リゾナーレ八ヶ岳イルマーレの入り口

リゾナーレ八ヶ岳のプール『イルマーレ』

宿泊者だけでなく日帰りの方も利用もできる楽しいプールです。

しかも当日中なら再入場できるので、途中でピーマン通りに行ったり、他のアクティビティもできたりして一日中遊べると思いまよ!

今日はリゾナーレ八ヶ岳『イルマーレ』の料金や混雑状況、宿泊者特典などを詳しくご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

イルマーレの料金

料金はシーズンや日帰り利用者、宿泊者などによって分かれています。

表にまとめてみました。

大人 子供(4歳~小学生) 子供(3歳以下) 子供(2歳以下)
日帰り 2,000~3,800円 1,000~1,900円 無料
山梨・長野県民優待
(除外日あり)
1,000~1,050円 500円~550円 無料
宿泊者 1,500円 750円 無料
プール付き宿泊プランは滞在中無料

 

日帰りの料金幅がものすごい(笑)

G.W.や夏休み中の日帰り利用の料金が一番高くて大人3,800円で子供1,900円。この期間中は山梨・長野県民の優待もなし。

一番混雑する時期なので、料金を高くして入場者をある制限してるのかも知れませんね。

ただ16時以降の入場は大人2,400円、子供1,200円となるので、21時まであいている夏は夕方からの入場でもよいかもしれませんねよ!

繁忙期以外は大人2,000円、子供1,000円ほどなので極端に高い金額ではないと思います。

私たちはプール付きプランで宿泊したので、滞在中に行った2回とも無料でした。

リゾナーレのプールは同日であれば再入場ができるので一度でてピーマン通りでランチしてまた入る、なんてこともできますよ~。

リゾナーレ八ヶ岳のピーマン通り

 

イルマーレの営業時間
  • 平日(繁忙期のぞく)10:00~19:00
  • 土日祝 9:00~21:00
  • 繁忙期(夏休みなど)8:00~21:00

*10時までは宿泊者限定

 

スポンサーリンク

イルマーレの混雑状況

受付の方に聞きましたが、やはりお盆や夏休みは混雑するそうです。

それにランチ後の時間帯も混むそう。

 

ゆうゆう
食事をすませてから行こう

と思うのは皆一緒ですね。

私たちは朝の8時から10時までと15時半~17時過ぎまで利用しましたが、日帰り利用者は15時半ごろの入場を制限されていました。

 

宿泊者の特典はプール貸し切り

イルマーレのメインプールの様子

 

宿泊者のプール利用最大の特典は、やはり

朝のプール貸し切り!

8時から10時までは宿泊者だけしかプールに入ることができません。

子連れ泊り客のほとんどが遊びにきている感じでした。

しかも、1時間毎にある10分間のビックウェーブも、9時のウェーブは通常の倍時間の20分もあって長い!

基本的にこの時間はほぼ子連れのファミリーオンリーに近いので気兼ねなく楽しめました。

 

スポンサーリンク

イルマーレのプールの設備

レンタルできるもの

レンタル表一覧

 

一通りのものがレンタルできるので、手ぶらでも大丈夫です!

レンタル品 料金
無料 ビート版、スコップなどのおもちゃ、スイムベスト なし
有料 ボール 300~400円
浮き輪 400~500円
チューブ、バナナボート 700~900円
アームリング 500円
水着 500円

 

無料のおもちゃは小さな子供のボールプール専用の遊具です。ビート板も無料で嬉しい。

無料で貸し出ししてくれるビート版やバケツ

 

有料の浮き輪はサイズも豊富で、カラフルなものがそろっていました。

有料の浮き輪なd

 

水着のレンタル場所だけプール入り口の受付になります。チラッと見ましたが可愛い水着ばかりでしたよ~。親子でお揃いコーデなんかもできるので「レンタルしてもよいかな?」と思うくらいでした。

レンタル水着

 

レンタルに抵抗がある方は販売もあります。こちらは意外と普通の水着。なんで?(笑)。

販売されている水着など

 

更衣室にあるもの

更衣室は撮影禁止だったので写真もありませんが、次のようなものがありました。

更衣室にあったもの
  • シャンプーやボディーソープ(ベビーソープも!)
  • 化粧品(クレンジング、化粧水など)
  • 脱水機(水着専用)
  • ベビーベッド

水着専用の脱水機はシャワールームのすぐそばに1台あるのですが、1台しかないのでちょっと混雑します。2台は欲しい!

