pickup

野田琺瑯の持ち手つきストッカー

袋入りの味噌が手に入ったので、味噌入れを探すことにしました。

それまで市販の味噌をそのまま冷蔵庫に入れていたのですが、野田琺瑯の持ち手つきストッカーを1度使っただけでその使いやすさに驚愕。

「なんで今まで使わんかったん?」と過去の自分に言いたい・・・。(たまにコレ、あります)

今日は、愛用している野田琺瑯の持ち手付きストッカー 角型 (1.2L)をご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

持ち手付きストッカー角形の特徴

味噌の保存には琺瑯が最適

琺瑯は表面がガラス質なので酸や塩分に強い性質を持っています。

お味噌は発酵食品のため有機酸が含まれていますし、塩分も入っています。

というわけで、琺瑯はまさに味噌保存に最適な保存容器なんですよ!

 

持ち手が最高に使いやすい

冷蔵庫から味噌を持ち手を持って出す様子

実は、味噌入れを探し始めた当初は持ち手がないタイプを探していました。

冷蔵庫で保存するので、手の部分が邪魔になると思ったんです。

でも、この持ち手こそが最大の魅力だと言うことを、使い始めてすぐに気づきました。

容器に持ち手がないと、両手で取らないといけない。

でも、持ち手つきなら味噌をとるのはワンアクション。

本当にちょっとしたことですが、使いやすさとしては凄く大きなことだと実感しています。

冷蔵庫に入れていても全く持ち手部分が邪魔にならず、便利なだけでした。

 

手入れが簡単

手入れがしやすいのもいいところ。

味噌って使っていると、フチ部分に味噌がついちゃうことありませんか?

琺瑯なら味噌がついてもキッチンペーパーなどで一撫でするとツルッと取れてしまいます。

すごく衛生的。

洗うのも綺麗に洗え、においも残りません。

食洗もシール蓋以外は使えますが、ガラス面なので表面が欠けてしまうことがあります。

大切にしたいなら、手洗いをおすすめします。

ちなみにセリアの持ち手つき味噌ストッカーの材質はポリプロピレン。プラスチック。

相手は110円なのでコスパでは圧倒的に負けますが、そうそう買い替えるものですし一生ものなら琺瑯容器を買っても損はしないと思います。

 

蓋が選べる

蓋はシール蓋、密閉蓋、琺瑯蓋の3種類から選べます。

本当はプラスチック製ではない琺瑯蓋が欲しかったのですが、ポチッたときに琺瑯蓋があることを知らずに買ってしまいました。(涙)

「プラ蓋の溝部分に味噌がついたら洗うのが面倒だなぁ」思っていましたが、琺瑯容器に味噌がついたらすぐにふき取ってるので、今のところ蓋溝部分に味噌がつくことなく使っています。

プラ蓋の方が琺瑯蓋より密閉できるので、間違ってよかったのかも知れません。(笑)

 

市販の味噌入れは入らない

市販の味噌容器はそのまま琺瑯容器に入らない

唯一マイナス点があるとすれば、市販で販売されている味噌の容器がそのまま入らない、と言うこと。

でも入れ替えてこそ琺瑯のよさを実感できると思います。

私は今回1キロの味噌を1.2Lの容器に入れてみましたが、かなり余裕がありました。

1キロの味噌を容器に入れたところ

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

お味噌汁が大好きで、ほぼ毎日のように作っています。

この野田琺瑯の味噌入れを買ってから冷蔵庫からの出し入れが簡単になり、味噌汁づくりが前よりもずっと楽ちんになってます。

市販のプラスチック容器をそのまま使っていたころにはもう戻れません。

見た目も美しく、手に取るたびに嬉しくなる。

ほんの小さなことですが、それによって感動したり、気持ちが軽くなったり。

お味噌を入れる容器なら、野田琺瑯の持ち手つきストッカー、本気でがおすすめです。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事