pickup

子供のボールの収納に困っていました。

とくにサッカーボールやバスケットボールなどは大きく、場所もとります。

ボール付属のネットに入れて玄関に置いていたのですが、子供たちはボールを使ったあと、そのまま床に放置していることも。

「なんでしまわないのかなぁ~」と思っていたのですが付属のネットにボールが入れにくいことが原因だと判明。

 

確かに大人でも入れにくい・・・。

付属のネットは入れにくい

 

「入れやすい入れ物なら片づけるかな」と100均のネットにかえると解決しました!

今日は、ダイソーのコットンネットを使ったボール収納をご紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク

ダイソーのコットンネットで収納

ボールの収納場所はすぐ取り出せる玄関にしています。

木箱やワイヤーネットに収納しようかと悩みましたが、今までどおり靴箱につけたフックに吊るす方法にしました。

掃除しやすいためです。

床の上に置いてしまうと、持ち上げて掃除するのが面倒に。

とにかく子供が簡単に使えるものということで、ガサッと入れることができるものを探しました。

 

みつけたのはダイソーのコットンネット。

ダイソーのコットンネット

色はやさしい生成りの色。

これなら色もおさえられるし、なんとか見た目も大丈夫。

ただ縫製はめちゃくちゃで衝撃的(笑)。

あちこちほつれまくってますが外で使うボールを入れるだけなので、私は気になりませんでした。

縫製はめちゃくちゃ

 

 

開け口がとても広く、サッカーボールがすっぽり入る大きさです。

口が大きく入れやすい

 

付属のネットとは違い、いちいち開け口を探さずともすぐにボールを入れることができます。

子供でもパッと片づけられる!

 

靴箱のフックにかけてみました。

靴箱にかけたところ

しまい込んでいないのでボールの存在感はありますが、下の方に吊るし、色も白で統一されているので満足できました。

子供たちもこのネットに変えてから、ちゃんとボールを片づけるようになりましたよ!

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

子供の遊ぶものは、場所を取ったり色が目立ったりして収納に困りますよね。

見えない場所に片づけると遊ばなくなるので、すぐ手に取れるようにしています。

大人も気持ちよく、子供も使いやすい収納方法をなるべく工夫するようにしています。

今回ダイソーのコットンネットを利用して片づけやすいボール収納ができました。

気になった方はぜひともお試しくださいね!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事