 

プール内にあるもの

たいていのモノががそろっていました。

メインプール前にはかなりの数のベンチがあります。2階にはソファもありました。

ベンチやソファのようす

 

トイレもメインプールのそばにあるので直ぐに行けます。出入口にシャワーがあるので衛生的。

プール内のお手洗い

 

タオルは「これでもか!」と言うほどあちこちに大量に用意されています。

大量のバスタオルがあちこちにある

 

ゆうゆう
洗濯が大変そう~

 

と思う私は旅先でも主婦目線・・・

また、プールで泳ぐだけでなく、ドリンクなどを飲みながらゆっくりと過ごせるようになっています。

プール内にあるカフェ

 

無料のお水のほかに、お酒もおいてあったけど、酔っ払いの人とかでないのかな?

ビールや缶酎ハイなどのお無料の水のほかに酒も販売されていました

 

ちゃんとテーブルもあり、このエリアで飲食を楽しむことができますよ!

カフェエリアのテーブル席

 

水遊び用のパンツ販売もある

赤ちゃんのおむつでのプール入水は禁止されていますが、水遊び用のスイミングパンツを着用していれば入れます。

万一持ってくるのを忘れても、ちゃんとプール受付付近で販売されているので安心ですよ。

販売されているスイミングパンツ

ちっちゃな子供のプールデビューも、スタッフが多く、浅いプールや水遊びエリアのあるイルマーレなら安心だと思います!

 

現金をプールに持ち込む必要がない

とてもよかったのが現金をプールに持ちこむ必要がなかったこと。

ロッカーキーを見せるだけでレンタルや買い物ができるんです。支払いはプールからでたあとに受付ですませます。

プールに現金を持ってくると、誰かがお金を管理しなくちゃいけない。

でも、この方法だとお金の心配をせずに皆プールに入れる。

とっても良いなぁ~、と感動しました。

宿泊者は部屋付けにし、チェックアウト時に支払うこともできますよ!

イルマーレにはいろんなプールがある

イルマーレ内には大きなプールから幼児用のプールまで色んなプールがありました。

 

キッズエリアが可愛くて楽しい!

可愛い森をイメージしたキッズエリア

 

特に2018年の7月にリニューアルしてできたキッズエリアが可愛く、小4と小2の子供たちは大きなメインプールとキッズエリアを行ったり来たりしていました。

色も優しいグリーンで、水が豊富にある森の中で遊んでいるようでした。

かわいらしい噴水や、足で地面をふんで水をだす遊具もあって、と~っても楽しそう! わが子たちは特に滑り台やミニスライダーが楽しかったようで、滑る滑る。(身長制限あり)

噴水や滑り台

 

この滑り台エリアだけに3人ものスタッフがいました。

メインエリアもそうですが、プールにはかなりの人数のスタッフがいます。 子連れがほとんどなので事故のないように細心の注意を払っているんでしょうね。

でもまず、親が目を離さないことが大前提ですよね。

 

 

メインエリアはビックウェーブがお楽しみ

メインエリアの様子

 

一番広いメインエリアには1時間毎に10分間の波が出現します。

これが、結構迫力があって楽しい!

皆、波に乗ろうと波に突き進んでいく姿に

 

ゆうゆう
どこの海の荒くれ者やねん

 

と思った私です。

プールの両サイドは波が非常に激しくなるためスタッフの方が入場を制限していましたが、息子は制限ギリギリの場所まで行ってより激しい波を求めていました。

小4も、スリルが欲しいのね。

 

ボールプールエリアは小さな子供向け

ボールプールの様子

 

メインプール横に沢山のボールが入ったプールもありました。

ここは特に小さな子供向けのようで、しばらくすると沢山のちびっ子たちがスコップやバケツを持ってこのプールに入っていました。

水位も浅く、幼児向けなのでホノボノとした感じです。

 

野外ジェットバスもあるらしい

私は気づかなったのですが、野外ジェットバスもあるそうです。

ちびっ子たちがいた半分野外のようなエリアかな??

プールは夜の21時まで営業しているので、星空を見ながらプールに入るなんてちょっとロマンティック~。

まぁ、我が家の場合はその時間は普通にお風呂に入って寝てるだろうけど・・・。

 

ゆうゆう的まとめ

リゾナーレ八ヶ岳のプール「イルマーレ」。

子連れにめちゃおすすめです!

波があって、遊ぶエリアがあって、ゆっくりと座れるベンチがあって、子供も大人も大満足でした。

スタッフの方も多く、入場料が高めとあってか無茶苦茶するような?若者もおらず、和気あいあいとした雰囲気で楽しめましたよ。

近ければ、しょっちゅう行きたいくらい。

リゾナーレの近くまで来たら、ぜひとも遊びに行ってみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事