pickup

店頭の古墳サンド

堺市鳳(おおとり)のパティスリーフォンセへケーキを買いに行きました。

すると、とっても可愛い古墳サンドを発見!

堺は仁徳天皇陵古墳群が世界遺産になったため、アチコチで古墳をモチーフにしたグッズやお菓子を見かけるようになっているんですが、

この古墳サンド、

メチャ美味しい。

変ってるし、美味しいし、ちょっとした手土産にいいなぁ、と思いました。

今日は、見た目も可愛い、味も美味しいパティスリーフォンセの古墳サンドをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

古墳サンドってこんなお菓子

5種類の古墳サンド

古墳サンドセット

古墳サンドの種類は次の5種類。

古墳サンドの種類
  1. いちご
  2. チョコ
  3. 抹茶
  4. バニラ
  5. ブルーベリー

チョコ、いちご、抹茶は定番であとは季節限定と書かれていました。

ブルーベリーとバニラが季節限定なのかしら?

 

袋をあけるとこんな感じ。

古墳サンドをあけたところ

 

結構大きい。

バニラクッキーと抹茶クッキーにサンドされています。

 

パカッと中にサンドされているクリームの写真を撮ろうとすると、クッキーが割れてしまいました。

サンドの中身

 

3枚トライして2枚割れたので、結構割れやすいです。

いや、わけて食べるコトはそもそも想定していないだろうから、ココで割れても問題ないんやけど。

サンドされているのはバタークリームかな?

このクリームがとっても美味しい。

こういった商品は、形はすぐに真似ることができます。

それだけに、あまり美味しくないものが多い。

でも、さすがはフォンセ。

クッキーもクリームも、ちゃんと美味しい。

もちろん原材料も、誰が見てもわかるものしか入っていません。

食べてみて、最高に幸せでした

 

パッケージが古墳

古墳サンドは1つからでも買うことができますが、5つセットを買うと古墳パッケージに入っています。

このパッケージ、フォンセのロゴが1か所入っている以外、

古墳のことしか書いていません。(笑)

 

仁徳天皇陵は百舌鳥、古市古墳群の中の1つなんですが、

 

底や裏、

パッケージの裏

 

フタと側面、

フタ部分

 

パッケージの全てを使って古墳の説明しています。

フォンセの説明、全然なし(笑)。

ただ中に埴輪パティシエが入っており、こちらがフォンセの名刺代わりになっていました。

古墳パティシエ

 

可愛い。

古墳サンドは1つ181円なので普通に5個買えば905円。

パッケージ入りは1,200円なので、300円ほどがパッケージ代になっているようです。

ちょっと高いけど、せっかく手土産にもっていくならパッケージ入りが可愛いと思います。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

古墳の形って鍵のようにも見えるし、とっても可愛い!

そして、なんとなく安心感もある。(笑)

フォンセの古墳サンドは形だけでなく、味も美味しいです。

今のところ買えるのはフォンセの店頭だけですが、そのうち通販もするかも。

お店はアリオ鳳の近くなので、もし近くに来ることがあればぜひ買ってみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事