pickup

焼きりんごのアイス添え

焼きりんごを作りました。

作り方はとっても簡単。りんごの芯をスプーンでくりぬき、砂糖とバターをつめこんだらオーブンに入れるだけ!

40分ほどオーブンで焼きますが、放置するだけなので手間は全くかかりません。

今回はレーズンと胡桃をいれましたが、なくても美味しくできます。

それでは冬の特別なおやつ「焼きりんご」の作り方、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

焼きりんごの材料(4人分)

焼きりんごの材料
焼きりんごの材料(4人分)
  • りんご 4個
  • バター 40g
  • 砂糖 大さじ4

 

【なくても良いけどもしあれば】

  • レーズン 適量
  • ラム酒やブランデーなど 適量
  • 胡桃 適量
  • シナモン 適量

 

【あったら美味しい】

  • アイスクリーム

りんごは紅玉が手に入れば一番美味しくできますが、なければ紅玉以外のりんごでも大丈夫です。

 

焼きりんごの作り方

【準備】

    1. レーズンを茶こしなどに入れ、サッとお湯をかけて油をおとす。ラム酒などがあればラム酒につけておく。
    2. 胡桃を手でつぶして小さくしておく
    3. オーブンを180度に余熱しておく
    ブランデーに漬けたレーズンと胡桃
    レーズンをラム酒に漬けると風味がつきますが、小さなお子さんが食べる場合は焼いてアルコールが飛ぶとはいえ、お酒は使わないほうが良いと思います。
    我が家は7歳と9歳の子供がいますが今回ブランデーに漬けたレーズンを使いました。りんごの芯をくりぬいている間だけ漬けたのですが、結構アルコールの味がしました。
    2人とも全然平気みたいでしたけど(笑)。

    【焼きりんごの作り方】

    1)りんごを綺麗に洗い、包丁などで芯部分を切ってからスプーンでくりぬく。ポイント1

    りんごをくりぬいた様子

     

    2)皮がはじけないように、フォークなどで皮部分に数か所穴をあけておく。ポイント2

    3)くりぬいた部分に砂糖、レーズン、胡桃、バターをいれる。バターは一番上になるように。

    バターが一番上

     

    4)耐熱皿に入れ、180度に余熱したオーブンで40~50分焼く。

    5)耐熱皿にでたりんごの汁をスプーンなどでりんごにかける。

    6)シナモンをふりかけ、アイスをそえる。

     

     

    完成です!

     

    作り方のポイント

    ポイント1

    最初の包丁でくりぬく部分を切っておくと、スプーンで作業しやすくなります。底がぬけないように注意!

    りんごの底

    ポイント2

    フォークは軽く、突き抜けないように皮の表面に穴をあけてください。突き抜けると崩れやすくなります。

     

    スポンサーリンク

    ゆうゆう的まとめ

    紅玉の季節には、いつも焼きりんごを作りたくなります。

    アツアツのりんごに冷たいアイスをそえれば、それだけでとっておきのデザートのできあがり!

    焼きあがったりんごがちょっと崩れても、なんの問題もありません。

    皆、ニコニコの笑顔で食べると思いますよ。

    とっても簡単なので、皆様も機会があれば作ってみて下さいね。

     

    ゆうゆうでした

    スポンサーリンク
    おすすめの記事