないので、1年に使用する期間は9か月。2年で18カ月。大体1か月222円。1日だと7円位。2年に1度買い替えてもおしくない金額です。

これがこだわりのお洒落なラグだとそうはいきません。絶対になかなか買い替えない(笑)

「質の良い物を長く使う」考えは好きですが、アレルギーから子供を守る方が今の私にとっては最優先。なので当分はこのスタイルを取る予定です。

 

ジョイント式マットの盲点

息子がまだ赤ちゃんだった頃、コルク性のジョイント式マットをひいていた時期がありました。が、このジョイントマットには実は大~きな落とし穴があります。

それは、マットとマットの間に微妙な隙間が出来ること!

週に1度は全てのマットをどけて床に掃除機をかけていたのですが、毎回隙間から落ちたゴミや埃が大量に落ちていました。

それはもう、恐ろしいくらい(笑)

それでもヨチヨチ歩きの時はしょっちゅう転んだりしてたので「怪我をさせない」と言う点では重宝していました。

アレルギー等が気になる方は小まめにマットの下まで掃除し、子供がしっかりと歩けるようになってから洗えるラグに替えても良いかも知れませんね。

 

5点ポイントを網羅したラグ

なごみのラグ

正直どこのメーカーの物でも良い私。

毎回違うメーカーの物を購入していますが、今回購入したなごみ 洗えるラグはなかなか良かったので、2年後も同じ物を買おうかなぁ、と思っています。

ラグの裏

【裏面】
裏面が不織布に滑り止めが付いています。滑り止めがないと、フローリングの上でズレまくってしまうので、結構好ポイント。

以前のものは滑り止めがなかったので、ホームセンターで滑り止めをわざわざ買って付けてました。そうしないとしょっちゅうラグが斜めって毎回ひっぱって治すハメに。

滑り止めは後で付ける事も出来るので「ラグ選びの絶対」ではないけども、最初からあると嬉しいです。

ラグの厚み

【厚み】
厚みも中材のウレタン部分が6mm。毛足が5mmあってマズマズでした。ウレタンなので、踏むと足型が残ります。

子供達は四つん這いになって

ライオンだぞぉ~

息子
イエティだぞぉ~

などと言ってしばらく遊んでました。

 

【毛】
マイクロファイバーなので、触ると毛先の方向が変わり、濃く見えたり、薄く見えたりします。気付いたら、夫がお絵かきしてました(笑)

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

子供がいると、ケガさせない様に、音がしないように、と色々敷物について考えると思います。

一番大切なのはケガさせないことですが、それと同じ位アレルギーから子供を守るのも大切。

特にアトピー性皮膚炎の子供は喘息になりやすいのでダニや埃には特に注意が必要、と皮膚科の先生に言われています。

でも正直言って、あまり神経質に掃除ばかりやってられない。

なるべく自分自身の負担は少なく、かつ清潔に保てるよう色んな工夫をしていきたいと思っています。

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事