pickup

リゾナーレ八ヶ岳の入り口

リゾナーレ八ヶ岳のスタンダードモダンに家族4人で2泊3日で宿泊しました。

本当はレジデンス棟や広めのお部屋に泊まりたかったのですがあいにくの満室。

でもスタンダードモダンはホテル棟になるので、プールや食事場所に近くて良かったと思っています。

今日はリゾナーレ八ヶ岳のスタンダードモダンのお部屋についてご紹介したいと思います!

 

レジデンス棟とホテル棟どちらが良い?

ホテル棟とレストランの位置

ピーマン通りにあるレジデンス棟は独立しており、家のように過ごせるのが魅力。

バルコニーがあったり部屋時代が広々しているので、とっても素敵だと思います。

でも、便利さからするとホテル棟の方が良いと思いました。

なぜならレジデンス棟は、プールやお風呂場まで少し距離があるんです。

正直、天気の悪い日や寒い時なんかはちょっと移動がメンドウだと思います。

一方ホテル棟からはプールへの移動やロビーへの行き来は同じ棟内ですみます。

イタリアンレストランの『OTTO SETTE』もホテル棟。朝食会場の『ワイワイグリル』や『BOOKS&CAFE』もホテル棟からの方が近いので、そのあたりはホテル棟の方が便利だと思いました。

また、レジデンス棟にはエレベーターがありません。部屋への入り口は3階になっているので上り下りが少しメンドウ。幼児や年配の方にはしんどいかも知れませんね。(荷物はホテルの方が持ち運びしてくれますよ!)

 

スポンサーリンク

ホテル棟スタンダードツインは一番リーズナブル

スタンダードツインはリゾナーレ八ヶ岳の中では一番リーズナブルなお部屋です。

それでも夏休みや冬休みなどのハイシーズンには大人一人3万5千円以上はします。

 

ゆうゆう
オリエンタルホテルのジュニアスイートに泊まれる値段やん

 

35㎡(23坪弱)の定員3名という、一番小さなお部屋なので入った瞬間

狭いっ!

と思いました。

でも滞在中はほとんど部屋にいなかったので、満室で泊まれないことを思えば部屋が空いているだけでも良かったと思っています。

 

部屋の中の様子

ホテル棟の廊下

部屋はものすごく普通です(笑)。

ベットが2つと、ソファベットが1つ。私たちはソファベットをベットに並べて4人で寝ました。以外と広々でしたよ!

ベットとソファベット

 

部屋の中はベットとテレビくらいしかありません。

テレビ

 

クロゼットもものすごくシンプル。(ハンガータイプのクロゼットもあります)

扉をあけたらすぐ右手にあり、ちょっとここに服やモノを入れる気分にはなりませんでした。狭いので仕方がないんでしょうね。

金庫は番号を決めたあと、ダイヤルを再度左右どちらかにまわすとロックがかかります。メッチャ分かりにくかった・・・。

クロゼット

 

洗面所の様子です。シャンプーなどはすべて「星のや」オリジナルのものでした。

洗面所の様子

 

アメニティーも、歯ブラシやコットンなど最低限のものしかありません。

アメニティー

 

洗面台の向かいにあるお風呂。

お風呂の様子

 

大人用のパジャマと子供用のパジャマ。

大人と子供用のパジャマ

 

リゾナーレ八ヶ岳では、子供用のパジャマは110~120cmの大サイズと90cmの小サイズの2種類なのですが、我が家の小4と小2の子供たちに大人用のパジャマ1着と小パジャマが1着用意されていました。

幼児用パジャマ

 

ゆうゆう
小2に90センチのパジャマは小さすぎるやろ・・・・

 

とものすごく突っ込みたくなりましたが、電話するとすぐに取り換えてもらえました。でも、上質なサービスのホテルを自負しているなら、もうちょっと頑張って欲しいなぁ。

あと、小さいながら加湿器がありました。息子も私も喉が弱いのでありがたかったです。

 

私たちはトマムにも泊まったことがあるのですが、そちらも結構なお値段の割には広い部屋というだけでアメニティーなどは普通でした。

リゾナーレはホテル自体を楽しむというより、体験を楽しむホテルなんでしょうね。

 

コインランドリーの場所

コインランドリーの場所

リゾナーレでは、コインランドリーがあります。

場所はベリーニタワー向かい。

私たちは軽井沢から続けて八ヶ岳まで来たので、コインランドリーは必須でした。

でも、ビックリ。

3台しかないっ!!

3台のコインランドリー

 

40円の洗剤を買って

洗剤の販売機

 

洗濯に300円入れ、洗い終えたら乾燥機へ。

乾燥機で服を乾燥

乾燥機は15分100円。45分から1時間まわしました。ちょうど食事前に出して、食後ピックと言った感じです。

でも、正直リゾートホテルをうたっているなら、もう少し台数多くしてほしい。

連泊する人はコインランドリー必須だと思う。旅行から帰って大量の洗濯物するなんて、想像するだけで気がなえる。

そして、もっと掃除をしていて欲しかった。

私は潔癖なところがあるので扉のフチにホコリがたまってたりすると、ちょっと恐怖。洗濯物がたまっていたので洗濯しないワケにもいかず・・・

エエ、自ら掃除して使いましたとも。

夫も同じことを思ったらしく、洗濯を頼んだら

 

俺も掃除してから使った

 

って言ってました。

マメなお掃除、お願いします!

 

スポンサーリンク

エコ清掃に協力すると金券がもらえます

エコ掃除の案内

連泊する場合、エコ清掃に協力するとリゾナーレ内で使える1,000円の金券がいただけます。

エコ清掃は、観光保護などを考慮して掃除やシーツの交換などをしないこと。タオルやアメニティーの交換、ゴミの回収などはしてもらえるので、協力しても良いかと思います。

シーツの交換はないとはわかっていましたが、整えられてさえいなかったので、外から帰ったきた時にはちょっとショックを受けました。

「これならエコ清掃は希望しなかったかも」と思いましたが、環境保護の面で協力できたので「まぁ、ヨシ!」です。

チェックインする時に説明があるので、協力する方は伝えてくださいね。

 

ゆうゆう的まとめ

スタンダードモダンはリゾナーレ八ヶ岳ではリーズナブルなお部屋です。

メゾネットや広いタイプの部屋からドンドン予約が入っていくので、もっと広いお部屋が希望の方は早めに予約をおすすめします!

部屋の中にはベッドしかなかったですが、プールに行ったり、アスレチックを楽しんだり、美味しい食事を食べたり、とリゾナーレ内を満喫できたので、とても素敵な思い出になりました。

私たちは大阪から遊びに行ったので少し遠かったですが、とても楽しかったので冬も行きたいと夫と話しています。

その時はもう少し広めの部屋が良いけど、もしスタンダードモダンの部屋しか空いてなくても、アクティビティーが楽しいのでやっぱり滞在したい!

子連れの、アクティビティー重視のファミリー層には本当におすすめです。

機会があれば、ぜひともリゾナーレ八ヶ岳に泊まってみてくださいね~

 

ゆうゆうでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事