切れたチェーンの修理方法

ネックレスのチェーンが切れたので自分で修理しました。

100均の丸環を使って応急処置をしたのですが、そのまま使っても全く違和感ないのでご紹介しますね。

それでは今日は、ネックレスのチェーン修理、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

ネックレスのチェーンの修理方法

修理に必要なもの

必要なもの
  • 丸環(まるかん)
  • 平ペンチなど2本(手芸用)
  • 透明ボンド

 

丸環はチェーンと同色で、なるべく同じ大きさのものを用意します。

私は家にあった100均のものを使いました。

手芸用ペンチも家にあったのを使いましたが、なければ100均でもありますよ!

 

  1. 2本のペンチで丸環を開いて切れたチェーンの輪に入れる。(ネジって開かないこと!平行に)
    ペンチであける
  2. もう片方のチェーンに丸環を入れ、ペンチで閉じる。
  3. 輪のつなぎ目部分に透明ボンドをつける。

透明ボンドでつなぎ目を固定

 

以上!

写真の撮影者が私1人しかいないのでペンチは1本しかうつっていません。(スミマセン)

丸環はペンチを2本使って平行(真横)に引っ張ると閉じるときにしっかりと閉じやすいですよ!

 

丸環とチェーンの大きさが違いますが、つけてみれば違和感はありません。

修理されたネックレス

 

この状態で私は今のところ切れることなく使えていますが、同じように修理して、もし切れてしまった場合は自己責任でお願いしますね。(しっかり閉じて、接着!)

 

スワロフスキーでチェーン修理を頼んだ場合

私のネックレスはスワロフスキーのものだったのでスワロフスキーのお店でおおよその修理代金をたずねました。

返事は「金額は修理に出してみないとわからない」とのこと。

ゆうゆう
だいたいで良いので教えてください!

とねばると(笑)「5,000円~」と教えてくださいました。

修理によっては、新しいものを買うのとほとんど変わらないかも知れません。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

実はこのネックレス、夫が昔、私の誕生日にプレゼントしてくれたものでした。

一緒に買いに行ったの値段を知っており、それほど高いものではありません。

最初はショッピングモールのジュエリーショップに修理を依頼したのですが「メッキなので無理です。新しいものに変えたらどうですか? アクセサリーだからチェーンも安いですよ」と言われ、ショックを受けました。

安いとか高いとか、そういう問題ではないのだよ、店員さん。想い出がつまっている大切なものなんだよ。

という訳で、自分の手で思わぬほど上手く修理できて満足しています。

私はそのまま使っていますが、ネットだと1,000円ほどから修理してくれるお店もあります。自分で修理するのが不安な方はネットを利用してくださいね。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事