京都水族館とシナモロールのコラボレーション

 

京都水族館がシナモロールとコラボレーション中ということで遊びに行ってきました。

京都駅から徒歩15分ほどで行けるというアクセス抜群の水族館です。

私、キャラクターもの苦手だけど、超絶可愛かった・・・。

今日は、シナモロールとコラボ中の京都水族館をご案内をしたいと思います!

 

スポンサーリンク

シナモロールとコラボレーション

期間限定でサンリオキャラクター「シナモロール」と京都水族館がコラボレーションしています。

【コラボ期間】
2017年12月2日(土)

2018年3月14日(水)

 

コラボ中にやってること

①シナモンフレンズの京都水族館ガイドマップ配布

可愛いシナモンフレンズがナビゲーターとなって水族館の見どころを案内してくれるマップがもらえます。

シナモロールのガイド
いや~ん、メッチャ瞳が輝いてるやんか!

 

ガイドマップの中身
A4用紙を半分に折った簡単なものですが、どんなコラボが館内でされているかを簡単に書かれていました。

ところで大山椒魚がシナモの頭にかじりついてるのは何故なんや?

 

②シナモンフレンズのスタンプラリー

シナモンフレンズのスタンプラリーが開催されていました。(300名先着/日)

シナモフレンズのスタンプラリー

 

シナモンフレンズのスタンプが押せて楽しい!

娘は全て押せてご満悦でした~。

 

③シナモンフレンズの仲良しボイス

シナモンフレンズが水族館館内5箇所にあるポイントで水族館の生き物秘話をお話ししてくれますよ!

 

④シナモロールとふわふわないきもの

フワフワのシナモロールにちなんで、ふわふわしたイメージの生き物を6種類展示中。

フワフワイメージのミノカサゴ

個人的に好きなミノカサゴがいたのでテンション上がりました。こんなにヒラヒラして綺麗なのに猛毒持ってるんですよね。危険生物が大好きな息子は食い入るように見てました。

小さなコーナーなので見逃さないようにして下さいね!

 

⑤ふわふわフォトスポット

シナモロールとのフォトスポット

シナモンフレンズたちと可愛い写真が撮れるスポットがあります。

とにかくシナモロールが可愛い。

小学生の息子は若干嫌そうにハートの中に入ってました。

お年頃です。

 

⑥ふわふわファンタジー

大水槽の前におかれたラグ
大水槽前にふわふわラグ登場。

座ったり、寝転がったりしてゆったりとした気持ちで魚が見れますよ~。

ちびっこ連れの和み感とカップルのラブラブ館のギャップが凄かった。(笑)

 

⑦コラボレーションカフェ

こちら店内で食べれる「ハーベストカフェ」。シナモロールなどのキャラクターがカフェ店内のあちこちに飾られていて和みます。

カフェに飾られているシナモロール
「そう言えば、オリジナルカフェメニューを見かけないなぁ」と思っていたら、テイクアウトのお店「スタジアムカフェ」の方で提供されているそう。

青色のゼリーとホイップクリームを使用した「空飛ぶシナモロールパフェ」やホットドリンクの「マシュマロホットドリンク」などと可愛いらしいメニューのほか、「シナモロール漬物ソーダ」などと言う、京都らしさを強引に入れたソーダが発売中。

勇気のある人は、ぜひトライして見て下さいね。(ちなみにミカン味には千枚漬けがトッピング)

 

⑧オリジナルコラボレーショングッズの販売

オリジナルコラボレーショングッズのドロップ

シナモロールの可愛いマグカップやノート、京都水族館とコラボしたオリジナルドロップやクッキーなどなど販売されています。

このドロップ缶、メチャ可愛くないですか?

それにしてもシナモ、なんで大山椒魚に頭かじられつつ目を輝かせているんだろ。(笑)

こちらのオリジナルコラボグッズは通常のミュージアムショップにはありません。ハーベストカフェ手前の特設コーナーのみでの販売になりますので忘れずに立ち寄って下さいね!

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

シナモロールとのコラボレーションでグッと可愛くなった京都水族館。

実は今回初めて京都水族館へ行ったのですが、小さな可愛らしい水族館だと思いました。

イルカショーなどを見ない限りは恐らく1時間ほどで見終わってしまうと思いますが、「京都で子供が喜ぶ所ないかなぁ」と思った時に重宝しそうです。

館内は半野外の場所も結構あって寒いです。冬の京都は底冷えして本当に寒いので暖かい恰好で出かけて下さいね。(学生時代、京都に下宿して経験済み)

近くに京都鉄道博物館もあるのでお子さんが電車や鉄道好きなら合わせて行ってもいいかも知れません。

キャラクターものは苦手な私でも、シナモロールのキラキラお目目にやられてしまいました。(笑)

機会があれば、行ってみて下さいね!

 

ゆうゆうでした

関連キーワード
おすすめの記事