0.5キロから新しく買った2キロのダンベル

ダンベルを0.5キロから2キロ買いかえました。

「たったの2キロ?」と思われそうですが、2キロって結構重いんですよ。

ちょうど大きなペットボトル1本分の重さなので、片手だと思ったよりシンドイです。

それでは今日は、新たなる私の筋トレの相棒、ダンベルをご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

初心者女性のダンベルの重さ

私は『あなたと、あなたの人生を美しく、強くする筋トレのはじめ方』と言う吉川朋孝さんの本を読みながら筋トレに励んでいるのですが、そこで書かれている女性向けのダンベルの重さは

3キロ

ゆうゆう
3キロって、新生児の重さやん

 

ムリです。絶対にムリ。

新生児を両手に抱えてウロウロするコトを想像するだけで倒れそう。

実際にお店に行って3キロのダンベルを持ってみたんですが、メチャクチャ重く感じました。もちろんダンベルは通常2個セットなので、6キロ。すぐさまアキラメました。

ダンベルの通販を見ていると、初心者の女性は2キロを使用している人が多そうだったので、私も2キロを購入してみるコトにしました。

 

スポンサーリンク

2キロのダンベルの使い心地

重いです。でも、片手で持って持ち上げれないほどではないので適度に負荷がかかる感じ。

2キロのダンベル持った後に、0.5キロのダンベル持つと

ゆうゆう
何これ、軽っ!

 

と小指でも持てそうに思ってしまいます。(無理やけど)

本に載っている筋トレメニューも0.5キロでは余裕でしたが、2キロになると「メッチャ筋トレしてる!」感が強くなります。

頭上にダンベルをあげるメニューがある日には

「コレ、今頭の上に落としたら即入院やな」

とか

「足の上に落としたら、複雑骨折するかも」

なんて思ってしまうので、思わずグリップを持つ手に力が入ってしまいます(笑)。

 

スポンサーリンク

PROIRON ダンベル2キロのレビュー

可愛い黄緑のダンベル

特別メーカーなどにこだわったワケではなかったのですが、カラフルな色と多くの人が購入していることからPROIRONのダンベルを選びました。

色が可愛い。

ダンベルって実は色が重要なんだそう。

ポップで可愛い色だと女性は特に頑張れるらしい。

ちょっとしたコトですが確かに可愛いとそれだけでテンションあがるので納得です。

重さによって色が決まっているので好きなカラーを選べないのですが、5キロのグレー以外はどれもカラフルで可愛いです。

重さとカラー
  • 1キロ(ピンク)
  • 2キロ(ライトグリーン)
  • 3キロ(ターコイズブルー)
  • 4キロ(ブルー)
  • 5キロ(グレー)
  • 8キロ(ブルゴーニュ)

     

    2キロはライトグリーンで明るい色なので軽やかな気持ちでトレーニングできます。

    グリップ部分も持ちやすいです。

    持ちやすいグリップ

     

    私の手は小さくて指も短いのですが全く問題なし。

    Amazonの口コミで「汗で滑る」と言う人もいましたが同じように「滑らない」との口コミも同じくらいいました。

    私は滑らないです。

    そもそもそんなに汗だくになるほどの運動はしないですしね。

    重いダンベルの場合だとグリップのちょっとした持ちやすさが気になるかも知れませんが、2,3キロなら問題ないと思います。

    ダンベルの形もちょっぴり楕円になっているので、コロコロ床を転がって「待って~!」と言うことにはなりません。安定しています。

    ただ、ネオプレコーティングという合成ゴムでカバーされているのですが一部傷が入っていたり、

    一部キズがある

     

    中の鉄の形状が綺麗ではないのか、両側のボトムの一部が突起したりしていました。

    突起部分

     

    ただ使用には全く問題なく、私自身は満足して使っています。

     

    ゆうゆう的まとめ

    40代になり、たるんだ体をひきしめるために細々やっている筋トレですが、やっぱり体を動かすと気持ちが良い!

    たまにお休みするコトもありますが、お腹のラインが崩壊しないよう出来るかぎりやっています。

    0.5キロと2キロでは全く筋肉に働きかける力が違うので「目に見える効果が出るのでは!?」とまだ数回しか使っていないのにワクワクしています。これで出産前にはいていたスカート、履けるようになるかしら??

    ボディラインを整えるだけでなく、健康のためにも続けていきたいと思っています。

     

    ゆうゆうでした。

    スポンサーリンク
    おすすめの記事