ハリオの耐熱ガラスポット

ハリオ(HARIO)のガラスティーポットを10年以上使っています。

愛用している理由は中が見えて使いやすいことと、蓋が割れてしまっても単品で買うことができるから。

これまで3度割りましたが、そのうち2度は蓋の取っ手部分が割れてしまったので蓋だけ買いました。

蓋がなくてもお茶は入れれるけど、蓋がないとわびしすぎる・・・。

100均などで蓋の代用品もあるけど、折角美しいガラスのポットを損ないたくないので割れたら迷わず蓋だけ購入しています。

我が家はハリオのティーポットを毎日使うヘビーユーザー。

パンを食べる朝食時はもちろん、夫とコーヒーを飲むときにもこのポットを使ってまとめて入れちゃいます。

それぞれのカップに1杯ずつ入れるより、ポットを使った方が労力は少なくすむので必需品。

 

昔は陶器のポットを使っていました。

でもガラスだと量がわかっていいし、洗うのも楽だし、フルーツティーなど入れる時は華やかになり、陶器よりメリットがある。

というわけで、今ではハリオの耐熱ガラスティーポットで紅茶も日本茶もコーヒーも入れている私です。

でも・・・ガラスだと陶器に比べてどうしても弱いんですよね。

ハリオはガラスメーカーなので比較的衝撃に強いガラスで作っていると思うのですが、それでもぶつけたりすると割れちゃう。

蓋も本体も割れたのは持ち手部。いずれもポロッと取れた状態だったので粉々にならずに助かりました。

今回割れた蓋のつまみ部分

 

唯一のデメリットと言えば、本体部分に溝がないのでお茶を入れるときに蓋がズレそうになること。

なので、サーブするときは蓋の持ち手(つまみ部分)をいちいちもう片方の手で押さえて入れることになります。

ただ溝につく茶渋を取ることを考えるなら、持ち手をおさえる方が楽なので私の中では許容範囲。

それに両手を使って入れることになるので、自然と美しい所作になるから「まぁ、いいか」と。(笑)。

という訳で、これから先もハリオのガラスティーポットを使い続ける予定です。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

部品を単品で買える。

そんな製品を作っている会社を見つけると、嬉しくなります。

ハリオのガラスティーポットは、それ自体特別高いものではありません。

買い替えようと思えば丸ごと買いかえることだって、できちゃうお値段です。

でもまだ使えるものも捨ててしまうのは、やっぱりもったいない。

会社もそう思っているからこそ、蓋だけ提供してくれている。

駄目になってしまった部分だけ、いつでも交換できるハリオの耐熱ガラスティーポット。

まだまだこれからも、使い続けていきたいと思っています。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事