ウエッジウッドのお皿の入った箱

我が家には1年に1度しか出さない食器があります。

それは、ウエッジウッドのストロベリーブルー(デルフィー)の食器。

結婚のお祝いに夫の大学の後輩がプレゼントしてくれたもので、もう10年以上大切に使っています。

もともとウエッジウッドのワイルドストロベリーの柄は好きでしたが、ブルーを見たのはこのときが初めてでした。

きっとサムシングブルーのことを思ってブルーを選んでくれたんだと思います。

 

この食器を使うのは結婚記念日の朝だけ。

前日に押し入れから取り出し、大切に薄紙で包んでいるお皿やカップを取り出して洗っておきます。

お皿とコーヒーカップ

そうしている間に結婚した日の気持ちを鮮やかに思い出すことができ、なんとも言えず幸せな気分になります。好きな人と結婚できるのが嬉しくて嬉しくてウキウキでした。

 

朝食は特別なものにはしていません。普段どおり、パンに卵、サラダに果物とヨーグルト、それに熱々のミルクティー。

ウエッジウッドのお皿に入れた朝食

 

子供が生まれる前は豪勢な朝食を頑張って作っていましたが、今では平日にそんな余裕もなく、慌ただしく済ませるだけ。

それでもこのウエッジウッドのお皿に並べるだけで、結婚記念日を祝う特別な朝になります。

 

子供たちも少しずつ大きくなり、1年に1度このお皿が出てくると

息子
とーちゃんとかぁかが結婚した日やな

結婚記念日やな

と言うようになって来ました。

 

ちょっぴり照れ臭い気もしますが、子供たちにも祝福されて嬉しいです。

使っているランチョンマットもウエディングのランチで使った物を少しサイズを小さくして使っています。こちらも「結婚記念日」用。

このウエッジウッドの食器を頂いたときに「結婚記念日に使おう」となんとなく決めたのですが、今では1年に1度だけに出すのがイベントみたいになっていて楽しみになっています。

なるべく何でも出しおしみせず、気に入った物は普段から使う様にしていますがこの食器だけは特別。

これからも大切に使って行きたいと思っています。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事