pickup

現金を入れる封筒

最近クレジットカードで支払いすることが多くなりました。

以前はネットショッピングやデパートだけで使っていましたが、ポイントや還元があるので日用品もクレジット払いに変えていっています。

でも、クレジット払いに慣れていない私は

残高不足が怖い!

今日は、そんな私がしている「現金をいくら使ったか都度分かる」簡単な工夫をご紹介します。

 

残高不足になる原因

独身のころの話ですが、実は私、

残高不足で支払いできなかったコトがあるんです。

通知のハガキが届いた時には

 

ゆうゆう
えええっ!!

 

と驚き、すぐに入金しました。

それ以降、クレジットでの支払いにめちゃくちゃ敏感になってます。

クレジットカード=信用

ですからね。

ひんぱんに残高不足の通知をもらうようになると、信用なくしちゃいます。(ついでにカードもなくすかも)

お金は手元にはあるんです。

でも、いくら使ったかが分からなくなっちゃう。

もちろんカード会社からは引き落とし前にご丁寧に明細や引き落とし日の連絡までいただくのですが、そもそも銀行口座にいくらお金が入ってるのかちゃんと把握していない(笑)。

我が家は貯蓄用の通帳とは別に引き落とし専用の通帳があるんですが、いつもざっくりとした感じでしかお金を入れていません。

ええ、大雑把なところがあるので「サンキュ」の凄腕主婦みたいにはなれないんです・・・。

それでも、通販や大きな買い物だけクレジットカードを使っていた時はまだお金を把握できていました。

でも、食料品からトイレットペーパーなんかの日常的な買い物になると、いくら使ったかカード払いだともうわからなくなる。

もちろん食費も日用品も「予算」を決めて使っています。

でも、

その通りにならないコトだってある。多く使っちゃったり、うまく節約できたり。

ほんらい現金だと、お金が目で見えるので分かりやすい。

でも、カードで銀行からの引き落としだとお金の減り具合が分からない。

そこで、カードでの支払いを「見える化」しました!

 

スポンサーリンク

カードを使ったらすぐにお金を動かす

Amazonと楽天をカラー分け

お金の減り具合が目に見えないから、使いすぎたり分からなくなっちゃったりするので、私はクレジットカードを使ったら、すぐに封筒にその分のお金を入れるようにしています。

めっちゃ原始的(笑)

でも、これが今のところ私にとっては一番確実。

カードを使ったら、すぐに手持ちの現金を減らす。

コレでOKです。

食料品で2,000円カードを使ったら、専用の封筒に2,000円入れる。

これだけ。

1,280円の時は1,300円いれたり1,500円入れたり。1,000円の時だってあります。

大体、100円単位まで。気持ち多めに入れるようにしています。

1,000円札が手元にない時はメモなど張り付けておき、1,000円札ができた時にいれます。

すぐに入れれないモノはメモで

 

月末に明細書がきたら、封筒の中身をチェックして銀行へ入金。

気持ち多めに入れるようにしているので、もしお金があまったら・・・へへへへ~

私は日常的な買い物は楽天カードで、他の支払いはセゾンカードを使っているのですが、セゾンでの買い物はほぼアマゾンオンリーなので、セゾンカード支払いの封筒は「Amazon」になってます(笑)

この封筒は、ざっくりと現金を分けた「予算別封筒」を入れているケースの中に入れおり、すぐにお金を動かせるようにしています。

予算封筒ボックス
クレジットで使ったお金も入れる

 

 

銀行へ行くのは月1回

この方法だと結局は現金を手元にもっているので、必ず銀行へは行かないといけません。

でも、私はどのみち新札を何枚か手元に用意しておきたいので、月1の銀行がそれほど負担ではありません。

行った時に「お給与の引き出し」「クレジットカード支払いの入金」「新札への両替」を済ますようにしています。

完全にモバイル決済してる方だと、1度も行かない人もいるんでしょうけどね。いつか自分もそうなるかしら??

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

お財布代わりなら、デビットカードやおサイフケータイがあります。

その方が、ずっとスマートで管理しやすいと思う。

でも、私はまだまだ完全なモバイル決済には抵抗を感じるので、この単純かつ原始的な方法で、できるだけクレジットカード支払いの恩恵を受けたいと思っています。

これで、買い物でのレジでの時間ロスがなくなるうえ、カードにポイントもついて満足です。

同じように思っている方がいれば、ぜひともお試しくださいね!

 

ゆうゆうでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事