pickup

ダイソーのサンシェード

ダイソーのサンシェードを使っています。

車内が暑いとハンドルを持つのも熱くて持てず、エアコンもなかなか効かない(涙)

でも、窓にくっつけるだけのサンシェードを利用すると、すぐにハンドルは持てるしエアコンの効きも良いんです。

メチャおすすめ。

今日は、ダイソーのサンシェードをご紹介したいと思います。

 

200円の価値があると思う理由

こんなただのアルミがいつもの100円商品の2倍。

 

ゆうゆう
えっ!

 

と一瞬買うときに驚きましたが、まぁ200円なので試しに買ってみるコトに。

使いだすと、

 

ゆうゆう
200円の価値あったな

 

と思える商品でした。

 

吸盤がついている

サンシェードとセットの吸盤

吸盤がついてるのとついてないのでは、ずいぶん違います。

ペタッと窓ガラスにくっつけるだけなので、ワンアクションで取り付けできる。

シェードに吸盤をつける

ワンアクション大好きなので、まずそこがナイスでした!

 

収納バンドがついている

サンシェードのゴム

コンパクトにした時に、ちゃんととめれるバンドがついています。

これを使うとキッチリしまえるので車内が整った感じに。

収納ゴムがついている

まぁ、私が使うときはたいていバンドも何もせずに後部座席にポイッとしてるんですけどね(笑)。

 

断熱効果あり

あまりアテにはしていませんが、商品紹介には「断熱効果あり」と書かれてました。

でも、裏側には「車内の暑さをふせぐ効果はありません」みたいな感じのコトが書いてあったので、

 

ゆうゆう
どっちやねん

 

と思わず突っ込みたいことに。

アルミのプチプチの内部の空気が断熱作用があるのだとか。

日光は前後、サイド、上からも来るので、車内はどうしても暑くなるのですが、それでも暑さは多少軽減されていると思います。

 

車種とサイズを確認できる

サイズの確認もできる

サンシェードには「適合車一例」が載っています。

これ以外にも適合した車がQRコードで読み取ることができるので、購入前にちゃんと確認できますよ!

確認してから買ったのですが、サイズをカットしたりする必要もなくてピッタリでした。

サンシェードをした車

 

スポンサーリンク

サンシェードで軽減できること

 

車内を熱から守る

さっき「暑さが軽減されている」と書きましたが、車内自体は温度は劇的には変わっていないと思います。

でも、ハンドル周辺のダッシュボードは劇的に違う!

サンシェードを使用する前は

 

ゆうゆう
熱くてハンドル持たれへん

 

と言うことが多々ありましたが、シェードをしてからはゼロ。全くそういったコトがありません。

実際、夏場だとサンシェードをつけてるか、つけてないかでダッシュボード付近は20度ほどの温度差になるんだそう。

ダッシュボード付近に車内の一部分がそれほど熱くないので、冷房の効きも早いです。(めちゃ実感してます)

すぐにハンドルを持てるだけでもシェードの効果は十分あると思います。

 

紫外線から車を守る

車のボディへの紫外線はワックスなどで防ぐとして、問題は中。

車のハンドルや、ダッシュボードはプラスチック素材なので、紫外線で劣化しやすい。

守るには、太陽光を防ぐのが一番。

サンシェードで全ての紫外線を防げるとは思いませんが、それでも付けてるのと付けてないのでは、随分違うと思います。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

停めた後にサンシェードを付けるのが面倒だったり、見た目があまり美しく思えなかったり、と今まで付けていませんでしたが、一度付けだすと「絶対につけよ」と思うと思いますよ!

紫外線への効果はなかなか分かりにくいですが、ハンドルをすぐに持てたり、エアコンの効きが早かったり、と直ぐにわかる効果があるので付けるモチベーションがあがります。

しかも私が買ったのはダイソーの200円のサンシェード。

2,000円以上する商品もありますが、ホームセンターでも200円くらいでありました。

車を持っている方はサンシェード、おすすめです!

 

ゆうゆうでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事