母の日にもらったアレンジメント

 

母の日にもらった花が傷んできたので、活けなおすことにしました。

しおれてきた花もあるけど、まだ元気なものもあるアレンジメント。

綺麗な花だけ残し、別の花瓶に入れると全く違う印象になり、花を長く楽しむことができます。

 

まずは新聞紙をひろげ、オアシスから全ての花を抜き取りながら傷んだものと元気なものを分けます。

全ての花を新聞紙に広げる

 

次に元気な花の中でメインになる花を決め、茎を切っていきます。

少しでも水を吸いやすいように斜めに切ったり、葉が水につかってしまうなら葉も取ってしまいます。

茎も切りなおして水を吸収しやくする

 

花器にあわせて長さをそろえたり、メインやサブの位置を変えてみたりして楽しい作業。

私はいつも大きめな花をメインにし、次に小さな花を大きな花の隙間を埋めるようにしていき、最後に葉っぱがあれば葉をいれます。

 

新聞紙の上においた傷んだ花は、そのままくるんで捨てるので散らかりません。

新聞紙にくるんで捨てる

 

オアシスは水をかなり含んでいるので、外に出して乾燥させてから処分。

今回は、フィンランドの有名な建築家・デザイナーのアアルトのフラワーベースを使いました。

アアルトのフラワーベース

私はこの花瓶を見たとき、

 

ゆうゆう
何て活けにくそうな花瓶なんやろ

 

と思っていました(笑)。

 

でも、実際に花を活けてみて

ゆうゆう
めっちゃ活けやすいやん!

 

と驚愕。

 

新しく活けなおした花

 

このクニャクニャした形のふちに花が固定しやすく、花の位置を決めやすいんです。

なので、ちょっと茎が短いモノでもふちに支えられてとめることができ、アレンジメント後の花を切っていけるときに重宝しています。

見た目の珍しさだけでなく、ちゃんと使いやすいデザイン。

さすがは 巨匠 

ほかにも色々花瓶をもっていますが、IKEAや百均、ゼリーの空きビンなど色んなものを使っていますが、大きさや高さ、口の広さなどを考えて集めるようにしています。

花は大好き。

華やかなゴージャスなものから、野山に咲いているような可憐な花まで好きです。

「母の日」のフラワーアレンジメントは花瓶に入れかえ、見た目も一新。

切られても、まだ可憐な美しい姿を見せてくれる。

そんな花たちの力強さと健気な姿に私自身、一番元気をもらっているのでした。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事