ヒオリエのバスタオル

「ヒオリエ」のガーゼバスタオルを使い始めてから9年たちました。

前の社名「トゥシェ」の頃から使っている、南大阪の大好きなタオル屋さんです。

まだ息子が赤ちゃんだったころ、肌にやさしいガーゼタオルが欲しくてみつけました。

ヒオリエのHPをみて一目ぼれ。

口コミも高評価で柄もおしゃれなボーダー。色のバリエーションもあったので家族で色分けして使うのにちょうどよいと思い、購入しました。

今日は、私が9年愛用しているヒオリエのガーゼバスタオルをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ヒオリエのガーゼバスタオルが大好きな3つの理由

1家族で色分けできる

4色のガーゼタオル

私、家族間でも体をふくタオルは分けておきたいんです。

色分けすると「自分のバスタオルはコレ!」と愛着をもって使うような気がするし、やはりちょっと潔癖気味?(笑)。

  • 夫はグレープ
  • 私はベージュ
  • 息子はサックス
  • 娘はベリーピンク

4人とも違う色だけど優しい色合いなので外にだしておいてもゴチャゴチャしないのも好きな理由の一つです。

グレープとベリーピンクはHPの写真の色合いとはちょっと違う感じなのですが、もう何年も愛用しているので今では「こんなもの」と違和感なく使っています(笑)。

だいたい1年に1度、ひとり2枚ずつ買い替え。ちょうど先日、買いなおしたところでした。

もちろん家族4人、4色分です。

 

2肌に優しくかさばらない

私が初めてガーゼタオルを使ったのは、息子が誕生した時。

沐浴後に体をふくのに私の母が、ガーゼタオルをプレゼントしてくれました。

ヒオリエのものではなかったんですが、その肌触りに「なんて優しいんだろう!」と思い、すっかりガーゼタオルのファンに。

このヒオリエのタオルの表地はサラッとしたガーゼで裏地はやわらかいパイル地になっています。

表はガーゼ、裏はパイル地

柔らかいけど、裏がパイル地なのでしっかりしているので丈夫なんです。

しかも表がガーゼ地なのでかさばらない。

コンパクトにおさまるので、我が家の狭い洗面所でもおくことができます。

 

3普通のタオルより早く乾く

乾くのが早いガーゼ生地

ガーゼは通気性がよいので、通常のタオルにくらべると乾くのが早いのも特徴の一つ。

お風呂上りのタオルにフェイスタオルをつかう人が多くなってきていますが、私はお風呂あがりには大きなタオルをつかいたい人です。

肌触りのよいタオルで体を包みこむと、なんだか抱きしめられているようでリラックスできるから。

乾きやすいタオルなら、洗濯もそれほど苦にならないのも大きなポイントです。

 

スポンサーリンク

古いタオルの使い方

古いタオルを切って再利用

古いタオルは時間のあるときにハサミで切って、掃除用の古布(ウェス)にしています。

大、中、小の3種類くらいにチョキチョキ切って、アチコチ掃除するのに使ってから最後に感謝しながら捨てています。

タオルなのでどうしても切りくずが出てしまいますが、掃除のときにそれもまとめて拭くのでさほど気にならないです。そのまま捨てるなんて、絶対にできない(笑)。

 

スポンサーリンク

ガーゼタオルをお得に買う方法

なんばスカイオにお店はありますが、私はいつもネットで買っています。

Amazonと楽天2択でヒオリエのバスタオルを普通に買うならAmazonの方が安いです。

ただ楽天ではよくセールを開催しています。

また、はじめて買う人には1,000円オフクーポンなどが配布されていることもあります。

なので、必ずどちらもチェックしてみてくださいね!

 

ゆうゆう的まとめ

ヒオリエのガーゼタオル、本当に大好きです。

肌にやさしく、かさばらず、すぐに乾いて使えば使うほどやわらかくなる。

私の住んでいる南大阪のタオル会社でもあるので、応援しています。

ほかにもフカフカタオルや高級タオルがあると思いますが、私にはこのガーゼバスタオルが一番!

これからもヒオリエのガーゼバスタオルを使い続けていきたいと思っています。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事