世界3大墓の仁徳天皇陵

世界遺産の仁徳天皇陵へ行ってきました。

エジプトのピラミッド、中国の秦の始皇帝陵とならぶ世界三大墓の1つで、社会の教科書にものっていますよね。

目の前にある大仙公園内には博物館もあり、仁徳天皇陵古墳をより詳しく知ることができますよ。

今日は、仁徳天皇陵古墳の内部や謎について、ご紹介しますね!

 

スポンサーリンク

仁徳天皇陵の内部は見れる?

残念ながら、内部は見れません。

宮内庁からの通告

ガッカリですよね~。

実は仁徳天皇陵は宮内庁が管理しているので見学は外からだけ。

中は一切見れません。

そのかわり堺市博物館へ行けば大型スクリーンで築造当時の仁徳天皇陵古墳を見ることができます。私も観ましたが、面白かったです。

仁徳天皇陵から博物館へは徒歩10分もかからないので、ぜひとも寄ってみてくださいね!

 

スポンサーリンク

仁徳天皇陵古墳の様子

外から見ると完全に丘です。

周りも柵で囲われていて近づくこともできません。

仁徳天皇陵は柵で囲われている

 

古墳は池で囲まれており、魚や水鳥がいて牧歌的。

仁徳天皇陵は周囲を池で囲われている

周辺の道は整備されており、思ったより歩きやすいのでウォーキングのつもりで歩くのもいいかも知れません。

ただし大きいので、歩くと1時間近くかかるので覚悟してください。(笑)

 

陵墓のすぐそばにはこんな可愛い埴輪たちがいます。

仁徳天皇陵のそばにある埴輪

まん丸の目と口を見ると、なんだかゆるキャラみたいで癒されますよね~。

 

世界三大墳墓の大きさは?

仁徳天皇陵は世界3大墳墓の1つと言われているので、ほかの2つと比較してみました。

 

全長 高さ 体積
仁徳天皇陵古墳 486m 35.8m 140万㎥
クフ王のピラミッド 230m 146m 260万㎥
秦の始皇帝陵 350m 76m 300万㎥

 

3つのお墓の中では一番低く、体積も小さいですが、長いんですね~。

仁徳天皇陵古墳の「体積が小さい」と言っても東京ドームの124万㎡より大きいので相当だと思います。

ちなみに建設会社大林組の計算では、ピーク時に1日2,000人もの人が15年以上の歳月をかけて作ったそう。

気が遠くなりそうな大事業!

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

日本人の誰もが知っている仁徳天皇陵古墳。

子どものころは、エジプトのピラミッドのように中に入れるんだと思っていました。

皇室の祖先をお祀りしているので調査が禁止されていますが、太古のロマンがつまった古墳内を見てみたいですよね。

もしも中を見ることができたら、大人も子どももワクワクできるでしょうね!

堺市博物館のVRはわかりやすく、建築の様子や内部を詳しく紹介してくれています。

仁徳天皇陵古墳まで来たら、ぜひとも立ち寄ってくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
関連キーワード