永楽ゆめの森公園

熊取町の「永楽ゆめの森公園」へ子供たちと行ってきました。

関空近くのこの町の公園に大阪府内最大級の巨大すべり台があり、子供たちも大興奮。

山あいのノンビリした雰囲気の公園で見晴らしもよく、とっても楽しくすごせましたよ。

それでは今日は、「永楽ゆめの森公園」、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

「永楽ゆめの森公園」とは?

関空に近い大阪府熊取町にある公園です。

2015年にオープンした新しい公園で、道を挟んだむかいにスケートボード場があるんですよ。

公園内には巨大すべり台のほかに複合遊具やブランコ、トランポリン(ふわふわドーム)などの遊具があり、芝生広場ではバトミントンをしている家族もいました。

 

永楽ゆめの森公園の基本情報
  • 住所:大阪府泉南郡熊取町大字野田65番10
  • 電話:072-452-7676
  • 開園時間:9:00~17:00(夏季は延長あり)

 

園内の施設

園内には東屋(あずまや)やベンチなどが点在し、座って子供たちを見守ったり景色を楽しんだりできます。ポップアップテントも持ち込めます。

東屋やベンチなどもある

 

手洗い場やトイレもありました。

手洗い場

 

管理事務所もあり、熊取町在住者はここで駐車場の割引を受けることができます。また、授乳室も管理事務所内にあるので赤ちゃん連れでも安心ですよ。

トイレと管理事務所

 

売店について

週末などに不定期でキッチンカーなどが来るようですが、私たちが遊びに行った日は雑貨屋さんだけしか来ていませんでした。

自動販売機はありますが徒歩圏内にコンビニや飲食店はなく、食べ物は持参と思ったほうがいいです。

 

スポンサーリンク

永楽ゆめの森公園へのアクセスと駐車場

永楽ゆめの森公園へのアクセスや駐車場の情報です。

 

永楽ゆめの森公園へのアクセス

車がないと行けません。

アウトレットのあるりんくうタウンからは車で20分ほどです。

  • 泉佐野北I.C.より約20分
  • 上之郷I.C.より約10分

 

 

永楽ゆめの森公園の駐車場

190台の駐車場があります。

2017年までは無料でしたが来園者が多くなったため有料になりました。

ただし、熊取町在住者は2時間半まで無料。

町外利用者も1日とめても平日300円、土日祝500すごく安くて助かります!

 

1日の駐車料金(普通車)
平日 土日祝日
町外利用者 300円 500円
熊取町在住者 2時間30分まで:無料
2時間30分を超えた場合:100円

 

ただ車以外では来れない場所なので週末の昼過ぎには満車になることもあります。早めに遊びに来てくださいね。

 

スポンサーリンク

永楽ゆめの森公園の遊具

それでは遊具のご紹介です!

 

府内最大級のすべり台

巨大すべり台

 

見た瞬間、

ゆうゆう
でかっ!

とつぶやいてしまったほど大きなすべり台です。

 

怖いくらいの大きさですが、すべり台は比較的ザラザラしており、思ったほど滑らないようになっています。

 

上から滑るのを見たところ

シートなどを使うとスピードが出るため、使用を禁止されています。

 

滑り口までは階段のほかに丸太や、

丸太の登り口

 

クライミングの斜面でのぼります。

クライミングの斜面

どの子供たちも何度も何度も滑っては登っていました。スゴイ体力!

 

フクロウの複合遊具

山の斜面の複合遊具

すべり台を登ったそばに複合遊具があります。

遊具には小さなすべり台やネットが沢山はられており、なかなか遊びごたえがあります。

 

綱渡りをする娘

綱渡りなんかもあり楽しいですよ。

 

タイヤのぼり

タイヤ登り

複合遊具よりもう少し上にタイヤのぼりがあります。

この上には「見晴らしの丘」やダムへ降りる道くらいしかないので、遊んでいる子供はほとんど見ませんでした。

 

複合遊具(幼児用)

幼児用の可愛い遊具です。

幼児用複合遊具

小さいながらもすべり台や階段などあり、ちびっ子たちが楽しそうに遊んでいました。

 

ふわふわドーム

ふわふわドーム

すべり台と同じくらい人気があるのがこの「ふわふわドーム」。

靴を脱いでふわふわしたドームの上でぴょんぴょん跳ねて遊ぶ遊具です。

とにかくスンゴイ子供たちが跳ねる。

思わぬ反動があったり、ぶつかったりするので「6歳未満の子供が利用する場合は大人がつきそって下さい」と書かれていました。

 

ユニバーサルブランコ

ユニバーサルブランコ

円状になったブランコで、ネットの上にすわるようになっています。

円の中心に向かってこぐので、何だか仲良しさんたちのような絵になり可愛いです。

 

オクテトラ

オクテトラ

彫刻家のイサム・ノグチ氏がデザインした遊具です。

中に入ったり、よじ登ったりして遊べます。

 

プレイスカルプチュア

プレイスカルプチュア

これも彫刻家のイサム・ノグチ氏がデザインした遊具。

子供たちは「ドーナツ」と呼んでました。

 

スネイクジャングル

スネイクジャングル

蛇のようにクネクネしたジャングルジムです。面白い形ですよね。

 

見晴らしの丘と永楽ダム広場

すべり台より少し上った場所に「見晴らしの丘」と「永楽ダム広場」への散策路があります。

 

見晴らしの丘

関空や六甲山まで見える「見晴らしの丘」がすべり台からちょっと登った場所にあります。

 

見晴らしの丘からの風景

東屋とベンチがあるだけで広くはないですが、景色はいいですよ!

 

永楽ダム広場

山をおりると永楽ダムがあります。(めちゃ階段があります)

 

永楽ダム

「広場」となっていますがそれほど広いわけでもなく、目の前にダムがあるだけなので小さな子供はあまり興味がないと思います。

ただ桜の木が沢山あったので「春はこの広場でお花見する人がいるのかな?」と思いました。

周辺はハイキングコースになっており、ハイカーたちの姿をちょこちょこ見かけましたよ。

 

ゆうゆう的まとめ

高低差があるのでとても見晴らしがよく、子供を見守りやすい公園です。

私たちは犬鳴山へ遊びにいった帰りに寄ったのですが、思わぬ楽しい遊具があったため子供たちは2時間ぶっ通しで遊び、帰りの車の中では爆睡していました。

春は桜、秋は紅葉と山の景色も楽しめる永楽ゆめの森公園。

この記事が参考になれば嬉しいです!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事