pickup

メルボルンサマセットホテル

メルボルンで市内中心部にあるサマセット オン エリザベスと言うアパートメントホテルに6泊しました。

メルボルンは沢山宿泊施設があるため選ぶときにずいぶん迷うと思います。私もかなり迷いました。

私が選んだ絶対条件は次の3点。これを基本とし、他の条件を加味して選びました。

  1. 移動しやすく便利な場所
  2. Wi-Fi環境が整っている
  3. 洗濯機がある

「これだけは絶対に譲れない」と思うものを決めておくと、宿選びしやすくなると思います。

それでは、私達家族が宿泊したメルボルンの宿「サマセットオンエリザベス」を全力でレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

オーストラリアで主流のアパートメントホテルとは?

サマセットオンエリザベスのロビー

アパートメントホテルとはアパートとホテルの良いとこ取りができる宿です。

分かりやすく言うと、

 

  • アパートのようにキッチンや洗濯機などがそろっていて完全に自炊できる
  • ホテルのように部屋を掃除してくれたりフロントがあって色々相談できる

 

オーストラリアではアパートメントタイプの宿泊施設が主流ですが、ホテルの良いところもあるアパートメントホテルは本当におすすめですよ。

 

『サマセット オン エリザベス 』の良かったポイント5つ

宿泊して良かったポイント5つをあげてみました。

  1. 市内の中心地にあり便利
  2. 毎日清掃があり清潔
  3. 部屋が独立している
  4. Wi-Fi環境が良い
  5. DVDの無料レンタル

私達は2ベッドルームの部屋を予約しましたが、室内はとても広々としており快適でした。

 

1市内の中心地にあり便利

立地がメルボルン市内の中心部にあり、移動や買い物に滅茶苦茶便利でした。

メインストリートのスワンストンストリートに面しているためトラムの乗り場が近かったり、有名なロイヤルアーケードも近くにありました。

また隣のビルは2014年にできたメルボルンを代表するショッピングセンター、エンポリウム・メルボルン(Emporium Melbourne)で、雨に濡れることなく行き来できました。

エンポリウム・メルボルン

オーストラリアブランドで日本でも人気のイソップ(Aesop)(コスメ)や、日本では知られていない紅茶専門のお店T2も入っていてお土産探しに最適。

1階にはユニクロもありました。なんかオーストラリアで見ると、カッコイイしゃれたお店って感じでした(笑)。

 

QVショッピングセンター

その他にもデパート(メイヤー)があったり、Woolworthsなどスーパーマーケットが入っているQVも近くにあって本当に便利でした。

メインストリートに面しているため賑やかすぎるかと心配しましたが、私達が滞在した8月は静かで居心地よかったです。

街の中心部だったので安全面が少し心配でしたが24時間オープンのフロントがあり、鍵はカードキーでエレベーターにカードキーを入れないと動かないようになっていました。

セキュリティー面でも安心して宿泊できましたよ!

 

2毎日掃除してくれて清潔

部屋は毎日ゴミを捨て、掃除機をかけ、シーツを変えてくれます。

ケアンズの宿では掃除は自分でしなくてはいけなかったので本当にありがたかったです。

宿の口コミでは「掃除がいきとどいていない」などと一部の人が書いていましたが、一流ホテルでもないので完璧は難しいかも知れません。

お風呂の浴槽なんかは掃除してなさそうでしたが、海外なのでそんなものかも知れません。やや潔癖症気味の私が気になるほどではなかったです。

 

3 部屋が独立している

2ベッドルームだったのでリビングの他に2部屋ありました。

ちゃんと扉もついており、静かに眠ることが出来て大満足。

特に子供達は

息子
ここは子供部屋やで

入ってこんといてな!

