pickup

スノーボールクッキー

コロナで長い長いお休み中。

毎日小学生新聞にのっている子供向けレシピを使い、スノーボールクッキーを子供たちだけで作ってもらいました。

途中手助けもしましたが、ほぼ子供たちだけで完成。

しかも、美味しくてビックリ!

サックサクでホロホロのスノーボールクッキーができました。

それでは今日は、子供たちが作ったスノーボールクッキー、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

スノーボールクッキーの材料

スノーボールクッキーの材料(約20個)
  1. 有塩バター:60g
  2. 砂糖:大さじ1
  3. アーモンドパウダー:25g
  4. 薄力粉:80g
  5. 粉砂糖:大さじ4~5
  6. 紫芋パウダー(あれば):適量

家にたまたま紫芋パウダーがあったので材料が6つになりましたが、白だけのクッキーなら5つの材料でできます。

粉砂糖に大さじ1ほどのパウダーを混ぜるだけで簡単に色付きができますよ。

紫芋パウダーのかわりに粉末の抹茶があれば抹茶味のスノーボールが、ココアがあればココア味のスノーボールになります。

 

スノーボールの作り方

【準備】

  1. バターを室温にだして柔らかくしておく。
  2. お皿などに粉砂糖をいれておく。

    【スノーボールクッキーの作り方】

    1)ボウルにバターをいれ、泡だて器でクリーム状になるまでよく混ぜる。

    娘がバターを混ぜているところ

    2)バターがクリーム状になったら砂糖を加え、よく混ぜ合わせる。

     

    3)砂糖がまざったらアーモンドパウダーを入れ、よく混ぜる。

     

    4)泡だて器からゴムベラに持ち替え、薄力粉を2回にわけて入れて切るように混ぜる。

    薄力粉を入れて混ぜているところ

     

    5)粉っぽさがなくなったら四角にまとめ、ラップで包んで冷蔵庫で1時間以上冷やす。(子供たち、全く四角くなってません:汗)

    ラップで包んで冷やす

     

    6)ラップを外し、カートなどで切り分けて手で丸める。

    カートで切り分ける

     

    7)オーブンシートをしいた天板に丸めた生地を並べ、170度に予熱したオーブンで18分ほど焼く。

    オーブンシートの上に丸めた生地を置いていく

     

    8)クッキーの粗熱がとれたら粉砂糖を入れた入れ物の中でクッキーを転がし、粉砂糖をまんべんなくつける。ポイント1

    クッキーに粉砂糖をまぶす子供たち

     

    9)クッキーが完全に冷めてから、もう一度粉砂糖をまぶす。

    仕上げの粉砂糖をまぶしてお皿に並べる子供たち

     

    できあがり!

     

     

    作り方のポイント

    ポイント1

    クッキーがまだ温かいうちに粉砂糖をまぶすと上手くつきます。そのあと完全に冷めてからもう一度まぶすと綺麗に仕上がりますよ。

    「生地に入れる砂糖が少ないんじゃない?」と心配しましたが、まぶすのが砂糖なので食べると丁度よい甘さになっていました。

    子供が作ったとは思えないくらい美味しかったですよ~。

     

    スポンサーリンク

    ゆうゆう的まとめ

    今回子供たちが作る様子を見ていましたが、大人が簡単に思うことでも難しいものですね。

    8歳の娘は作り方を読むのも適当なので、何度も「ちゃうちゃう!作り方ちゃんと読まなアカン!」と言ってしまいました(笑)。

    初めてスノーボールクッキーを家で作りましたが、めちゃ簡単にできてビックリです。

    しかも材料がたった5つってところが手軽でイイ!

    毎日小学生新聞が週1回のせている子供向けのレシピは東京ガスが提供しているものです。

    子供たちが簡単に楽しくできるレシピを紹介してくれているので、お料理やお菓子作りのキッカケにいいと思います。

    とっても簡単なので、機会があれば作ってみてくださいね~

     

    ゆうゆうでした

    スポンサーリンク
    おすすめの記事