NHKの見逃し配信

「見よう!」と思っていた番組を見忘れてたってこと、ないですか?

NHKでは7日間までさかのぼって番組がみられる「見逃し配信」があります。

コレをみつけたときは、本当に嬉しかった。(笑)

ずっと昔のものは見れないですが、それでも「昨日やってたの見忘れてた!」と気づいたときなどは本当に便利です。

いざとなればオンデマンド配信で番組は見れるけど有料。(NHK受信料はらってるのに)

でも、「見逃し配信」は無料なので、ササッと登録して気軽に見ることができます。

今日は、「見逃し配信」を見るための登録方法や利用の仕方をご紹介しますね。

一緒にお得に番組を楽しみましょう!

 

スポンサーリンク

NHKプラスに登録

「見逃し配信」を見るためには、まずNHKプラスに登録します。

 

NHKプラスってなに?

 

総合・Eテレの番組を放送中から放送後1週間、PCやスマホでいつでもどこでも、何度でも楽しめるサービスです。

 

NHKの受信料をはらっていればお金はいりません。登録するだけ。

 

やることは次の2つだけ。

 

登録方法
  1. NHKプラスに登録申込(ネット)
  2. NHKから届いたハガキで確認コードを入力

 

登録は、NHK放送受信を契約している人の名前や住所をネットから入力するだけです。

NHKプラスの登録画面

 

後日ハガキがNHKから届きますが、ネットで登録申込してすぐに「見逃し配信」を見ることができますよ。

 

ハガキが届いてから確認コードをNHKプラスのサイトに入力してくださいね。

NHKから届いた確認コード入力用のハガキ

 

とっても簡単でしょ?

コレだけで1週間の見逃し番組を見ることができちゃいます。

 

全ての番組は見れない

ただ残念なことに全ての番組を見れるわけではありません。

見れるのは、NHKの番組表で「見逃し配信マーク」がついている番組のみ。

NHKの番組表をぜひともチェックしてみてくださいね。

 

「見逃し配信」の視聴方法

◇ NHKの番組表から「放送局」や「日付」を指定し、見逃した番組を見つけます。

NHKの番組表

「見逃し配信」マークがついているものが、視聴できる番組です。

 

◇ 見たい番組の「見逃し配信」マークをクリックすると、ログイン案内がでてくるのでクリックします。

見逃し配信を見る方法

 

◇ IDとパスワードを入れる画面がでてくるので、ここに入力すると番組を見ることができます。

IDとパスワードを入力して視聴

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

「受信料はらってるんだから全部無料で見せてくれたらいいのに」と内心思いますが(笑)、なかなかそういう訳にはいかないよう。

1週間前までの番組を無料で見れるだけでもウッカリ者としては助かります。

私はいつもパソコンで見ていますが、スマホでも見れますよ。

ちょっとした見忘れ時に、利用してみてくださいね!

 

ゆうゆうでした。

おすすめの記事