と2人で閉じこもって秘密基地代わりにしてました。

それにくわえ、台所と洗濯機、シャワー室が玄関近くにあったため、夜寝る前に食洗と洗濯をしても音は気にならなかったのもポイントが高かったです。

 

4Wi-Fi環境が整っている

夫は旅行中も仕事をしていたのでWi-Fi環境が重要。

旅行中はイモトのWiFi を持っていましたが、ホテルでは無料のWi-Fiを利用できたので仕事がしやすかったようです。(部屋も独立してたし)

私も色々な場所をネットで事前に検索できて助かりました。

 

5DVDの無料レンタルがある

DVDを無料でかしだししてくれる

このサマセットに滞在中、毎日のように利用していたのがDVDレンタル。
何もオーストラリアに来てまで・・・と言った感じですが、これが良かった!
日中外出し、部屋へ戻ってきたら休憩がてらDVD鑑賞。子供たちは外でも中でも楽しめて良かったようです。

DVDはハリポタやシュレックなどの日本でもお馴染みの物から、あまり見たことのないような物までありました。

もちろん英語でしたがそこは子供。

全然分からないハズなのにメッチャ笑って見てました。

初日にDVDを借りて見ようとしたのですが何故か上手くテレビに映らず。

ビシッとスーツを着たホテルの人が部屋まで来てくれ、プレーヤーをゴンゴン拳でたたくと直りました。そんなんでエエんや。

 

スポンサーリンク

『サマセット オン エリザベス』の悪かった点

とても気に入ったアパートメントホテルでしたが、悪かった点が1つ。

それは

電化製品が使いにくい

と言うこと。

乾燥機付き洗濯機

ポット、エアコン、洗濯機の使い方がすんごく分かりにくい。今まで見たことのないタイプの物でした。

ホテル側も承知している様で、エアコンと洗濯機の使い方の説明書がありました。でもその説明書と部屋にある実物が微妙に違う(笑)。

何でやねん!!

エアコンに関しては最後の最後まで良く分かったような分からんような感じでした。ちゃんと動いてたから良かったんですけどね。

 

2ベッドルームタイプの室内の様子

玄関に入って直ぐキッチンがあります。

キッチンの様子

 

食洗器も大きく、お皿も調理器具も一通り揃っていました。

お皿やコップ

 

レンジやトースターもあり。

レンジやトースター

 

洗剤やキッチンタオル、ティーパックなども毎日補充してくれます。

食洗機の洗剤やタオル

 

台所すぐそばにシャワーとトイレ、洗濯機の部屋があり、洗濯洗剤も毎日補充してくれました。

トイレや洗濯機のあるランドリー

 

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープもありましたが、たまにシャンプーが2つあってコンディショナーがない日や、ボディーソープばかりの日もありました(笑)。

シャンプーやボディーローションなど

 

キッチン奥のダイニング兼リビングルーム。我が家のダイニングとリビングよりずっと広くて子供たちは大喜び。

ダイニング兼リビングルーム

 

リビング奥のベッドルーム。こちらは夫の寝室兼仕事部屋として使っていました。

夫が使った寝室をかねた仕事部屋

 

もう1つはツインベッドの部屋で、寝るときにベッドを2つくっつけ、子供達たちと私の3人で寝ました。

子供たちと私の寝室

 

この部屋の隣にバスルームとトイレがあり、子供たちをお風呂に入れたり、夜中のトイレにもスムーズに行かすことができて助かりました。

ベッド横のバスルーム

夫と私は子供が寝た後、キッチン側にあるシャワーを使っていました。部屋が離れていたのでシャワーの音で子供たちを起こす心配がなく、本当に良かったです。

 

その他の施設

トレーニングルーム

ホテル内にはトレーニングルームやサウナ、ジャグジーもありました。

トレーニングルーム

もちろん子連れの私達は利用しませんでしたが、オーストラリアのホテルにはトレーニングルームがついていることが多いようです。

運動は生活の一部なんでしょうね。

 

自動販売機

オーストラリアでは飲み物が高いので、基本スーパーで大きなペットボトルを購入していました。

でも万一飲み物がなくなったとき「外出せずとも買える」と思えたのは大きな安心でしたよ。

 

ゆうゆう的まとめ

『サマセット オン エリザベス』宿泊全力レポート、いかがでしたか?

私は便利で使い勝手が非常に良かったので、ここに宿泊して良かったです。

ケアンズではアパートメントとホテルの両方に宿泊しましたが、私はメルボルンで泊まったアパートメントホテルタイプの宿が一番使いやすく快適でした。

旅行のスタイルや家族構成などで、どのタイプの宿がベストなのかは変わってくると思います。色々調べて自分達にピッタリの宿を選んで下さいね!

この記事が、皆さまのメルボルン宿探しの参考になれば、とても嬉しいです。

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事