pickup

もずふるサブレ

大阪の古墳が世界遺産になりましたね!

そんな話題いっぱいの古墳の可愛いお菓子があるんですよ。

その名も『もずふるサブレ』

今日は、古墳好きにはたまらない可愛い古墳サブレをご紹介したいと思います♪

 

『もずふる』って何?

世界遺産にもなった、百舌鳥(もず)古墳群と、古市古墳群をあわせた名称です。

「百舌鳥」って書いて、「もず」って読むんですよ♪

大阪堺市にある百舌鳥古墳群は、世界三大陵墓の仁徳天皇陵(大仙陵)で有名。本物を見たことがなくても学校の教科書で一度は見たコトあるハズ。超有名な古墳です。

私は堺っ子なので何度も前を通ってるんですけど、いつ見ても丘にしか見えません(笑)。

一方の古市古墳群には体積が日本一大きな(土がめっちゃ使われてる)応神天皇陵古墳があります。

 

スポンサーリンク

『もずふるサブレ』は古墳の魅力がいっぱい

めちゃくちゃ可愛い『もずふるサブレ』を事細かく?ご紹介したいと思います!

古墳の形のパッケージ

赤と緑のパッケージ

荘厳な金と赤と緑のパッケージ

 

パッケージは赤、緑の2色。

赤緑ともに黄金の古墳がついており、荘厳な感じがして高級感があります!

中は同じです。

パッケージにかかれているイラストは中に入っているサブレと同じなんですが、可愛い~♪

袋の絵はサブレと同じ

古墳を掘り起こすスコップがイイ

 

これだけでインパクト大で、テンションあがります。

 

しおりで古墳のお勉強もできる

しおり(ガイダンス)でお勉強

しおり(ガイダンス)でお勉強

 

サブレと一緒に古墳について書かれたしおり(ガイダンス)も入っています。

このしおり、小っちゃいですが監修協力は堺市博物館がしている本格的なモノです。

優しい言葉で分かりやすく書いているので、読みながら食べるとおやつと勉強が一度にできて一石二鳥ですよ♪

 

サブレのプリントが可愛い!

6枚全て違うサブレの絵

6枚全て違うサブレの絵

 

サブレの絵がめっちゃ可愛いんですよ、本当に。

 

【犬形埴輪】(堺の古墳)

茶色い犬の絵

茶色い犬の絵

 

可愛い茶色の犬です。「ポチ」って感じで可愛い♡シッポがくるりんとしてます。

 

【金銅製甲冑】(堺の古墳)

甲冑とおじちゃん

甲冑とおじちゃん

 

仁徳天皇陵で見つかった甲冑をイラスト化。おひげのおじちゃんのスマイルがイイ!

 

【日本武尊】(羽曳野の古墳)

暴れん坊日本武尊

暴れん坊日本武尊

 

武勇にすぐれていたことと、後に白鳥になって飛んでいった伝説があるため、日本武尊と一緒に剣白と鳥がえがかれていました。(ちょっとピンぼけててスミマセン)

 

【金銅製透彫鞍金具】(羽曳野の古墳)

馬と鞍

お馬さんが可愛い

 

お馬さんと鞍の絵。馬が可愛い、馬が♪

 

【修羅】(藤井寺の古墳)

修羅の絵

これで巨石を運んでいた

 

そりの形をした運搬具を修羅(しゅら)の絵。

こんなモノ巨石を運んでいたんだなぁ~、とロマンを感じます。いや、運んでた人たちは大変だったんでしょう。

 

【水鳥形埴輪】(藤井寺の古墳)

白鳥のイラスト

白鳥?アヒル?可愛すぎ

 

足が可愛い。

とんでる、すわってる、しゃがんでる?

サブレで見る限りちっちゃな可愛い鳥だけど、実物の埴輪は1メートル以上あるらしい・・・。

 

スポンサーリンク

『もずふるサブレ』はどこで買える?

大阪府内のお土産物屋さんなどで販売されているそうですが、私は

『もずふるサブレ』が買える店舗
  • 関空(「リージョンスタイル」)
  • なんばスカイオ(「リージョンスタイル」)
  • 利晶の杜(堺市堺区)
  • イオンモール堺鉄炮町(堺市堺区)
  • 紙カフェ(堺市堺区)

 

でみました。

堺っ子なので堺ばかりですが、きっと羽曳野や藤井寺にも置いてありそう。

通販では紙カフェさんがネット通販で取り扱っています。

紙カフェさんではこの他、古墳のマスキングテープやハンコ、ノートなど、可愛いものがいっぱいありますので是非ともHPをチェックして見てくださいね!

ちなみに、紙カフェさんには「古墳チャーハン」という古墳の形をしたチャーハンがあったのですが、今もやってるのかな??

 

 

ゆうゆう的まとめ

世界遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群。

こんな可愛いサブレをもらったら、めっちゃテンション上がると思います。

絵柄は6枚全て違うので、アレコレお喋りしながら選べるのも楽しいですよ。

おやつとしても、サクッとして美味しかったです。

大阪や、堺に来たら、ぜひともお土産に買って帰ってくださいね!

あっ、通販でもあるので古墳好きな方はそちらからも是非♪

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事