pickup

紙カフェ看板

堺の紙雑貨のお店「紙カフェ」へ行ってきました。

仁徳天皇陵にちなんだ古墳グッズもおいているので、見てるだけ楽しいです。

もちろんカフェもあるのでお茶や軽食だって楽しめちゃうんですよ~。

それでは今日は、紙雑貨のお店「紙カフェ」をご紹介したいと思います。

 

紙カフェへの行き方(アクセス)

 

最寄り駅は阪堺線(ちんちん電車)の宿院駅か大小路駅になります。

南海本線堺駅から大小路駅までだと歩いて10~15分くらい。堺東駅からだと20分くらいはかかりそう。

山之口商店街というほとんど人がいない商店街内にあります。

でもこの商店街の中にある八百屋さんと魚屋さんが激安なんですよ~。のぞいたら毎回買いたくなる主婦の私。

あと、歌人の与謝野晶子が幼少期に境内でよく遊んだ開口(あぐち)神社もあります。

紙カフェには駐車場はありませんが、有料駐車場が近くにあるので車でおでかけの場合はそちらをご利用くださいね。

 

スポンサーリンク

紙カフェの店内と雑貨

店内の様子

けっこう狭いです。

お店に入ってすぐ紙雑貨が並んでいます。

マスキングテープや、

マスキングテープ

 

古墳グッズがたくさん並んでいます。こまごました小さなものが多いので、お土産としても買いやすい!

古墳グッズ

 

私は古墳飴を買いました。

古墳飴

見えにくいかもしれませんが、ちゃんと前方後円墳の形になってますよ~。

 

スポンサーリンク

カフェのメニュー

HPにはドリンクしか書かれていませんでしたが、お店にはサンドイッチやトーストもあります。

私はこちらで古墳チャーハンを食べようと思ってきたのですが、作っていた方がお店をやめられたそう。残念~。

カフェは雑貨店の奥の座敷になります。畳なので、なんとなくリラックスできます。

参考までに、メニューの一部をご紹介しておきますね。

カフェメニューの一例
  • コーヒー 400円~
  • ジュース 200円
  • ホットサンドウィッチ 400円
  • トースト 150円
  • プリン 200円

 

ゆうゆう的まとめ

もともと印刷会社の方がかかわっているので、紙に関してはプロ。

かわいかったり、美しかったりと、お店では様々な紙をもちいた雑貨が所狭しとおかれています。

堺オリジナル柄や古墳柄などがたくさんあって、堺愛あふれるお店です。

茶の湯を体験できる「利晶の杜」にも近いので、堺に遊びに来たらぜひとも立ち寄ってみてくださいね。

今度は久々に子供たちを連れて行ってみよっと。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事