ルシードのヘアオイル

ここ数年で急に髪がパサつきだしました。

学生のころは「髪がキレイ」と人からよくほめられていたので、なんとなく「自分の髪は大丈夫なんだ」と思っていましたが学生だったのは20年以上も前。

鏡にうつった現実はパッサパサでした。(笑)

ヘアクリームを塗ったりブラッシングをしたりしていたんですが、そんなものじゃ落ち着かないレベル。

そんな中、リーズナブルながらとってもいいオイルを見つけました。

 

スポンサーリンク

「ルシード」アルガンリッチオイルでしっとり

以前はクリームでシットリさせていましたが、40すぎるとシットリするのはつけた瞬間だけ。(汗)

行きつけの美容院で、無印良品のアルガンオイルを髪につけるといいと教えてもらいました。

これでシットリ、ツヤツヤになって満足していたのですが、体や顔につけることができるクオリティーのせいかお値段が高い。

それでも一般的なアルガンオイルよりはかなりリーズナブルなんですが、毎日たっぷりと髪に使うとすぐになくなってしまうので、どうしようかと思っていました。

 

そんな中、見つけたのがルシードのヘアオイル。

ルシードのヘアオイル

ルシードのヘアオイル

 

私は「うるおいシットリ」を選びましたが、ほかにも「うねり」「さらさら」「ツヤ」「ダメージ補修」などがあります。

 

洗髪後のドライヤー前と朝のスタイリング時の1日2回使い、大体1~2か月もちます。(私は)

オイルなのにそれほどベタつかず、使いやすいです。

オイルだけどそれほどベタつかない

オイルを手にとったところ

 

つける前はこんな風にパサパサなんですが、

オイルをつける前の髪

オイルをつける前の髪

 

つけるとシットリとして落ち着きます。

オイルをつけた後の髪

オイルをつけた後の髪

 

もちろん無印とルシードの成分はかなり違います。

無印はアルガニアスピノサ核油100%の純粋なアルガンオイル。

ルシードはアルガニアスピノサ核油以外にも色いろ入っています。

でも無印の4分の1くらいの値段で買えるし、使い心地もいい。

ケチケチせずにたっぷりと使うことができ、髪もシットリさせることができるので気に入っています。

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

私は髪が黒くて長いので、手入れしないとモロ年齢が出てしまいます。

なにもしないと劣化する一方。

パサついている上に白髪もチラホラで出したら、鏡の中にうつるのはただのみすぼらしいオバサンです。

年齢には逆らえないので身だしなみの1つとして髪を整え、できるだけ綺麗にしておきたい。

懐にゆとりがあれば無印良品のアルガンオイル、リーズナブルに手入れしたいならルシードオイルがおすすめです。

髪のパサつきにヘアオイル、いいですよ!

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
関連キーワード