pickup

タイガーエア

メルボルンからケアンズへ、LCCのタイガーエアで移動しました。

タイガーエアは日本ではそれほどメジャーではありませんが、オーストラリアではかなりメジャーなシンガポールの飛行機会社です。

安かったので席をとったのですが、今回キャンセルというハプニングがありました。

今日は、私達がタイガーエアキャンセルで体験したことをご紹介したいと思います。

オーストラリア国内線でのタイガーエアでの遅延やキャンセルでの参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

キャンセル連絡は前日メール

メルボルンからケアンズへの飛行機は11時頃だったので、宿は少し早めの9時過ぎごろにチェックアウトして空港へ向かいました。

メルボルン市内から空港までタクシーで3、40分程。

空港につくと、夫がタイガーの端末でチェックインの確認をしました。

タイガーエアは3日前からスマホでチェックインできるので、当日はスマホ画面のQRコードをタイガーのモニターでスキャンするだけで完了!

完了のハズだったけど、何故かチェックインできず。

「おかしいなぁ」と夫と思っていたら、頭上のモニターで発見!

キャンセルのモニター

 

メルボルン発ケアンズ行キャンセル

 

ゆうゆう
えっ!?キャンセル!?遅延じゃなくて?

 

驚いてすぐタイガーのサービスカウンターへ夫が聞きに行くと、

「昨日の夜、メールでキャンセルって送っといたやろ。かわりの飛行機は明日の朝7時やで」

と言われました。(英語で)

ゆうゆう
代わりが翌日の早朝なんか~い!!

 

しばしボーゼンとした夫と私。

夫は仕事でバタバタしていて、前日送られてきたタイガーからのメールを見てなかったんです。

タイガー側は「ちゃんとメール送ったんやから知らんで」という感じで全く悪びれず。

さすが外国。日本じゃ考えられない態度にダブルでボーゼンとした私でした。

 

スポンサーリンク

別の飛行機に乗れば全額返金

とにかくビックリした私達ですが、別のエアラインに変更するなら全額返金してくれると言われました。

なので、とりあえず隣にあったLCCのジェットスターのカウンターへ行き、ケアンズ行きの飛行機が今から飛ぶか聞きました。

ありました。

ありましたが、1人337ドル(≒27,000円)かかるそう。

タイガーのチケットは4人で6万円ほどだったので、倍以上の金額です。

ガーン。

でも、翌日に延期されたタイガーを利用すると、デメリットがいっぱい。

  • 空港近くのホテル探し
  • 空港からホテルへの移動
  • 荷ほどき
  • 1日することがない
  • ケアンズのホテルのキャンセル料
  • ケアンズ滞在時間が減る

 

悩んだすえに、ジェットスターに乗ることにしました。

同じように考える人がジェットスターのカウンターに長蛇の列をつくっていたので席があるのかハラハラしましたが、まずまずの良い時間帯にケアンズ行きの飛行機がありホッとしました。

私は、

ゆうゆう
航空券が高くなったよぉ(涙)

 

と思っていましたが、

夫は、

ケアンズ行きの飛行機があってよかったなぁ

と「ラッキーだった」といった感じでニコニコしていました。

こういうときに「この人が夫で本当よかった!」と思えるって、幸せです。

LCCのカウンターはかたまっているので、もし飛行機がキャンセルになったら他のLCC会社にフライトを問い合わせると良いと思います。

 

スポンサーリンク

メルボルン空港内での食事

ランチをとったレストラン

機内で食べる予定のランチもなくなったので、スーツケースを持ってメルボルン空港内でランチを取りました。

大きな空港なので、ランチ場所に困ることはありません。

Able Baker Charlieというお店にたまたま入ったのですが、店内でピザを焼いていて、なかなかのお店でしたよ。

サラダもたくさんありました

 

私達はピザ2種類とサラダ、飲み物を注文。

ピザを注文

ピザはかなり大きくて、これを4人で食べるとお腹いっぱいになりました。

おしゃれなレストランの食事は日本と同じようなボリュームですが、こういったところで出てくる料理のボリュームはやはり多いようですね。

食事をすませてもまだフライトまで時間があったので、ブラブラとお店をみました。時間をつぶすのには苦労しなかったのが、不幸中の幸いです。

メルボルン空港のお店

 

ゆうゆう的まとめ

タイガーエアがキャンセルというハプニングはありましたが、3時間遅れで予定どおりにケアンズへ到着できました。

LCCは安いですが、キャンセルや遅延がよくあるので旅行のスケジュールはよく考えた方が安全です。

実は、日本への帰国のジェットスターも翌日に延期されました。

便利だけど、時々不便になるLCC。

この記事が、オーストラリア国内線でのキャンセル時の参考になれば嬉しいです。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事