トイレのスリッパ

トイレのスリッパはずっと洗えるものを使っていました。

でも「スリッパだけを洗濯機で洗うのはもったいない」と、結局いつもブラシで手洗い。

子どもが汚して洗っても、すぐに乾かなかったりするのもネックでした。

じゃあ、拭き取るタイプのスリッパにしたらよくない?と思い、ビニール素材のスリッパにかえたら劇的に楽になりました。

今日は、いつも清潔にたもてるトイレのビニールスリッパをご紹介します。

 

スポンサーリンク

トイレのスリッパは布じゃないほうがいい

「洗えるスリッパ」って、なんだかとっても清潔な感じがしませんか?

少なくとも、私はそう思っていました。

だって汚れたら洗えるんですから。

でもね、実際には私はそれほど頻繁に洗わなかったんです。スリッパだけ洗濯機で洗ったり、手洗いする負担が大きくて、ついつい後回しに。

子どもが粗相をしたときなんて、スリッパがびしょびしょになって大パニックに陥っていました。(笑)

そんなときに、ふと思ったんです。

「学校のトイレのスリッパって、布じゃないよね」って。

 

スポンサーリンク

ビニール製トイレスリッパが扱いやすい

大勢の子どもが使うトイレのスリッパは、洗える布製のスリッパではありません。

アレはゴム製。
汚れても、簡単にバシャバシャと水をかけて洗えるタイプです。

 

ゆうゆう
ゴムやったらめっちゃ楽!

と思ったのですが、さすがにゴム製のスリッパになると見た目が「なんだかなぁ」となってしまう。

という訳で、汚れが拭けるビニール製のスリッパにかえることにしました。

私が買ったのはレザー調の抗菌スリッパ

トイレのビニール製スリッパ

ブラックやアイボリーなどの色のバリエーションもありましたが1階のトイレはピンクカラーにしているのでピンクをチョイス。

 

ビニール製ですが、見た目がレザーっぽいのでそれほど安っぽくありません。

ビニール製トイレスリッパ

内側がグレーじゃないほうがよかったのですが、汚れが目立たないのでまぁ、アリかな、と。

 

中はメッシュ素材になっているので蒸れなくなっています。

中はメッシュで通気性がよくなっている

蒸れるほど長時間トイレにこもることはないんですけどね。

 

手入れはね、もう最高に楽になりました。

気になったときにトイレ掃除用のシートでチャチャと拭くだけ。

スリッパをふき取って掃除

 

子どもが粗相をしたときは、自己責任で水をザッとかけて洗い流しています。

水で濡らしても乾いたウエスなどで拭けばすぐに乾くので、以前のように「ギャー!」となることが激減しました。(笑)

表面がツルツルしているのでホコリもつきにくいし、汗もしみこまないので、簡単に手入れできてスリッパが清潔になりました。

 

スポンサーリンク

ゆうゆう的まとめ

トレイの床掃除は毎日するようにしていますが、スリッパは気になりつつも、たま~にしか洗っていませんでした。

でも、ビニール製のトイレスリッパにかえてからはとっても楽になりました。

気になったときにサッと拭けるってイイ。

掃除も、洗濯も、気持ちも楽になって言うことなしです。

それにしても、よく考えてみたらどうして布のスリッパなんでしょうね?(笑)

この記事が、トイレのスリッパ選びの参考になれば嬉しいです。

 

ゆうゆうでした。

スポンサーリンク
関連キーワード