pickup

 

牧場のヤギが草を食べている

夏休みの家族旅行で北海道へ行きました。

子供たちを連れて「出来るだけ北海道らしい旅行にしたい」と考え、札幌を拠点として選んだのが『むらかみ牧場』。

牛の乳搾りや、アイスクリーム作りなどが楽しめるんですよ!とっても楽しかったので、記事にまとめてみました。

皆さまの参考になれば嬉しいです。

 

『むらかみ牧場』ってどんな牧場?

札幌の近くにある牧場です。

乳牛が130頭もおり、牛乳はもちろんお菓子や乳製品の加工などもされています。

こちらの牧場、酪農体験が出来る体験型牧場で、可愛い子牛やヤギ等にエサやりも出来るので、動物が好きな子供なら大喜びすると思いますよ!

 

『むらかみ牧場』へのアクセス

 

むらかみ牧場への電車利用
【電車】JR札幌駅⇒恵庭駅(約20分)
【運賃】大人640円、子供320円

何と言っても札幌から近い!

札幌から最寄り駅の「恵庭駅」には快速エアポートで約20分で到着します。新千歳空港からなら「恵庭駅」までは約10分で着くほど近いです。

駅から牧場まではタクシーで約5分。駅は小さいながらもタクシーが常時待ってくれているようです。

因みに札幌から車で行くと60分近くかかりますが、新千歳空港からなら30分で行けますよ!

 

『むらかみ牧場』で出来る酪農体験

 

出来る体験は下記の通りです。

めったに出来ないので、全部やってみました!

体験内容 所要時間 料金
牛の乳絞り、子牛の餌やり、バター作り 1時間 小学生まで 1,000円

中学生から 2,000円/人

子牛の哺乳 約15分 500円/人
アイス作り 約30分 1グループ5名まで2,000円

     

    酪農体験の予約方法
    【申込】事前予約(ネットか電話)
    【時間】①10時半②13時

    酪農体験のネット予約は希望日の3日前直前の予約は電話で受け付けされています。当日の申し込みは出来ないので注意してくださいね!

     

    【牛の乳しぼり】

    牛のあまりの巨体に子供には腰が引けるよう(笑)。

    4歳の娘は頑なに乳しぼりを拒否。一方6歳お兄ちゃんは怖がりながらも上手にお乳を搾りました。

    牛の乳絞りをする息子
    感想は「あったかかった」そう。

     

    【子牛のエサやり】

    こちらも娘は拒否。ひたすら「怖い~」と逃げ回る始末。いつもお父さんをビジバシ叩いてるんですがね・・・。

    子牛のエサやり
    ここでもお兄ちゃんは楽しくエサやり。子牛はモリモリ干し草を食べたので、私もエサをあげたりして楽しかったです♪

     

    【バター作り】

    バターは私も初めて作りました!

    ペットボトルに新鮮な牛乳と生クリームを入れ、ひたすら振ります。ボトル内に黄色い小さな塊が出来たらそれがバター。

    こんな単純な事で出来るんだ!と驚きと感動でした。

    バターをつくるために小瓶をふっている
    出来たバターはクラッカーに塗って食べるのですが、と~っても風味があって美味しかったです♡

     

    【子牛の哺乳】

    哺乳瓶を使って子牛にミルクをあげます。

    子供が子牛(子供)にミルクをあげるって絵がなんとも可愛い(親バカ?)

    すっごい勢いでミルクをゴクゴク飲むんでビックリしました。子牛には歯がなく、指を口に入れると指をチュパチュパ吸って何とも言えません♡

    やはり娘はミルクやりを拒否しました(笑)

    子牛にミルクをあげる

     

    【アイスクリーム作り】

    新鮮な牛乳をお塩と氷を使ってひたすら混ぜ、凍らせます。一つのボールで4,5名分のアイスが出来るのですが皆でペロリと食べてしまいました。

    アイス作り

    また、むらかみ牧場ではヤギや豚などにエサをあげる事も出来ます。こちらは特に申し込みも何もいらず、敷地内にあるエサを購入してあげるスタイルです。

    ヤギにエサをあげている
    酪農体験の時間待ちや体験後に皆さんエサをやるようで、これだけでも十分楽しい♪私たちもやりましたが、やっぱり娘は最後の最後まで拒否していました。

    食べに来ただけやんか(笑)

     

    その他「むらかみ牧場」に関すること

    むらかみ牧場では毎日搾りたての牛乳を、牧場内の売店でソフトクリームにして販売しています。私達はアイスを作ったので食べませんでしたが、とっても美味しいと評判ですよ!

    16歳からしか参加出来ませんが「ゼグウェイ」と言う電動立乗2輪車で牧場内を散策できるコースもあります。お子さんが大きければチャレンジしても楽しそうですね。

     

    スポンサーリンク

    最寄り駅「恵庭駅」周辺のランチ

    私たちは10時半からの体験をしたので、全部やってもお昼頃には全て終了していました。

    簡単なランチならむらかみ牧場でも食べる事が出来ますが、私達はタクシーで恵庭駅方面へ戻る事にしました。

    恵庭には美味しそうなお店が沢山ありますが、駅周辺で徒歩圏内にあるお店は少なく、駅近くにあったお蕎麦屋さん「そば処 むらかみ」でランチする事にしました。

    別に意図した訳ではありませんが、同じ「むらかみ」繋がりです(笑)何気なしに入ったお店でしたが、素材厳選のお店で美味しかったですよ。

    ただ、クーラーがなくて暑かった・・・。

    通常はクーラーなしでも涼しいのでしょうが、近年北海道も暑くなってきているので8月上旬の昼間はクーラーなしでは堪えました~。今年はクーラー入ってるかな??

     

    スポンサーリンク

    ゆうゆう的まとめ

    むらかみ牧場はいかがでしたか?

    北海道らしい事が出来た!と言う達成感と、子供達の喜ぶ姿を見れた満足感でいっぱいでした。もちろん、私も楽しかったです♡

    酪農体験時には、単に乳絞りやバターを作ったりするだけでなく、簡単に牧場や牛のお話などもしてくれるので、体験をより深める事が出来ますよ。

    札幌へ行くなら、少し足を延ばして『むらかみ牧場』で酪農体験をするのがお勧めです。ぜひとも美味しいバターとアイスを食べて見てくださいね~!

     

    ゆうゆうでした。

    【関連記事】

    夏休み北海道家族旅行を子供とレンタカーなしで楽しみました 

    『むらかみ牧場』の基本情報

    【住 所】
    北海道恵庭市戸磯156番地

    【電話番号】
    0123-32-5093
    090-3775-7803

    【営業期間】3月末~11月末

    【営業時間】10時~17時

    【定休日】11月まで無休

    【駐車場】50台

    【アクセス】

    《電車》JR快速エアポート利用
    札幌駅から恵庭駅(約23分)
    新千歳空港から恵庭駅(約12分)

    《車》
    札幌市内より約60分
    ・国道36号線を千歳方面へ
    千歳空港から約30分
    ・国道36号線を北広島方面へ

    【その他】
    6~10月は地元農家が作った野菜直売あり
    酪農体験は前日までに要予約

    スポンサーリンク
    おすすめの記事